1
/
5

ベター・プレイスは何をしているのか?徹底解説!

【はぐくみ基金の概要】

はぐくみ基金とは、保育や介護など、社会の発展を下支えする人たちの資産形成や福利厚生を支援するために、2018年に発足した新しい年金制度です。

少しイメージしづらいと思うので、分かりやすく言い換えます。

はぐくみ基金に加入すると、自分で金額を設定し、毎月のお給料から給与天引きで積み立てを行うことができます。それによって社会保険料の軽減、税金節減と貯蓄を確実に行うことができます。

ベター・プレイスは、確定給付年金制度である「はぐくみ基金」の加入事務業務委託機関として、加入事務業務から、制度設計をはじめとする導入支援、各種サポートを行っています。

【導入実績】

はぐくみ基金は2018年4月設立後、わずか2年半で加入事業所数357、加入者数が約10倍(約17000人)になるなど、たいへん大きな反響を得ており、非常に伸びしろのあるサービスになっています。

【お客様の声】

「はぐくみ基金に加入してから、園の退職者がいなくなった。」

「しっかりと説明してもらえたから、納得して職員に勧められた。」

「今現在どのくらい貯まっているのか、利息はどのくらい付いているのか、お知らせが欲しい。」

このように、私たちの励みになる嬉しい言葉もあれば、私たちを叱咤激励してくれるような改善を求める声もあります。

私たちは、常にお客様の声を聞き、その期待に応えるために、日々やりがいを持って仕事に取り組んでいます。

【ベタープレイスの具体的な業務の一部を紹介】

■資産形成支援システム「はぐワン」

はぐワンは、はぐくみ基金を導入された法人に属する従業員様向けの掛金シュミレーションサイトです。今後も新しい機能を追加し、よりお客様にとって生活に関わるものを発信し、利便性の高いコンテンツとして展開していこうと考えています。また、今はwebサイトですが、ゆくゆくはアプリ化を目指しています。

■基金手続きのDX化

現在紙やデータで手続きしていたものを専用サイト上で行えるようなシステムを開発中です。
基金の手続きは複雑で難しいので、DX化することで利用者の方の満足度をより一層引き上げることができます。

■スケジュール自動作成システム

希望シフトと条件を設定すれば、数分で1週間分、1ヵ月分のスケジュールが作成できるシステムをCTOと共に開発中です。

■介護記録システム

適切なケアを行ったり、情報共有をしたりするために必要な介護記録。毎日細かく記入するのはとおても大変です。弊社がCTOを開発しているのは、QRコードを読み込み、介護を受けている方々の食事や排泄の時間をスマホで入力することで瞬時に記録できるシステムです。
そうすることで、ビッグデータができ、大体食事をしてから何時間後に排泄の時間が来るのかなどの周期を割り出すことができます。今まで24時間付きっきりで介護しなければならなかったものが、その時間だけ介護すればよくなり、エッセンシャルワーカーの方々の疲労軽減に繋がります!
今後さらに機能追加を予定しています。



ベター・プレイスは、上記のように介護福祉×金融で給付型企業年金をやっていて、かなりニッチなところを攻めている会社です。言うなればブルーオーシャンのサービスを提供している会社です。
その結果、ベタープレイスは着実に業績を伸ばし続け、サービスの利用者数も爆発的に増加しています。

社員の皆さんには、裁量権を託し、自由に自分でアイデアを出して、それを実現させていただいています。
自分でやりたいことや、こんなシステム作ってみたいという目標があれば挑戦しやすい環境が整っているので、サービスと共に自分自身も成長したいという方にはうってつけの会社です!

株式会社ベター・プレイスでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう