1
/
5

スクラッチ開発を経験したからこそわかるローコード開発の良さ

こんにちは。パイプドビッツ採用担当の鈴木です。

今回は、スパイラル事業本部 スパイラル事業推進部 木下 宗二朗さんのインタビューです。
木下さんは、前職のWeb制作会社でプログラマー兼プロジェクトマネージャー(以下、PM)を経験し、2020年1月にパイプドビッツに入社しました。転職を決めた理由や、スクラッチ開発経験者が考える、開発プラットフォーム「スパイラル®️」の魅力や、今後の挑戦などについて伺いました。

1:「上流工程にもっと関わりたい」が転職の動機

ー自己紹介をお願いします。

木下 宗二朗です。
前職は福岡のWeb制作会社でプログラマーとPMを兼務していました。
デザインは担当していませんでしたが、バリバリ開発をしつつ、工程管理も行うといった感じです。ライブラリを使用することもありましたが、フルスクラッチで開発をすることが多く、バックエンドのサーバ構築も行っていました。

パイプドビッツとはパートナー契約を締結しており、私が担当窓口になっていました。

ー学生時代からプログラムを書いていたのでしょうか?

元々文系でしたが、前職で1から勉強してプログラムを書きまくっていました。
2年目位に案件を任されるようになりましたが、他の社員に頼れない状況だったため、スケジュールが甘く毎日終電で帰っていたこともありました。
ただ、仕事の手応えは感じ始めていましたね。

ーパイプドビッツに入社されたキッカケは?

前職では開発のエキスパートの方がいたのですが、「自分がこの人を超えるのは無理かな」と思っていたことと、もっと上流工程に関わりたいと考えていました。
パイプドビッツ社が、PM・プリセールス人材が不足しているという事を知っていたので、PMという職種で、しかもスパイラル®️も知っているし、どのような業務かイメージできていたので、チャレンジできると思い入社を決めました。

2:複数のミッションを経験することで感じたスパイラル®️の魅力

ー当社に入社してからはどういったお仕事をされたのでしょうか?

2020年1月の入社時は、パートナー企業の販売支援活動やソリューション強化支援を行う部門に配属されました。同年3月に主にプリセールスを担当する部門の部長を拝命しました。新設部門でメンバーは私を含め4人でした。
正直入社したばかりで社内のこともそこまでわからない中で戸惑いはありました。
ただ、部門や部下の目標を決めることも、部門長として指揮を取ることも何もかも初めてでしたが、当時の担当執行役員の方が私を信頼してくれて、開発領域は全面的に任せていただきました。

私の部門は、プリセールスとして営業担当を支援する役割でしたが、実際に手も動かして開発していました。
やり取りをするお客様もPMの方が多く、直接話をしながら案件を進めることもありました。もちろん営業担当と一緒に対応することもありましたが、営業担当の方によって得意・不得意があるので、そこを上手くフォローできるようしていました。ある程度自由にやらせていただいていたかなと思います。

プリセールス、PM、アプリケーション開発まで幅広くやっていくことで感じたのは、スパイラル®️は「設計を自由に組み立てられて良いな」でした。
具体的には、基本設計のフェーズの話しになりますが、スパイラル®️は複数のコンポーネントが存在し、なおかつJavaScriptやPHPなどのプログラムを記載できるので、実装方法が1つではありません。
その中でいかに早く完成できるか、どの機能を組み合わせると効率良く実装できるか、使いやすくできるかなど、多くの手段から最適な方法を選択します。
例えば、トリガやトランザクションDBのアクションを使うことで、プログラムを減らして早く作る、逆にプログラムを書いて汎用的に活用いただけるように作成するパターンなど、お客様のご要望や状況に応じて、最適な設計を考え提案することができる点に魅力を感じましたし、実際に開発をする中でも良いものだなと実感しました。



ー幅広く業務に携わられてきた反面、「色々ありすぎて大変」とはならなったのでしょうか?

私の性格上、とりあえずインプットをして、その上でいる・いらないの判断をしたいと思っています。
幅広く色々できたことで自身の成長にも繋がったと思いますし、PM、プリセールスは交渉力と調整力が大事だと思っています。
お客様と、お客様が抱える課題について議論を重ねましたし、スパイラル®️の開発担当者に相談して解決することもありましたし、様々な関係者と対応することで調整力が付きました。
調整力もスケジュール管理だけではなく、本質的なところも含めてです。

3:スパイラル®️の情報を広く社外に広めるべきという想い

ー守備範囲の広いお仕事をされてきたわけですが、今は違う部門にいらっしゃいますよね?

はい。今年の2021年3月から新設された部門で部長補佐をしています。
部のミッションは、
・新たな販売チャネル、販売手法の確立
・スパイラルを利用してシステム開発を行うユーザー(スパイラー)の増加および育成
・売れる理由の発見と市場へ発信するメッセージへの転換、開発への提言
・プロダクトのブランドイメージや認知拡大、市場への浸透の実現
・スパイラルエコシステムに関するパートナープログラムの管理、改善
です。
私はその中でもエコシステムを形成するための環境整備を担当しています。
詳しくはまだお話できませんが、パートナー様向けのウェブサイトを準備しており、スパイラル®️の使い方、ノウハウ、運用に関する情報や、パートナー様の情報を公開することで、
「当社」「パートナー」「エンドユーザー」が相互の関係性向上、DX推進/ビジネス発展を促すような環境作りたいと考えています。

ーご自身で部署異動を希望したのでしょうか?

社内ヘッドハンティングです(笑)
以前に所属していた部門でも感じていたのですが、スパイラル®️の活用方法、サポート履歴、裏技などの情報を公開していくべきだと思っていました。オープンソースもそういった思考だと思います。
また、ノウハウや設計における考え方をパートナー様に共有することができたらと思っていました。

ということで、ものすごく良いタイミングで声をかけていただきました。

4:PMとして幅広い経験値を積むことができるスパイラル®️

ーご自身が常に思っていたことを形にできるような部門への配置転換があり、今まさに取り組まれている最中ですが、今後はどういったことをされるのでしょうか?

スパイラル®️は便利なものだと思っています。
スパイラル®️そのものが開発プラットフォームであり、開発知識がなくてもある程度のアプリケーションを作ることができます。
もちろんプログラミング知識があれば高度な開発をすることもできます。
それを社外に広めていきたいと思っています。社内に情報を集約することも大事ですが、その資産を有効活用していきたいなと考えています。

ースパイラル®️についてもう少し詳しくお伺いできますか?

スパイラル®️はローコード開発ができます。
フルスクラッチで開発を行ってきた私としては、プラットフォームがあること自体、仕事のやりやすさに繋がっています。
サーバ側の知識がなくてもアプリケーションの構築ができますし、非機能要件もある程度整っています。そのため、それ以外の部分で、私であれば上流工程に注力することができたと思っています。
フルスクラッチであれば環境を用意するところからスタートしなければなりませんが、それがなくても成り立つというところが仕事としては良いのかなと思っています。

ーローコード開発と言われる所以ですね。全く知識が無くても開発できるものなのでしょうか?

もちろん全体像を理解するための仕組みの理解は必要だと思います。
Webサイトの構成やサーバの組み立ては無くとも、そもそもどういった仕組みなのか、などです。
それらの知識を押さえつつ全体像を理解しながらスパイラル®️を使って開発するという意味です。

良い意味でPM、プリセールスの型が決まっていないので、自分が貪欲にやろうとすればスパイラル®️を用いた開発にも携われます。
そのため、0か1かではないんですよね。

一般的なPMであれば、案件規模が大きくなればなるほどスケジュール管理のみを扱うなど案件一部にしか携われない場合もあります。また、開発に携わる場合は、開発の責任を持たなければなりませんが、WBSは書くけど設計書は書かないといったこともあります。
それがスパイラル®️を使った開発の場合は、PMが設計書を書くこともありますし、プリセールスが開発の一部を担うこともあります。そういった意味で各開発フェーズに携わることで経験値を積めると思います。

5:自分の想いをカタチに、新たな挑戦へ。

ー部門立ち上げ、新規事業のメンバー参画など、常に新しい環境に身を置かれていますが、今後どういったことに挑戦されるのでしょうか?

今まではPMとしてお客様から言われたことを形にしてきましたが、今は私の想い、考えを形にしている最中で、すごく面白さを感じています。
私がこれまでやってきたことをサイトを通じてお客様、パートナー様に伝えていけるようにすることが挑戦です。


株式会社パイプドビッツでは一緒に働く仲間を募集しています
25 いいね!
25 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう