1
/
5

【Vol.1】30代の成長を保証!?ロールモデル2名が語るリバミーが求める今すぐ欲しい人物像とは。

こんにちは!リバミー株式会社の採用担当です。

弊社は、”世の中をより便利に、もっとたのしく!”をモットーにWeb制作やHR事業を行なっています。

従業員数は10名にも関わらず取引先のほとんどが大手クライアントという非常に少数精鋭の企業となっております。

今回は求職者のロールモデルとなり得る、弊社で活躍中の30代メンバーお二人にインタビューをおこないました。

#自己紹介をお願いします

あず)初めまして。システムディレクターのあずと申します。

リバミーに入社する前は6年程、百貨店でWebディレクターとして制作進行管理などをしていました。

またサイトリニューアルのときはPMとして業務を遂行しました。

リバミーに入社後は化粧品メーカーや飲食業などの案件にアサインされています。

本日はどうぞよろしくお願いします。

宮崎)初めまして。宮崎と申します。

私は何度か転職をして現在に至るのですが、以前は一貫してB to CのWebマーケティング業務に携わり販促施策の企画やSNSマーケティングなどを行なっていました。

リバミーに入社後もWebディレクターとしてWebプロモーションなどを主に行なっています。

本日はどうぞよろしくお願いします。

#リバミーを知ったきっかけと当時の印象を教えてください

あず)知ったきっかけは一般的な求人広告でした。

正直最初の印象は、よくあるWeb系の会社だなという印象だったのでとびきりすごいという印象はなかったです。笑


宮崎)私はITのベンチャーに特化した求人情報サイトでリバミーを知りました。

最初の印象は従業員規模も10名以下と少なく、とても人を大切にしている会社だなと感じました。

インタビュワー)ベンチャーに絞っていた理由は何かありますか?

宮崎)元々前職までが大手企業だったため、権限が少なく自分の成長スピードに不満を感じていて、だから次は裁量を与えてくれるスタートアップの企業でこれまでのキャリアを活かして成長したいという気持ちがありました。

インタビュワー)素敵なチャレンジ精神ですね!


#ずばりリバミーに入社を決めた理由を教えてください

宮崎)複数社受けていた中で、この会社がいちばん個人と向き合ってくれて、私のことを理解しようとする姿勢にあたたかみを感じました。

それに”市場価値の高い人間へ育てる”という理念は私の「成長したい」という想いと非常に重なる部分が多く、とても共感できたのが入社を決めた理由です。

あず)私が入社を決めた理由は、”分からないことはとことん教えます”と代表の河合さんが直接言ってくれたからです。

自分は前職もWebディレクターでしたが、「発注側のディレクター」でしたので制作ベンダーへの指示や進捗管理業務が中心で、Webサイトやアプリをつくる工程や具体的な作業方法を学べる現場経験を心から欲していた時期でした。

河合さんは大規模サイトの構築から運用フェーズのデジタルマーケティングまで色々経験してきた方で、入社のときの面談で話してくれた業務説明はとても丁寧な話し方で分かりやすく、こんな人といっしょならきっと成長できる、と思いこの会社を選びました。

インタビュワー)お二人とも共通しているのが、”人を大切にする”ことと”育成に力を入れている”会社と言う点ですね。

特に個人にフォーカスしてしっかり向き合ってくれる会社というのは、入社した人だから感じられる重要なポイントですよね。

#リバミーへの入社前と入社後のギャップについて教えてください

あず)私はどんな案件があるか分からず入社したので、やりたくない案件にアサインされたら嫌だなと心の底から思っていました。笑

でも会社に入って一番驚いたことは、大手クラアントの多さです。

思ってもみなかったような大手と一緒に仕事ができると言うのはある意味大きな誤算でした。


宮崎)私は初めて制作側の企業に入社すると言うことで不安が大きくあったのですが、その不安が嘘だったかのように業務とメンタルの両面でサポートがしっかりしていたので、そこはある意味想像以上のギャップはありました。

またクライアントと代表の間で事前のすり合わせがしっかり行われていたので、両社で認識違いがなくストレスフリーで働けました。

インタビュワー)想像以上のサポートと言うのは非常に働く側からすると嬉しいギャップですね!

#前職と比較してリバミーで一番成長した点を教えてください

宮崎)私は元々マーケティング関連の仕事をしていたので一般的な知識はあったのですが、より専門的な制作サイドの知識を学べていると言う実感があります。

担当しているのは、デジタルマーケティングに力を入れているナショナルクライアントなので刺激的な企画や手法を取り入れた、最先端のデジマ(デジタルマーケティングの略)施策を進められるようになったのが一番成長した点です。


あず)私は成長した点が2つあります。

まず初めにエビデンスなどの資料作成が上手になりました。

今まで資料を作る機会が少なかったのですが、制作業務を進める上でコミュニケーション後は資料をまとめ、関係者に合意形成しながら進めることがいかに効率的で重要かを学びました。

もう一つはコミュニケーション力です。

前職ではチームメンバーが4名ほどで報連相がなくても伝わる距離だったのですが、現在は体制が大きくなっているので、情報伝達やナレッジ方法を工夫することが巨大プロジェクトを進める上では大切です。

たくさんの関係者が関わる仕事でのコミュニケーションをいかに円滑に進められるか、俯瞰して考えられるようになったことが成長したと思います。

#今後の描くビジョンについて教えてください

あず)私はチームをまたいで様々な人と色んなプロジェクトを回して仕事ができるようになりたいと思います。

最近いくつかPMを任せてもらえる機会が増えてきたので引き続き経験を積んでいくことで実現できるのではないかと考えています。

宮崎)私はまずデジマに強いディレクターとしての専門性を高めていきたいです。

クライアント様と一緒に喜びあえる施策提案などをコンサルしていけるようになりたいです。


#リバミーで活躍できる人物像を教えてください

あず)リバミーで活躍できる人材は”やる気がある人”です!

一般的にやる気がある人はどこの企業でも言われることが多いと思うのですが、リバミーでは個人の気持ちを大切にしているので”やりたい”という事は基本的にやらせてもらえる社風です。

だから、やる気がある人は圧倒的に成長できると思いますし、活躍をすると思います。

特に現状、勉強して新しい知識を身につけたいという意欲がある人は伸びしろしかないと思うのでリバミーで開花すると思います。

インタビュワー)現状に満足できていない人はリバミーで一気に開花しそうですね。

宮崎)私も同感です。

成長の機会やチャンスを与えてくれる会社だと思います。

自分を変えたい、とか現状に少しでも疑問を持っている人はすごく合っていると思います。

インタビュワー)向上心のある方にピッタリの企業風土ですね。

#他社と比較をした際のリバミーの強みを教えてください

宮崎)一番の強みは代表が現場を理解しているという点だと思います。

Web制作の現場経験がない経営者もいる中で、弊社の代表は長期に渡りフリーランスとして活動していたため現場の課題をよく理解していて、私たちと同じ目線で会話ができるというのがとても大きな心の支えになります。

またクライアントやWeb業界のお知り合いが多いので面白いプロジェクトに携わることができるというのも強みの一つですね。

インタビュワー)代表が現場をよく理解しているのは働く側として心強いですね。

あず)私が感じるリバミーの強みは”圧倒的な意見の通しやすさ”です!

まだまだ規模の小さいリバミーだからこそ実現できる環境だと思います。

例えば代表が「こんな会社にしたいんだよね」と呟けば、「こんな感じでやればいいんじゃないですか」など雑談混じりでフランクに話すことができます。

代表には理想の会社像があるみたいですが、従業員の気持ちを無視して進めることはありません。

むしろ逆で、従業員の自発性にまかせて現実的に物事を進めるタイプです。

だから自然体でいられるし、会社をいっしょに創り上げている感覚が強いです。

インタビュワー)自然体で会社を一緒に創り上げていく感覚は非常に貴重な経験ですね!


#求職者に向けてメッセージをお願いします

あず)現状に満足はしていないけど何をしたらいいか分からないという方は多いと思います。

そんなあなたは一番最適な答えをリバミーで発見できるのではないかと思います。

なぜなら全員現場を経験しているので、あなたの目指す姿を叶えるために今一番必要な情報を的確にアドバイスできるからです。

まずはあなたの目指すべき姿を教えてください!

宮崎)会社の知名度も無いし、入社前は不安だと思います。

だからこそ良い意味で入社後のギャップに驚かされます。

あなたの希望をしっかりと受け止めるだけの環境がリバミーには用意されています。

ここまで読んで興味を持ってくれた方は、会社見学くらいの気持ちでコンタクトを取ってみてください。

あなたがどんな仕事をしたいのか、どんな経験を積んだら一人前になれるのか、一緒に考えてくれる人がいます。

入社後、お会いできることを楽しみにしています。

インタビュワー)実際に入社した人の言葉は説得力があります。

是非多くの方が共感して、応募していただけるといいなと感じました。本日はありがとうございました。

リバミー株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング