1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

[社長インタビュー 前編]ビズメイツ設立エピソード、会社に込めた想い、今後のビズメイツが目指す姿について聞きました|代表取締役 鈴木伸明

みなさん、こんにちは。
ビズメイツ人事の亀田(カメダ)です。

今回は、社長の鈴木にインタビュー。これまでのキャリア、会社設立時のエピソード、今後のビズメイツへの想いなどを聞いてきましたので、前編・後編の2回に分けてお届けします。今回は前編です。

#この記事に登場する人
代表取締役社長 鈴木 伸明:
2000年、青山学院大学経済学部を卒業後、金融事業会社を経て、2007年ヤフー株式会社に入社。モバイル事業部、R&D統括本部にてKPI分析、事業計画策定などに従事。2009年ベルリッツ・ジャパン株式会社に入社し、社長室アシスタント・マネージャーとして経営企画業務全般を担当。その後同社のWEBマーケティングおよび法人マーケティングの推進リーダーを歴任し、2012年6月、同社を退社。同年7月にビズメイツ株式会社を設立、代表取締役に就任。


大学生活とファーストキャリアについて

「周りよりも抜き出でてやろう」そう思ってスタートした社会人生活


-早速ですが、鈴木さんのこれまでのキャリアや学生時代のことをお聞きしたくて。まずは、学生時代のお話を伺ってもよろしいでしょうか?


鈴木:
アルバイトと本に熱中した大学生活でした。
当時一番興味のあった「経済」について、経済学部に通っていたにもかかわらず、学問を学ぶよりも実態を知りたいと思って授業よりも本を読むことに熱中していました。(笑)他には、当時はちょうどインターネットが普及してきた時期で、パソコンを購入しインターネットを繋いで色々な操作を試す…ということもやっていましたね。


-当時「社会人になったらこうなりたい!」など、何か考えていらっしゃいましたか?

鈴木:
ありましたね。「社会人になったらガッツリ働こう!周りよりも抜きん出てやろう!」と意欲的だったと思います。社会人のスタートダッシュをきりたいなと思っていたので、その為にも学生時代は思いっきり遊んでいたかもしれません。笑
学生さんに、大きな声で言える話ではないですね…(笑)





-ちなみに、就職活動はどのようにされていたのですか?


鈴木

先ほどもお話した通り、当時興味があったのが「経済」だったので保険会社や証券会社など金融系の会社を多く受けていました。幅広く企業を受けている中で、先物取引やFXを取り扱う会社に出会い、入社することになりました。


-金融に絞っていたんですね。その中でも、どうしてその会社に入ることに決めたのかお聞きしてもよろしいですか?


鈴木
結論から言うと、人事の方から物凄い熱意で誘われたことと、その人自身の人間性が凄く魅力的だったので「惹かれた」という感じですね。「抜きん出でてやろう」、「埋もれたくない」といった気持ちが強かったので、周りの友人があまり選んでいない先物取引の会社に入社をしました。

当時は2000年の就職氷河期。求人倍率も史上最低といわれていた時期だったので、そんな時に物凄い熱意で声をかけてくれる人事の方のスタンスに惹かれた部分が大きかったかもしれません(笑)


ーなるほど。ということは「成長×人」という形で決めたんですね。当時の配属や仕事内容についてもお聞きしたいです。

鈴木
最初の配属は、管理担当役員の直轄部署でした。同期のほとんどは営業部門に配属なのですが、自分は内定の時点で管理部門へ配属されることが決まっていたんです。その部署ではオーナーや役員向けに管理部門の状況が分かる報告書を作成する仕事などをしていました。

でも、新卒で入社していきなりそんな仕事だったので「現場が見えない…」というのが悩みで。上司に相談をしてコンプライアンス部門へ異動し、その1年後には長野支店に行くことになりました。長野支店は管理部門4人、営業20人程度の組織で、管理部門としては最も現場に近い環境だったので、泥臭い仕事も沢山ありましたね。
ただそんな経験が、起業の際にはとても役立ったと思ってます(笑)

そんなある日、社長が長野支店に訪れる機会があったのですが、長野支店のメンバーが自分のパフォーマンスをその社長にすごくアピールしてくれたんです。その時に気に入られたこともあってか、その数か月には本社に戻され、社長直下の部門で働くことになりました。

元々Excelや数字を扱うのは得意で、データを用いて、その分析結果をどんどん社長に報告、提案するようにしていましたね。データは事実でしかないのですが、その分析結果に基づいた仮説には私見や恣意も乗せることができ、そうした提言が社長を通じて”会社をダイナミックに動かす”こともしばしばありました。この頃は、自分が間接的に会社を動かしている感じが面白くてたまらなかったですね。


Yahoo!への転職。感じたジレンマとは

-その後、Yahoo!に転職されていますよね。転職理由やお仕事内容をお聞きしてもいいですか?

鈴木
インターネットビジネス、特にモバイルの将来性に魅力を感じて転職を決めました。当時はガラケーが主流で、色々とガラケーのコンテンツが出始めた頃でした。

「パーソナルツールである携帯電話でインターネットをする時代がくる!」というタイミングで、自分もその領域において専門性を高めたいと感じたんです。

Yahoo!では、モバイル事業部に配属され、事業部の経営企画担当として100以上のサービスのKPIを分析したり、事業計画策定や経営報告書を作成したりしていました。「どういうサービスにポテンシャルがあるか」、「モバイルならではのサービスとは」を経営視点とサービス企画目線で考えるのが楽しかったです。

ただ、ちょうどiPhoneが日本に上陸し、これからますます盛り上がっていくであろうインターネット業界で仕事をしていくことにワクワク感もあったのですが、当時Yahoo!はすでに約3,000名の社員が働いている大企業だったので、最初の会社のような”会社をダイナミックに動かす”経験をするのは難しかったんですね。そうしたやりがいを求めて、Yahoo!は約2年働いたのちに転職することにしました。



ベルリッツへの転職

オンライン英会話サービスとの出会いと感じた課題

-ビズメイツの創業者は全員ベルリッツご出身ですが、鈴木さんはYahoo!退職後にベルリッツに入社されたんですよね?

鈴木
はい。先ほどお話ししたような軸で転職先を探していたところ、着任したばかりの当時のベルリッツの社長さんが、自分の右腕となる社長室のポジションを募集していたんです。転職エージェント経由で応募したところ、あっという間に内定を頂き、エージェントへ登録してから1ヶ月後にはベルリッツで働いていました(笑)

-ベルリッツでは具体的にどんなことをされていたんですか?

鈴木
当時のベルリッツは、リーマンショック後で業績が低迷していた時期だったのですが、社長と一緒になって業績向上させるべく、かなり広範囲に仕事を任せてもらってました。入社して約半年は常に社長と行動を共にして、全国の各教室を回っての次年度の予算策定やKPIの整備・見える化、当時一番大きな課題だったWEBマーケティングの強化等、やりがいのある仕事に携わることができ、すごく良い経験でしたね。役職的には中間管理職だったのですが経営会議に参加させてもらったり、法人マーケティングも任せてもらってました。

ベルリッツでは社員割引を利用してレッスンを受講していましたが、とても良いサービスと感じてました。ただ、周りの友人から「英会話スクールどこがおすすめ?」と聞かれた際、ベルリッツをおすすめしたい気持ちはあるものの、「ちょっと高いんだけどね・・・」と付け加えて紹介をしていたんです。
オンライン英会話サービスもいくつか立ち上がり始めていたのですが、当時は「安かろう」のイメージが強く、価格とクオリティの両面で自信をもって勧められるサービスは、当時存在していなかったんですね。

そんな中、3.11(東日本大震災)という大変ショッキングな出来事があり、都内の交通機関はマヒして教室に通うことすらもできなくなってしまう状況に陥りました。
当時のベルリッツの会長が「これからは英会話をオンラインで学ぶ時代」という方針を打ち出し、自分もマーケティング担当として売上向上に携わる中で、自分だったら「こんなビジネスモデルにするのに」、「こういうコンセプトのサービスがあるといいなぁ」と思い描いたサービスが今の『Bizmates』なんです。

「こんなサービスなら、ぜひ自分がやりたい。友人にも自信をもってお勧めできる」と。

いかがでしたか?前半はここまでです。後半はこちらからご覧ください。

[社長インタビュー 後編]ビズメイツ設立エピソード、会社に込めた想い、今後のビズメイツが目指す姿について聞きました|代表取締役社長 鈴木 伸明 | ビズメイツ社員インタビュー
みなさん、こんにちは。ビズメイツ人事の亀田(カメダ)です。 ビズメイツは「もっと多くのビジネスパーソンが世界で活躍するために」というゆるぎないミッションのもと日々事業展開をしています。約3年で社員は7倍に増え、国籍や経験など様々なバックグラウンドを持ったメンバーが働いています。 今回は、社長の鈴木にインタビュー。後編です。 ...
https://www.wantedly.com/companies/company_9007830/post_articles/287365

ビズメイツ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

【英語×海外事業】新規事業|海外アライアンス開拓リーダー
【英語×海外事業】新規事業|事業企画、アナリストリーダー
【英語×海外事業】新規事業|営業マネージャー候補
【Bizmates】カスタマーサポートリーダー
【Bizmates】フィールドセールス(東京)
広報リーダー

ビズメイツ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング