1
/
5

IT×CX事業部

今回はRoadのCX事業部についての記事を掲載させていただきます!
IT事業本部の中には学習期間の間、CX事業部で活動しているCrewも多数います!
とはいえ、なぜIT事業部以外の説明なのと思われた方もいるかと思います。そちらの理由についても記載させていただいておりますので、是非ご覧ください!!

ーCX事業部とは

RoadにはCX事業部という部署があります!CXとはカスタマー・エクスペリエンスの略で顧客体験を意味しています!もう少し具体的に言うと”お客様が製品またはサービスを購入したときに購入したもの以外から価値を得る体験”のことです!!様々な業務がある中で、その行動でサービスや商品以外の価値をお客様へ与えます。お客様に商品やサービスを購入していただいた後もRoadはお客様をサポートしていきます。例えば、商品の質問や商品トラブルへの対応などがあり、それをおこなっているのがCX事業部です。お客様へ寄り添い、さらなる価値を提供しています!



ーIT事業部×CX事業部

冒頭にも記載させていただいたように、なぜCX事業部の説明?と思われたかと思います!
それは、私達が目指しているエンジニア像が関係しています。
RoadではIT技術だけではない”真のフルスタックエンジニア”の人材育成をしています。
特に私達はコミュニケーション力や人間力といった点の重要性を感じており、IT技術の成長は欠かすことができませんが、もう一つの軸としてコミュニケーション力・人間力を掲げております。だからこそ、CX事業部での活動が必要なんです!CX事業部ではお客様とコミュニケーションを取ることを必要とされるので、その力を成長させることができるのです。この2軸を同時に成長させることで、今後どんな社会になったとしても戦えるエンジニアになれると考えています。
私達が”真のフルスタックエンジニア”というテーマを掲げている理由でもあります!



ーCX事業部でなぜ今、学ぶのか

CX事業部では、お客様とのコミュニケーション、事業部内でのコミュニケーション、パートナー企業様とのコミュニケーションが必要とされます。上記に記載させていただいた様に”真のフルスタックエンジニア”にはコミュニケーション力が必要不可欠だと考えています。案件に入った後でも学ぶことはできるのではないかと思われるかもしれませんが、現場がコミュニケーションを鍛えることができる十分な環境ではないと思っています。だからこそ、この学習段階のフェーズにIT以外のスキルを身に着けなければいけないのです!!


ー最後に

社会的背景を考えればエンジニアにもIT×◯◯が必要であると身近に感じています。IT技術でもプロフェッショナル、コミュニケーションでもプロフェッショナル。そんな人材はどんな時代になったとしても価値ある人材として戦っていけるでしょう。
そんなエンジニア像を持って人材育成をしているのがRoadです。みなさんも”真のフルスタックエンジニア”目指しませんか?
最後まで記事を見ていただきありがとうございました!
株式会社Roadでは一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
4 いいね!
4 いいね!
今週のランキング
株式会社Roadからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?