1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

EISHINにジョインしたワケ ~執行役員中田~

◇自己紹介◇

台東区・浅草出身

2016年早稲田大学商学部卒

大学在学中は4年間のインターン活動と夜のお店でアルバイト、野球サークル代表の活動に明け暮れた。

就職活動は「本当の意味での安定」を考え、成長を謳うメガベンチャーの内定を承諾。

後にEISHINの代表となる五十嵐とはそこで出会う。

だが、ある事情から内定を辞退し、就職浪人後に7,000人規模の上場企業に入社。


初めまして。株式会社EISHIN執行役員の中田です。

年齢は28歳で履歴書の経歴は人に見せられないような人間ですが、お話できることはたくさんあります。

前職はあるグループ企業で、人材紹介エージェントの子会社代表をしておりました。


◇キャリアの原点◇

自分のキャリアをお話する際は「大学に入学した際のカルチャーショック」からお話しているのですが、

1年間の浪人生活を経て奇跡的に早稲田大学に合格したので、

周りの友達の優秀さにとても驚いたのを今でも覚えています。

各都道府県の一番の学校から来ている人ばかりで、なんでそんなこと知っているんだろう、なんでそんな頭が回るんだろうと。

このままではやばいと思ったことがキャリアの原点です。


それからインターンというものを知って、

まず家から一番近いテレアポのインターンシップから開始しました。

在学中の4年間のインターンでは、社長さんに会う機会をたくさん作ったのですが、


「営業とパソコンができれば何でもできるよ」


というアドバイスをたくさん頂いて、在学中から数年前までずっと愚直に営業を続けました。

めちゃくちゃ正解だったと思っています。

4年間、営業をやっていていたので、

・新卒入社した時の研修では400人中1位だったり、

・転職先に困らなかったり

・インセンティブだけで150万稼げたり

努力することはこの先の自分を救ってくれるから、ものすごく大事。


◇キャリアの転機◇

自身のキャリアに対しての理由のない不安は一切なくなったものの、

この先に何をしていくか、27歳として、子会社の代表として、

明確な回答がないまま1年が過ぎました。

そんな中、現代表の五十嵐から誘いをもらいました。



徹底的にマーケットリサーチした上で勝てる市場でしか戦わないこと。

メンバーは家族であると言うよりプロ集団であるべきこと。

事業を成功させるための執念や実際に積み上げてきたものに大変尊敬の念を持ったこと。

彼のビジネスに対しての考え方、用意していたビジネスモデルに大いに可能性を感じました。

相性としても役割分担が明確にできること、

お互いを補完する関係値になれることなど様々な根拠があり、一緒に働かせてもらってます。


◇EISHINで成し遂げたい事◇

いま一番注力している自社サービス「GOOD FOR JOB」を軌道に乗らせることです。

この数ヶ月でメンバーもたくさん増えたので、

個々人がプロとしての集団を、彼と一緒に拡大していきます。



株式会社EISHINは日本に数あるシード期のベンチャーの中でも素晴らしい会社と組織だと思いますし、

ここで私のキャリアを形にしきる大事なフェーズだと思っていますので、

是非、皆さんの挑戦をお待ちしています。


最高の環境があなたを待っています。

株式会社EISHINでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング