1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

<代表インタビュー:Vol.1> IT業界における幅広いスキルを習得できる、株式会社インクルならではの「圧倒的成長環境」で、ワンランク上の自分を目指しませんか?

インタビュー社員プロフィール

須貝 俊介(代表取締役)


Qこれまでの経歴を教えてください。

小学生の頃から強い起業願望があった私は、社会人となり飲食業界で起業の為の基礎を身に付け、社長として必要な営業スキルを培うために営業職なども経験してきました。


そして27歳の頃、自身1店舗目となる石焼地鶏をメインとした和食ダイニングを高田馬場に開業した後、将来的な店舗のフランチャイズ展開と、飲食コンサルタントとしてのブランディングの為に、2店舗目に日本橋へ立ち飲み居酒屋、3店舗目に水道橋へ味噌ラーメン屋とジャンルを広げて店舗展開致しました。


それから31歳のときに、株式会社インクルを設立し、当初は飲食3店舗を運営する会社と並行して飲食コンサルタント会社と弊社の3社を経営していましたが、36歳頃から自身のリソースを弊社に注力する様になり、現在10期目 になります。


Q起業の経緯や起業時に抱えていた想いはどのようなものでしたか?

弊社起業直前の私は、飲食業における利益獲得の限界を感じていました。

というのも、飲食業は業界全体として非常に利益率が悪く、利益を最大化する為には従業員に長時間労働を強いてお店を出来るだけ長く開ける必要があり、そこに大きな課題感と違和感を抱いていました。

加えて、食中毒等のリスク・飲食業に対する社会的な悪いイメージ等を鑑み、他業界で勝負する事を決断しました。


そこで私はIT業界を選びました。

起業当初は、HP・LPの製作案件を営業で獲得するなどで資本形成を行いながら、様々なところでWEBに必要なスキルの習得や、専門職大学院に通いMBAを取得して経営スキルを身に付けるなど、基礎を固めながらゆっくりではありますが確実に会社を成長させてきました。


Q企業理念に込めた想いを教えてください。

「希望をカタチに。」という理念は、以下3点の目標から成り立っています。

①「あったらいいな」をカタチにする

②顧客が望む「コト」は何かを考え、本質的な価値を提供する

③社会的な「希望」を実現して幸せを増やす


株式会社インクルは、この3点を達成する事が出来ると考え「希望をカタチに。」という理念を掲げています。

また、顧客に対し本質的価値の提供を試みる上では、社員の希望を実現する事が非常に重要であると考えています。

飲食店経営時に課題認識をしていた「社員の希望するキャリアが実現出来ない」ことを、何としても解決したいという思いも理念に含まれています。


Q企業のミッションとして、どういったことを達成していきたいと思っていますか?

「100年以上求められ繁栄し続ける企業へ」という目標の達成です。

そもそも求められなければ会社として価値がないという思想に基づいています。

そこで、顧客から求められ続けるためには私たち自身の継続的な成長が不可欠です。その為にも、先述の「社員が希望するキャリア形成」を大切に考えています。


Q現在の事業内容や事業拡大の背景について教えてください。

大別して3つの事業を運営しており、それぞれで事業拡大をしていきたいと考えています。


①クリエイティブ・エージェンシー事業

徹底した分析の基、顧客が目標を達成する為に必要なプランを提案し、制作から運用までを総合的に請け負う事業です。

会社として取り組む強みを活かし、単なる制作物の納品を超えた価値提供を大切にしています。


②メディア事業

各種プラットフォームやインターネットポータルサイトの制作・運営が中心となります。

①で培ったデザイン力やSEO・コンテンツ制作などのノウハウが直結して事業の強みとなっています。

また、ビジネスモデルにおける創造力を強みとして、マネタイズや他サービスとの差別化をしっかりと考えた上でサービス展開をしています。

今後は新規で不動産プラットフォーム事業と特化型求人サイト事業を展開し、注力していきます。


③人材事業

現在は退職代行サービス事業をおこなっていますが、今後はエンジニア・プログラマー・デザイナーなどのITプロフェッショナル人材事業や、特化型求人事業などに拡大していきます。

ただ収益を上げるだけでなく、クリエイティブ・エージェンシー事業とメディア事業に必要な人材を、優先的に登用できるというメリットもあります。

また、人材事業とメディア事業からのクリエイティブ制作や広告運用を請け負うのはクリエイティブ・エージェンシー事業であり、それぞれのメディアを運営するのはメディア事業の管轄になります。


こうして3つの事業が三位一体となり、独創的なシナジーを生み出しているのが現在の株式会社インクルです。

この3つの事業を上手く回していければ、将来的には上場する事も射程圏内に入ってくると考えています。


また確固たる理念があるからこそ、スピード感や効率化は非常に重要であると考えています。

プラットフォーム事業では、SEO・コンテンツマーケティングのノウハウを生かしてPDCAを高速で回すことを心がけ、1on1のミーティングを毎週実施。

常に現状の課題を把握・改善を繰り返しています。


また現在、営業から制作に至るまで社内の風通しが非常に良いです。その様な努力が実を結び、特に退職代行サービスは実績を挙げています。

更に、クリエイティブ・エージェンシー事業の大口顧客のお陰もあり、10期連続無借金経営を実現しています。


Qどうやって理念を体現されているのですか?

顧客の本質的なニーズを捉え、必要な価値提供を行う事で理念を体現しています。

この思考は、すべてのサービスの軸となっています。

例えばメディア事業なら、それまで企業への成果発生地点が「資料請求1件あたりで課金」だったものを、営業社員との1on1によって企業のニーズを捉え「契約時点での課金」つまり完全成功報酬型のビジネスモデルに変えたことで利用企業が急増した、などの例があります。これは、結果としてユーザー側であるサイト訪問者の「より登録企業の多いメディアを利用したい」というニーズにも応える形にもなり、双方の満足で急成長を遂げました。

このように、企業・ユーザーを問わず、「顧客が本質的に求めてる価値」を洗い出し、その本質的な価値提供を第一と考えるマーケティング力の高さが弊社の強みであり、またそれらをサービスとして具現化することのできる創造性・実現力によって「希望をカタチに。」という理念を体現できるのだと考えています。

そして、それが弊社なら継続的に実現し続けることができると自負しています。


Q一緒に働きたいと思う人材像はありますか?

成長環境を楽しめる方。仕事に対して誠実な方です。

仕事のクオリティは個人差があると思います。

経営側としては信頼出来る方にお任せし、自由にご活躍頂くことを期待しています。そのためにも仕事に対して誠実で、管理しなくても手を抜かないプロ意識のある方が望ましいのです。

株式会社インクルは、次から次へと新事業を展開する為、向上心を持って自発的に学習又は経験したい方には最適であると思います。


Q株式会社インクルで働くメリットを挙げるとするとどのようなものでしょうか?

圧倒的な成長環境がある事。

弊社ではプロとしてイチから全てのサービスを自分で作る実感、つまり、例えばエンジニアなら「このサービスは自分が創った」と胸を張って周りに言うことが出来るような実感を得られます。これは、大勢によって1つのサービスをつくる他社では中々得られない経験だと思います。

さらに、メディア運営(編集者)の職種であればプラットフォームの運営をお任せする為、コンテンツ設計やSEOの観点等運用に関する幅広い知識を習得しながら、高い技術を学ぶことが出来ます。

それらの経験を活かして、新しいサービスの提案も出来る様になるでしょうし、その後は最初の企画からローンチ、運営まで本当に自分で考え作り上げたサービスを世の中に出すこともできるようになるでしょう。


Q最後に、求職者にメッセージをお願いします。

これから会社を急成長させていこうと思っています。その為に、会社の成長に向けた同志を探している状態です。

そして、新しい事への挑戦を楽しめる方にとって、これ以上ない最適な環境を提供する事が出来る自信があります!

これまでの経験を活かして活躍したい方や、自分の可能性を試したい方、チャレンジして様々なスキルを身につけたい方、ステップアップしていきたい方など、真剣に楽しみたい方とお会いできるのを私自身非常に楽しみにしています。

本記事をご覧のあなたからのご連絡をお待ちしています。

株式会社インクルでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう