1
/
5

インターンの実態を聞く!気になるポイント全解決


インターンを始めて

──平井さんは大学3年生の春にワールドリードでインターン生として働き始めたんですよね。それ以前に、インターンの経験はあったのでしょうか?

平井:以前、個人の会社でSNSの誹謗中傷問題などに取り組む事業のお手伝いをしたことがありますが、インターンという形で働くのはワールドリードが初めてです。

──数あるインターンのなかで、どうしてワールドリードを選んだのでしょうか?

平井:問題意識に共感できたというのが大きいです。ぼく自身、大学生へのキャリアサポートが充実していないという実感があって……そこをミッションとして掲げるワールドリードで働きたいと感じました。また、友人の紹介というのもありましたね。

──友人の紹介、ということでしたが……平井さんの周囲では「インターン」というものに対して、どういったイメージを持たれていることが多いと感じますか?

平井:一般的に、インターンというのは学生にも社員と同じくらい個人の裁量がある、というようなことがよく言われますよね。ただ、実際のところはどうなんだろうと。結局、言われた業務をただこなすだけというバイトとさほど変わらない形になってしまい、せっかくインターンを始めたのにあまりスキルアップが達成できないというようなことになってしまうんじゃないか、という懸念を抱いている人が多い印象です。

──確かにそう考える学生は多そうですね。ちょうど今バイトとの比較が話題に上がりましたが、「インターンってバイトとどう違うの?」という疑問は多くの方が抱いているかと思います。……ちなみに平井さん、バイトはなにかされていますか?

平井:塾講師をしています。

──バイトもインターンも両方経験されている平井さんから見て、二つの違いはどこにあると思われますか?

平井:バイト先とインターン先の同僚を見てみると、どこを向いて業務をしているのか、という部分が全然違うように感じるんですよね。そこが一番の差に見えます。その差がどうして生じるかというと、ゴールへの道筋が明確になっているかどうかではないかと思うんです。バイトは基本的にやらなければならないことが決まっていますよね。たとえば飲食なら、注文を受けたらその注文通り作らなければいけません。ミスをせず、指示通り行うというところに重点がおかれているので、各々がよりクォリティを向上させるために試行錯誤することは求められない。しかし、インターンの場合は会社という利益を追い求める組織の一員として働く訳ですから、常に目的達成のため改善点を考えたり、そのために必要なコミュニケーションはどういったものか、ゴールから逆算してより良い道筋を考える必要が出てくるんです。必然的に仕事への熱量も変わるし、なにより働くときの視点が違うと思うんですよね。

──なるほど。他にはありますか?

平井:一概には言えないと思うんですけど……バイトって、基本的にお金を稼ぐために行うものですよね。スキルアップが最優先だったりするケースはあまりない気がするんです。逆に、インターンの場合は自分がつけたいスキルをつけつつ、お金が貰えるという感じになるのではないでしょうか。

インターンと○○の両立はできる?

──インターンについての懸念点というと、「結局バイトとそう変わらないんじゃないか?」という他にも、遊びや学業との両立はできるのか?という部分が気になる方も多いと思います。そこはどうでしょうか?

平井:十分に両立できるのではないかな、と思います。現在、大学ではオンデマンド授業も増えていますし、時間を調整しやすいのではないでしょうか。むしろ、普段よりもインターンがやりやすい時期ではないかと思っています。

──リモートワークでインターンができる企業もありますしね。

平井:そうですね。それと、インターンは週に何日も入らなくてはいけないってことは無いですし、自分のスケジュールに合わせて調整できる企業も多いです。ですから、あまり心配することはないのではないでしょうか?ぼく自身、遊びや趣味の時間は十分とれていると思っています。

──ちなみに、平井さんの趣味はなんですか?

平井:大学生になってから、サッカー観戦をするようになりました。海外のチームが多くて現地で観ることは難しいので、配信サービスを使っています。週末には夜遅くまで観てしまうこともありますね。

──学業との両立に関してはどうでしょうか?

平井:そちらも問題なくできると思います。これは個人的なケースになりますが、両立していくなかで、インターンでの経験が学業に活かされている、と感じることもありますね。

──詳しく聞かせていただきたいです。

平井:大学の授業で「就活の歴史」という授業を取っているんですよ。その授業では就活関連の歴史的経緯であったり、体系的な知を学ぶんですが……その知識が、インターンの業務中に現代の人事や、就活のリアルな実態と繋がっていくので面白いです。

──逆に、大学での経験がインターンに活かされていることはありますか?

平井:コミュニケーションについてですかね。インターン先では上の人や同世代との基本的なコミュニケーションが重要になってきますし、そこは大学生活で得たものが活かされていると思います。

インターンを続けていくなかで

──平井さんはインターン生として、どのようなお仕事をされているんでしょうか?

平井:主に社で運営する就活支援SNSサービス「Growth Career」に登録してくださった方との面談を行っています。彼らは長期インターン志望の大学生であったり、新卒生として就活中だったりするんですが、彼らが興味を持っている業種などを聞いて、それとマッチした企業を紹介しています。それに加え、これから社の人事業務にも携わることになっていますね。

──面談をされているときに、心がけていることはなにかありますか?

平井:相手がどこの部分で困っているか、というのを常に考えるようにしています。やりたいことを実際に実行に移すというのはかなりハードルの高いことだと思うので、「これがやりたいんだけど、ここがわからなくて……」という方が一段ずつステップを踏んで、徐々に実行に移していけるようサポートすることを心がけています。

──これまで、多くの方と面談をされてきたかと思うのですが、そのなかで見えてきた傾向などはあるのでしょうか?

平井:どなたも自分の目標だったり、社会に入る前に身に着けたいスキルといったものが明確にあってすごいと感じますね。同時に、彼らがその目標を達成する手段として「長期インターン」が選択肢として浸透していないという課題が見えてきました。具体的な制度や実態がまだまだ不透明に見えているせいですね。

──インターン生として業務を行っていくなかで、大変だったことはありますか?

平井:どういう風にすれば目的を達成できるかわからないときが結構大変だと感じますね。逆に、達成感があるのは目的のために適切なコミュニケーションを取れたときです。社員さんとの業務上のコミュニケーションや、面談相手の学生と接するなかで、相手が何を求めていて自分はそれにどう返せばいいのか、というのが学べているなと感じます。

──平井さんはどういったモチベーションでインターンを続けているのでしょうか?

平井:社会に出たとき、どこでも活躍し、自分一人で生きていけるようになりたいなと思っているんです。コロナ禍以降、急に会社をリストラされてしまうようなケースもありますよね。世の中の不安定さ、目の前に今あるものが確固たるものではないことを実感したんです。この先、もし別のアクシデントや更に大きく危機的なパンデミックが起こるかもしれないと考えたとき、何があっても生きていけるような力をつけたいし、その力で所属する組織にも貢献できれば良いかなと思っていて。あと1つ、自分はこれまで色んな周囲の人……友達や、高校時代の塾の先生に支えられてきたと感じていて。……そういう人たちにポジティブなものを返すことが出来れば良いかなと思っているんです、それもインターンで力をつけるためのモチベーションになっていますね。

──平井さんがインターン始めたのは大学3年生じゃないですか。それは時期として適切だったと感じますか?

平井:いえ……もっと早く始めたほうが良かったと思っています。インターンは長く経験すればするほど学べることは多くなると思いますし、それにともなって成長できますよね。だから関わってるのは長ければ長いほど良い。大学1年生とか……もっと早めに始めておけば良かったなと思いますね。

──大学に入る前から、インターンをやろうと考えていましたか?

平井:何か挑戦したくはあったのですが、インターンをやろうとは思っていませんでした。ただ、インターン生というある程度しっかりと挑戦できる立場に自分の身を置くと、自分の考え方を正しい方向に形成できると思うんですよね。

これからについて

──これからインターンを始める学生にアドバイスはありますか?

平井:インターン、というのは学生からしたら未知の領域ですよね。ですから、まずは既にそこにいる人たちの話をよく聞くということが大事なのではないでしょうか。もちろん、自分の考えていることやしたいことが色々あるとは思うんですが、色々な人の意見とかを取り入れて多角的な視点をもつことが大事なんですよね。経験する前に見えるものと、経験してから見えるものって色々異なると思うので。

──「長期インターンをするのに必要なもの」はなんだと思いますか?

平井:それが大きくても小さくても、ざっくりとしたものでも良いんですが……こういうことがしたいとか、こういう人になりたいとか、周りとこういう関係を築きたいとか。そういった将来への希望や理想像が少しでもあれば、インターン生として上手くやっていけるんじゃないかと思います。

──ありがとうございます。これで最後の質問になるんですが……平井さん自身が、将来どうなっていきたいかというイメージを伺いたいです。

平井:具体的なことは決まっていないんですが……他人に対してポジティブなものを提供できるような仕事がしたいなと思っているんです。先ほども言った通り、僕は自分が受け取ってきたものを周りに還元していきたいと考えていますし、特に自分がもらった「楽しい」という感情を自分以外に提供できるような仕事をしていきたいと考えていますね。

──ありがとうございました。

株式会社ワールドリードでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
今週のランキング