1
/
5

なにをやっているのか

私たち、株式会社Antwayは共働きで子育てをしている世帯に向け、お総菜のデリバリーサービス「つくりおき.jp」の運営を行っている会社です。 ■「つくりおき.jp」はパパママの味方■ つくりおき.jpは共働きの子育て世代向けサブスクリプション型のフードデリバリーサービスです。2020年2月より東京23区内の一部地域を対象にサービスを開始しました。 ・お申し込みはLINEで簡単! 注文の確認、変更、決済等がLINEで簡単にできます。申し込み後は週に1度、3食もしくは5食分のお料理が希望時間に届きます。 ・メニュー選びに悩まなくていい サブスクリプションサービスなので、毎週注文メニューを考えなくても、栄養バランスも満点の異なるメニューが届きます。 ・冷凍では実現できない鮮度と美味しさ 私たちの自慢は、調理や冷却方法、殺菌、衛生的な運搬技術などを徹底した結果、冷蔵でも4日間の日持ちを実現していること。冷凍では失われてしまう栄養やうまみを逃がしません。 ・栄養満点のメニューを美味しくいただく 全メニューは管理栄養士が監修し、毎週LINEでアンケートを実施。いただいた結果を集計し、翌週以降のメニュー作成に活かします。メニューはすべて専任のシェフが丁寧に手作りし、できたその日にご家庭にお届けしています。 ・一歳半から食べられる、安心のメニュー 乳幼児期の食事内容に悩むパパ・ママは多いはず。「つくりおき.jp」では一歳半のお子様でも安全に召し上がれるメニューを用意しています。 ■人気サービスへと成長中■ おかげさまでサービス開始以来多くのご支持をいただき、開始1年で早くも累計30万食を突破。当初の想定の数十倍の売上を達成しています。 提供範囲も、サービス開始時は都内4区のみでしたが、5か月後には東京都心13区、10カ月後には東京23区全域まで対象を拡大しています。 現在は都内3か所の大型キッチンを稼働して日々美味しい料理を作り、配送しています。 2021年には首都圏の1都3県まで対象エリアを拡大予定です。

なぜやるのか

■私たちの目指す社会■ 人の営みは、経済取引として評価される有償労働のほか、たくさんの無償労働に支えられています。 無償労働の多くは家庭内で「家族のため」に行われるもの。そしてその大部分を「炊事」が占めています。 人口減少や労働力不足が叫ばれる昨今、この無償労働を減らすことで、その分が経済活動を行う労働力になると、私たちは考えています。 家庭内の無償労働の負担が特に多いのは、子育て世帯です。単身や夫婦2人世帯であれば、食事内容に悩むことは多くないでしょう。 しかし子どもがいれば話は違います。 好き嫌いや栄養面を考え、食の安全にも気を遣わなければなりません。 調理の手間だけでなく、「今日の晩御飯はなにしよう?」という悩みは日本のパパ・ママの頭の片隅につねにあるのではないでしょうか。 「つくりおき.jp」は、そんな共働きで頑張っているパパ・ママがお子様と一緒に、ゆったりと美味しく安全な食事ができること、料理にまつわる悩みから解放することを目標につくられたサービスです。 忙しいパパ・ママを、食事づくりから解放し、自分の趣味や仕事、そして大切なお子様のためにしっかり時間を使える社会を、私たちは目指します。 ■あらゆる家庭から義務をなくす■ 私たちは「義務をなくす」ことで「機会の平等」の実現を目指しています。 私たちの周りには、キャリアを積む機会や趣味を楽しむ機会、家族と安らぐ機会など、本来たくさんの「機会」が存在しています。 炊事やその他の家事など「課せられた義務」に追われ、気付くと1日が終わってしまい、たくさんの「機会」を活かすことができない。 そんな日常を変えるため、私たちは「炊事の義務」を減らしていきます。 「義務」から解放され、誰もが「機会」をつかめる世界を、テクノロジーと発想力で創り上げます。

どうやっているのか

■事業の特徴■ 私たちのこだわりはDtoCで製品をお届けすること。企画、生産から物流まで全てを自社で行う、いわばフルスタックDtoCを実現しています。 私たちのようなスタートアップ企業は、ブランドだけ企画して、製造は外部委託する方法をとることが多いでしょう。しかし、私たちは製造拠点であるキッチンを保有し、完全自社製造をしています。キッチンは工場ではありません。私たちは毎週異なる11種類のメニューを製造していくため、工場ライン製造には不向きなのです。 キッチンは例えるなら給食センターに近く、手作りの良さを損なわずに大量生産するシステムを構築しています。 ITと物流、製造を高次元に組み合わせた事業が、人気の秘密です。 ■バリュー■ ・OPEN:臆さない・おもねらない環境を作り、最高の集合知をつくる オープンなマインド、コミュニケーション、ナレッジ共有。これらを実現するには、個々の資質よりもどのような環境やネットワークを作るかが肝要です。私たちは、この「環境づくり」に心血を注ぎ、世界最高の集合知を持つ集団を目指します。 ・TRY:PDCAを、世界で最も高速回転させるチームである 私たちはわかりきった正解のない、難しい課題にこそ取り組んでいきます。困難を乗り越えるために検証は欠かせません。検証の数とスケールこそが、私たちの最重要KPIであると定義しています。 ・HEALTHY:お客さま、自分たち、社会すべての健やかさを追求する 私たちは、仮に儲かるとしてもお客さまの射幸心やコンプレックスを過度に煽るような企画には取り組みません。 私たちは、徹夜をしなければいけないような業務状況は「失敗」だとみなします。 私たちは、社会全体の付加価値や幸福が本質的に増えない仕事をしません。 ■組織について■ 現在、20名弱の正社員として参画しているメンバーと、120名ほどのキッチンメンバーがいます。キッチンメンバーは3か所のキッチンに数十人ずつ分かれて業務を行っています。 本社は東京都千代田区にあり、週1日程度のリモート勤務が可能です。 フレックスタイム制を導入しており、メンバー一人一人の裁量を大きく持たせ、柔軟な働き方ができる組織を目指しています。