1
/
5

外資系コンサルティング企業からスタートアップのベター・プレイスに飛び込んだ理由とは?

ベター・プレイスの社員インタビュー企画!
今回はマーケティング部マネージャーの佐藤さんにインタビューしてきました!

ー簡単に自己紹介お願いします!

マーケティング部マネージャーの佐藤です。これまでは、保険代理店でバックオフィスや法人営業、リーダー職、また外資系のコンサルティング会社で保険会社に対するコンサルティングをおこなったりしていました。フリーランスで経営者直下のプロジェクトに携わっていた経験もあります。

これまでのキャリアで、マーケティング部での就業経験はなく、ベター・プレイスに入社する際もセールスサイドでの採用でしたが、事業戦略においてマーケティング部が新設されることとなり、私がお預かりさせていただくことになりました。

ー現在は、どのようなお仕事をされていますか?

現在は、私たちのお客様になってくださる方と出会うための施策を企画から実行まで担当しています。具体的には他社との協業施策、広告施策、Web施策、代理店チャネル開拓・活性化、セミナー施策、コンテンツ企画、イベント企画、展示会出展などです。ただし、これらの業務は将来的にもっと様々な形態をとって変化していく予定です。

ーマーケティングと言うとWeb広告のイメージが強いですが、リード獲得につながる戦略であれば、どんな手法でも採用するということですね。

はい、Web広告などのデジタルマーケティングはあらゆるマーケティング手法の1つです。

過去には、

・代理店キャンペーン
・他社と協業した送客スキーム構築
・業界インフルエンサーを起用したウェビナー
・業界イベントへの広告出展
・人事系のオンラインカンファレンスへの登壇
・業界向けの展示会への出展

などを企画して実行してきました。 自らネットワーキングをして業務提携先を獲得する、といった動きもします。 各施策に強み弱みがあり、例えば外部の展示会やカンファレンス、集客力のある企業様との協業ではたくさんのリードを獲得することが出来る一方でリードの中身については信頼関係を担保にご紹介いただく案件にはどうしても劣るということが起こります。今はどのような施策が有効か見極めるために色々と試している最中と言えます。

ーマーケティング部での業務には、どんなスキルや経験が求められる仕事だと思いますか?

4点あると考えています。

①会社理念と個人の想いの結びつき
私たちの掲げる理念「ビジネスを通じて、子育て世代と子どもたちが希望を持てる社会をつくる。」は多くの人が共感するものです。誰だって将来に希望の持てる社会が良いに決まっているので。なので、その理念を貫くための個人的なパッションや必然性が問題になります。どう個人的な動機や人生史を会社の理念とシンクロさせることが出来るのか。自分がそれをやる必然性があるのか、それがどのようなパッションに支えられているのか、その辺りが確立されていると仕事と個人の人生に一本筋が通り、良い結果に繋がりやすいのではと思います。

②構造的に考える力
あらゆる仕事を行うための基礎体力、情報空間における運動神経のようなもので、非常に重要です。

③創造力
自分で考えて変化を起こす=自分で仕事を創り出す必要があります。

④実行力
良い構想を描けても、お絵描きだけで実行しなければ意味がないので、実行までやりきることが必要です。

このような要素を持った方と一緒に働きたいと思っています。

ーベター・プレイスへの入社の決め手はなにでしたか?

一言でいうと理念への共感です。事業の目的や向かおうとするビジョンに賛同できました。

 正直、世の中には本質的にさして意味がないブルシット・ジョブが多いと感じていました。そんな中、ベター・プレイスの事業は、自分が現実的に選べる選択肢の中で最も意味のある仕事だと思えました。 ベター・プレイスに入る前にやっていたことは、”資本をより強固にする”、”金持ちをより金持ちにする”という方向性の仕事だと言っていいと思いますが、私には「そういう仕事ばかりをしていて社会は本質的に良くなるのか?」という疑念がありました。
 ベター・プレイスのやっていることは今の社会構造の中で不利な立ち位置にある方々の状況を、アーキテクチャによって良くすることに直結します。その点に意義を感じました。また「あらゆる人はフェアに自らの人生を全うする自由を持つべき」という自分が感じる正しさのベクトルにも一致しました。

ー実際に働いてみて、ベター・プレイスはどのような風土だと感じますか?

軸があった方が語りやすいと思うので、いくつか軸を持ち出します。保守的か革新的かで言うと革新的、官僚的かフラットかというと中道、ただしマーケティング部においてはフラット寄りです。

ーマーケティング職へ応募される方は、佐藤さんの面接を受けることになると思いますので、応募者の方へアドバイスお願いします!

仕事には、二度とない人生の大切な時間の多くを使うことになりますので、人生を全うするために納得感のある選択が出来ることを願っています。現実と折り合いをつけないといけない部分はあると思いますが、自分はどのように生きたいのか、本音の部分を出来る限り諦めずにいて欲しいなと思います。お互いに同じ方向を向いて仕事に邁進できるかどうかを確認する場が面接だと思います。その意味では全く対等ですので、必要な質問はズバズバ遠慮なく聞いてください。

私は面接にいらして頂く方に今の社会がどのように映っているのか、その見え方、感性、その方の世界観をなるべく理解したいと考えています。ですので、普段から社会や自分自身のことなどをよく考えられるタイプの方は普段通りで、そうでない方はご自身の認識の解像度を高めて少し言語化するようにしていただくと、面接はスムーズに運ぶのではないかと思います。考えるヒントやきっかけに、私たちの代表のブログや出演ラジオ音源もオススメです。お会いできることを楽しみにしています。

佐藤さん、インタビューありがとうございました!

佐藤さんオススメのブログやラジオは下記よりぜひ一度ご覧ください♪

◆代表ブログ
https://ameblo.jp/smorimoto

◆ベター・プレイス代表 森本出演ラジオ
https://open.spotify.com/episode/1BLCRkcYOzm9cDtmOV1Oj3

株式会社ベター・プレイスでは一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社ベター・プレイスからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?