1
/
5

AWS主催・テクニカルカンファレンスに登壇決定!『AWS DevDay Online Japan 2020』に代表小笹・取締役塚本が選抜されました!

みなさん、こんにちは!
アンチパターン採用・広報担当です!

このたび、アンチパターンより代表小笹・取締役塚本の2名のソフトウェアエンジニアが、今年も開催される「AWS Dev Day Online Japan 2020」のスピーカーとして選ばれました!

今回の記事では「AWS Dev Day Online Japan 2020」や小笹・塚本の登壇内容についてご紹介させていただきます。

_そもそも「AWS Dev Day 2020」とは?

新たな時代を拓く開発エンジニアのためのテクニカル カンファレンス

_「AWS Dev Day 2020」の詳細について

開催日時
2020年10月20日(火)~22日(木)

参加費
無料

タイムテーブル     
10/20(火):10:00 ~ 18:05      
10/21(水):10:00 ~ 18:00
10/22(木):10:00 ~ 17:30

開催形態
オンラインにてライブ配信

主催
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

協賛
インテル株式会社

_「AWS Dev Day 2020」に登壇する小笹・塚本について

セッションテーマ:アンチパターンから学ぶクラウドアプリケーションとアジャイル開発の相乗効果!

10/20 13:25-14:05 Track C-3

セッション概要:
ソフトウェアを中心とするビジネスが隆盛を極める昨今、アジリティを高めてソフトウェア開発を進めていくことは、どの事業領域の企業にも求められています。その手段としてクラウドを積極的に活用することはとても重要です。では、何故アジリティを高めるためにクラウドを活用するのが良いのでしょうか、逆にクラウドを活用しているのにアジリティを高められていないとしたら何が起きているのでしょうか。登壇者が実際に体験/見聞きしたアンチパターンを共有することで、クラウドの可能性を感じられるはずです。

講師:株式会社アンチパターン 代表取締役 小笹

ソフトウェアエンジニア兼CEO。 立教大学卒業後、B2Bマーケティングの会社に新卒入社。未経験からソフトウェアエンジニアに転身し、Webアプリケーションの開発に従事。 その後、技術開発本部長として、マネージメント業務に携わる。2019年7月「日本のソフトウェアエンジニアを憧れの職業へ」という理念を胸に、株式会社アンチパターンを創業。

セッションテーマ:マルチテナントデータの再構築(AmazonRDS for PostgreSQL )

10/21 13:10-13:40 Track F-5

セッション概要: システム更改時に実施したデータベースの性能改善について。 複数データベースの統合、及びスキーマ統合によりパフォーマンス改善に挑戦しました。


講師:株式会社アンチパターン 取締役 塚本

取締役兼ソフトウェアエンジニア / ASP 版グループウエア、官公庁で使用されるアプリケーション開発を担当、チームリーダとしてマネジメントにも従事。 現場主義のため、マネジメントの傍ら様々な言語に触れプログラミングを行う。

▲塚本の過去インタビュー

_最後に代表小笹より

ソフトウェアエンジニアとして自分が持っている知識を他のエンジニアに共有することで、業界全体の知識の底上げや、これからクラウドを活用してソフトウェア開発に取り組もうとしている人の背中を押すことができればと考えました。

新型ウィルス感染症拡大の影響を受けて、色々なイベントが開催できずにいましたが、少しずつオンラインで知識の共有ができる場が増えてきている中において、しっかりと自分たちの経験をみなさんに共有し、「日本のソフトウェアエンジニアを憧れの職業へ」に邁進できればと考えています。

応援のほどよろしくお願いいたします。

「AWS Dev Day 2020」は10月20日~22日(木)の3日間です!多くの方へアンチパターンを知っていただける好機と私たちは考えております。今年の「AWS Dev Day」はオンライン開催とのことなので、ぜひ読者の皆さまもお気軽にご参加いただけると幸いです!

後日、Wantedlyのストーリーでカンファレンスのレポートもお届けしますのでお楽しみに!いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

株式会社アンチパターンでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう