1
/
5

Roadのエンジニアってどんな人がいるの?

こんにちはRoadの金子です。
これからエンジニアになろうと考えている人で
「エンジニアって気難しいそうな人が多いイメージだけど、良い人間関係を作りながら、一緒に成長していけるのかな?」と、不安に思っていませんか?

私も未経験でエンジニアを始める際、不安に思ってしまう事が多々ありました。
しかし、そんなイメージはRoadに入社して一瞬で覆される事になりました(笑)
そんなわけで今回の記事はRoadにはどんなエンジニアがいるのか?について書かせて頂きました!
ぜひお読みください!

ーRaodのエンジニア

まず、Roadには様々な経験をしてきたエンジニアが沢山在籍しています。
例えば、インフラに特化したエンジニアやフロントに特化したエンジニア、
サーバーサイドに特化したエンジニアなどありと
あらゆる分野に精通したエンジニアがRoadには沢山在籍しています。

その為、自分が学びたい分野に関してアドバイスがもらえないということがなく、
学びたい分野に関して的確なアドバイスをもらうことができます。

また、中には上流工程を経験しているエンジニアもおり、
もし自分が今後PM(プロジェクトマネージャー)になっていきたいと考えているなら、
成長する環境として最適な会社だと思えます。

私も今後PMになっていきたいと思っているので、
現在は先輩エンジニアにしつこいくらい質問をしてPMになるための
ノウハウをどんどん吸収していっています(笑)

先輩エンジニアの経歴も下記で紹介しておきます!!

Aさん
スキル:Java、.NET、C/C++、PHP、Oracle など
経験 :自動車、医療、金融関係の開発経験(約35年)
    上流〜製造〜テスト〜保守運用の全工程の経験(PM、PMO)

Bさん
スキル:AWS、Linux、Ruby、Perl、JavaScript など
経験 :ポータルサイト大手Yahooで大規模Webサイト構築経験(PL)
    某大手流通ネットスーパーのサーバーAWSへの移行経験(PL)



ー若手社員とエンジニアの関係性

では実際に、Roadに在籍しているエンジニアと若手社員の関係性はどうなのか?
気になるかと思いますのでお伝えいたします。

まず、Roadに在籍しているエンジニアたちは
「若手社員をどうやったら一流のエンジニアにまで育てることができるか」を
日々考えながら、新人育成に本気で向き合っています。
その為、若手社員が質問をしてきた時も他人事ではなく
自分の問題かのように一生懸命考え、真摯に対応してもらえます。

私の例でいうと、あるエラー問題で質問をした際に
業務時間外だったのですが2時間ほど時間をとって頂き
問題が解決した際には一緒に喜んでくれたのを覚えています。
こういった関係性を一言で表すとしたら「師弟関係」という言葉がぴったりなのかと思います。(笑)



ーSES企業でなぜ若手社員が上流工程スキルを急成長できるのか

ここまでで若手社員とエンジニアの人達たちの関係性が良いことは伝わっているかと思います。

そんな中、Roadでは若手社員の上流工程スキル急成長を実現しています。
では、どうやって急成長を実現可能にしているのか?

まず前提として本来のSES企業では案件に参入させることだけが目的になり、
若手社員のスキルアップという部分が疎かになってしまいがちです。
そういった企業が多い中、Roadでは若手社員の成長に目を向け、
若手社員が上流工程スキルを身につけられるような自社開発を行っています!

自社開発では、積極的に若手社員に上流工程を任せ、
PM・PLといった上流工程スキルの向上を実現しています。
自社開発に関してわからないことがあれば先輩エンジニア達がしっかりサポートに入ってくる為、
若手社員は安心してスキル成長に向き合うことができています。


ー最後に

Roadでは、先輩エンジニアの人たちと一緒に
急成長していきたい人にとって最高な環境が用意されています。

私もこの環境を最大限に活かし将来PMになっていこうと日々精進しているところです!
自分1人だけの力でエンジニアスキルを磨いていくのか?
先輩エンジニアの人たちと一緒にエンジニアスキルを磨いていくのか?
私は、後者の方が成長スピードは格段に上がると思います。
この記事で伝えたように1人1人の事を真剣に考えてくれる仲間が多くいるRoadという環境で

あなたも一緒に働いてみませんか?

最後まで記事を見ていただきありがとうございました!

株式会社Roadでは一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング
株式会社Roadからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?