1
/
5

「イラレのことならオレに聞け」「家を買うときの裏ワザ」「ペット飼い主による座談会」――。講師は社内の達人、社員のスキルを活用した新しい交流の形「丸信カルチャースクール」ときどき開催。

「撮影した写真を加工する際に、イラレとかフォトショとか使うんですが、イマイチ上手く加工できなくて…。正直、聞くまでもない初歩的な操作とは思うんですが、誰か教えてくれないかな?」

ある日、当社専属カメラマンから社内報編集部にこんな相談がありました。

デジタル時代の今、カメラマンは写真だけを撮っていれば良いわけではなく、撮影画像の加工という作業が多々発生します。しかしながら、本業はカメラマンなので、イラレ(Illustrator)やフォトショ(Photoshop)についてちゃんと習ったことがないらしい。これまでは何とか独学で加工してきたものの、要求レベルが高まってきたため、そろそろ限界とのこと。

かと言って、わざわざデザイン部門に行ってじっくり聞くまでもない程度の初歩的なことなら申し訳ないので、なかなか言い出せずにいた様子。でも、同じような“聞くまでもない”けど教えてほしい、と思っている人って他にもいるのでは?という疑問が。

そこで早速、社内報編集部スタッフがリサーチを行ったところ、デザイン部門やWeb制作課で、「イラレ使いこなせてない」「もっと使いこなしたい」という人が数名現れました。そこで急きょ企画したのが、「【丸信カルチャースクール】今さら聞けない!? Illustratorの素朴な疑問」のオンライン勉強会でした。

「この講師、上手い!」、プレゼンテーター発掘に一役

社内報のみ小さく案内しただけで、Illustratorスキルを必要とする人も限られることから、この回の参加者は10名以下でした。でも、いくつかの発見も。

まずは講師。1年前に中途入社した男性デザイナーですが、とにかく説明が上手い。話し方も柔らかく、どんな質問にも分かりやすく回答。広報的に、こんなに印象よく“話せる”人材はとてもありがたい。早速、将来の取材応対者候補に入りました(笑)

参加者は事前に質問したい項目をメモしている人もいて、次々と質問が飛んでいきます。私自身は広報なのでIllustratorを使う機会はほぼありませんが、今後の動画編集などを見据えて、自宅でも使える安価なIllustrator代替品などを教えてもらいました。

当初40分の予定でしたが、最終的には80分に延長。テーマが絞られているので、参加者も講師も迷いなく会話が弾み、イキイキしている感じ。勉強になるのはもちろん、何かとても楽しい(^^)/ というのが初めてのカルチャースクールの印象でした。

仕事だけでなく趣味でも開催、社員のスキルを活用した

カルチャースクールを終えて社内報編集部や参加者と話したところ「もっといろんなスキルや経験を持っとる人がおるんじゃなかろか?」という意見が出てきました。確かに、自分の周りだけでも何人かいる。業務に関わることから、完全にプライベートなことまで。

で、早速2回目のカルチャースクールを企画することに。お題は「絶対に誰も教えてくれない!?家を建てるときに注意すべき10のポイント」。

今回は業務と関係ないので、休日の昼間に各自自宅から参加。講師はここ数年以内に家を買った2人の社員で、1人は注文住宅を建て、もう1人は建売住宅を買った人。注文と建売の2つの視点から“目から鱗”のポイントが約10名の参加者に伝授されました。

さらに、その1か月後に第3回も実施。「ペットオンライン座談会」と題して、犬、猫、ハムスター、ハリネズミの飼い主が参加しました。特に珍しいハリネズミに対して、参加者のお子さんたちも興味津々だったのが印象的。結局、こちらも40分の予定が2時間になり、最後はペットと関係ない雑談で盛り上がるという、ただのオンライン飲み会と化しました(笑)

全社リモート飲み会よりも盛り上がる!?テーマを絞って深く交流

3回のカルチャースクールを通して感じたポイントとしては3つ。

  • 通常飲み会に比べて参加者は少なめだけど、テーマを絞ったことで共通項が生まれ盛り上がり度は極めて高い
  • 業務で散々オンライン会議に慣れてしまっているので、自宅からのリモート参加に誰も違和感なし
  • 個人的(広報的)には、講師が人前でしっかり話せる人かどうかを見極められる

もともとは興味本位で参加しただけでしたが、単なる交流に止まらないメリットに気づくことができ、大きな収穫でした。

全社的なリモート飲み会も何回か開催されていて、それはそれで別の楽しみ方ができますが、テーマが絞られたカルチャースクールは、よりディープな社内交流という観点ではとても効果的かもしれません。

ところで、この後、社内では「5%ルール」というのが導入されました。勤務時間の5%を個人のスキルアップに利用することを義務付ける制度。1か月で約8時間です。読書、セミナー、自学、何でも良いので、そこに業務にかかわるカルチャースクールを充てても面白いかも、と考えています。

ちなみに、今後考えられるカルチャースクールは以下の通りです。

  • 自宅で本格ピザを焼く!安価にピザ釜DIY(社内でDIYした人がいる、社内報7月号で掲載)
  • スマホでプロ並みの写真を撮る方法(社内専属カメラマン)
  • 楽器を弾ける人集まれ! 奏者座談会(たぶん、たくさんいる)
  • 元プロ野球選手が教える「丸信野球教室」(元プロ野球選手がいる、7月に新聞で紹介)
  • みんなで行くソロキャンプ入門(社報で5人を紹介済み) 等

ご興味のある方は、是非一度、丸信に入社してみてください(笑)

株式会社 丸信では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう