1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社員紹介】仕事と育児を両立しながら自己研鑽を深めるママワーカー・田山 仁美

こんにちは!イークラウドの升井です。

よくテレビやニュースメディアで、働き方改革!働き方改革!と謳われていますが、現場ベースでは、課題がまだまだ残っています。急な休みや保育園からの呼び出しに肩身の狭い思いをしている、時短勤務ゆえにやりがいのある仕事を任されにくい、小学校入学してバリバリ働けるねと言われたけれど、思ったより行事や役員の集まりが多くて時間の融通が利かなくなった等、仕事と育児の両立のハードルは高いです。転職しようと思っても、安心して仕事と育児の両立ができる環境の会社を探すことは容易ではなく、転職に不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、ママワーカーとして会社に貢献してくれている田山に、イークラウドに入社した経緯、イークラウドの職場環境や、仕事への想いをインタビューしました!

田山 仁美(たやま ひとみ)
2007年三菱UFJ証券株式会社(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)に入社。約3年間個人向け証券営業を経験した後、本社部門に異動し株式アナリストアシスタント、役員秘書、リスク管理計測業務、コンプライアンス部門での売買審査業務等ミドルバック業務を幅広く経験。2019年7月、管理部コーポレートスタッフとしてイークラウド株式会社に入社。

イークラウドへ入社する前は?

新卒で三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)に入社し、最初の3年間は、支店で個人向けの証券営業をしていました。厳しい職場ではありましたが、社会人としての基礎はこのときに身に付いたと思います。

その後本社に異動して、株式アナリストのアシスタント・役員秘書・リスク統括部でのリスク計測・コンプライアンス部での売買審査業務等、主にミドルバックと言われる部門で業務経験を積んできました。

この間には、産休・育休を利用して2回の出産を経験しました。

転職のきっかけは?

大きく2つの理由があります。
まず、仕事と育児の両立が難しくなったからです。出産後は時短勤務として働いていましたが、金融業界は朝が早く、通勤も1時間以上かかり、業務内容的に在宅勤務もできない状況でした。長男の進学を控えていたのですが、祖父母も遠方にいるため朝子どもを一人家に残すことになり、この先も今の環境で仕事を続けることは難しいと感じました。

もう1つの理由は、自分の強みがほしいと考えていたためです。産休を利用するたびに異動があり、育児を抱える身では責任ある仕事をさせていただくことも難しく、キャリアを積みにくい状況でした。仕事と育児の両立に悩み家庭に入ることも考えたのですが、仕事自体好きですし、将来のことを考えると共働きを継続した方が良いと考えて、両立ができ、やりがいのある仕事ができる環境を探すことに決めました。このときは、もしそのような環境が見つからなければ諦めようという気持ちでした。

イークラウドへの入社のきっかけは?

きっかけは、時短ママ専門のエージェントから紹介してもらったことです。これまでの自分とは縁のないIT業界ではあるものの、やっていることは今後伸びそうなフィンテック領域の事業なので、自分の金融経験を活かせる上に新しい知識を身に付けることができると感じました。
ただ、正直最初は株式投資型クラウドファンディングについてはよくわからなかったです。(笑)

面談を受けてみると、会社が目指す世界観や将来像を熱く話してくれる一方で、こちらのことも丁寧に聞いてくれて、家庭を大事にしながら限られた時間でも成果を上げれば良いという話に勇気づけられました。
前職でネックになっていた、育児のため時間の融通が利かないことや、休暇取得を余儀なくされることが多くなることに対しても不安を持っていましたが「全然問題ないですよ!働けるときに働いてくれればOKです!」とさわやかに言ってもらって、条件だけでなく「人」を見てくれる会社なんだなと安心感を感じました。実際、両立に理解のあるメンバーばかりでありがたく思っています。
ソファもバーもあるコワーキングオフィスだったり、皆さんジーパンを履いていたりと、今までの業務環境とはかなり異なりますが、メンバー全員が前向きで業務のスピード感があり面白そうですし、この条件でも良いならチャレンジしてみたいと思い、入社を決めました。


業務内容について

イークラウドは2020年6月27日にサービスをリリースしたばかりですが、リリース前後はシステムテストや各種業務フローの整理、さらに備品・設備整理等の総務業務、自社サイトに掲載する記事のライティングやサイト運営など、幅広く担当しています。サービスリリース後は、今までの金融経験を活かして顧客管理や入出金管理という業務も加わりました。
自分がやりたいことにチャレンジさせてもらえる環境で、色々な可能性があり毎日貴重な経験を積むことができています。

この経験から自分の考え方が変わったと感じています。前職は大企業なので決まったフローがあり、正解を探す働き方をしていました。今は、失敗しても最終的に良いモノができれば良し、怖がらずにチャレンジできます。こういう試行錯誤が許される環境から良いモノが生まれると気付きました。

▲XTechグループでは、子育てと仕事を両立して活躍する社員も多い

今後やりたいこと

自分なりの強みを作ることで、早くチームの戦力になりたいと考えています。金融、IT双方のプロフェッショナルなメンバーが揃っている環境なので、どんどんチャレンジを積み重ねて自分を磨いていきたいと思います。

それから、仕事か家庭かの二者択一ではなく、両立できる生き方をしたいと思っています。
知人の話を聞くと、仕事と育児の両立は難しいと言っている人は多いです。実家が近くにあったり、子供が丈夫で通院も少ないといった方ばかりではありませんよね。私もそうですが、皆さんそれぞれに課題を抱えながらなんとかやりくりをしたり、諦めてしまう人もいます。
家庭の経験を仕事に活かす、またその逆も可能だと思うので、両方の良いところを融合させることで活躍できる職場が世の中に増えていってほしいです。
そういった職場はきっと、ママワーカーに限らず誰にとっても働きやすい職場になると思います。

最後に、どういう人と働きたい?

前向きな人、自分から積極的に行動・発信できる人です。
前向きな人と働くことで、自分もより仕事に対してのモチベーションが上がりますし、お互いに高め合っていけると思います。

会社としてこれから発展に向けていくイークラウド。自分から積極的に行動・発信できる人なら、今の成長スピードにマッチすると思います。

スピード感のあるチャレンジングな環境で仕事を楽しめる、そんな人と働きたいです!

イークラウドでは一緒に働く仲間を募集しています!!!

「投資家に魅力的な投資の機会を創造し、挑戦者に新たな資金調達手段を提供する」ことがイークラウドのミッションです。

このミッションを果たすためには、より多くの仲間が必要です。
ミッションに共感してくれる方、興味がある方は、ぜひ気軽に話を聞きに来て下さい!

イークラウド株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング