This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【若手社員インタビュー】人材ビジネス未経験からビズメイツへ入社した理由

みなさん、こんにちは。
ビズメイツ人事の岩崎(イワサキ)です。

ビズメイツで働くメンバーにスポットあてて、これまでの経験や活躍、そして入社への想い。
これらを社員インタビュー記事として連載していきます。

今回はタレントソリューション事業部(Gtalent)でRA(リクルーティングアドバイザー/法人営業)として働いている柏崎のインタビューを紹介します。

私のほうが年齢は上ですが、柏崎とは同期入社なんです。

ーーでは、いきなり本題ですが、どうしてビズメイツへ?


柏崎:

えっ?いきなりですか?(笑)
なんか大学時代の話からとかどういう経緯で・・みたいなインタビューを期待してたんですけど。

ーーでは、まずは学生時代の話を伺えますか?


柏崎:

それですよ、それ(笑)
大学は体育会部に所属していただんですけど、とにかくマラソンに明け暮れてました。朝5時半に起きて12km走り、午後は25km走る。みたいな生活を週5土日も練習という流れです。

岩崎:
うん、イメージ通りだわ。就活はしたの?

柏崎:
はい、普通に就活もして内定も2~3社いただきました。ただ、今就職しなくてもいいかなとも思ったんです。学生時代は部活に明け暮れていて、アルバイトもほぼ出来ませんでした。旅行も行けて国内1泊2日。なんか狭い環境だったなと感じたんです。いざ就職活動となっても、「これがしたい!」みたいなのが出てこなかったんですよね。

ーー留学しようと決意した理由は?


柏崎:

とりあえずは色々な人に会ってみたい思いがありました。また、体育教員免許は取得していたので、英語の話せる体育の先生ってなんだかかっこいいじゃん!みたいなノリもあります(笑)

岩崎:
どれくらい滞在したの?

柏崎:
約3年間行ってました。そのうち最初の6ヶ月間は語学学校に通い、働いたのは2年半くらいです。

ーーカナダでの仕事を教えてもらえますか?


柏崎:

カナダにいる日本人に対しての働き先を見つける仕事なので、今の仕事に近いですね。アポを取って、こういう日本人がいるのですが、ただ働きでもいいからどうですか?という提案をしてました。その仕事が好きだったからこそ、今があるかもしれないです。カナダでは日本人を、今日本では外国人を紹介するみたいな。まるっきり逆になりましたが(笑)

ーーどうしてビズメイツへ入社しようと?


柏崎:

ビズメイツの事は前から知っていたんです。周りに利用している人がいたり、海外へ行く前に力をつけるために受講していた人もいました。
少し偉そうな言い方ですが、留学をした身からすると、日本の英語学習って「そこ本当に重要か?」というところまで勉強していてすごく無駄が多いなと感じていたんです。それに比べてビズメイツのカリキュラムはシンプルで実践的なので、すごく印象に残っていました。

岩崎:
そうだったんだね。やっぱりグローバルキャリアを目指す人には有名なサービスだね。

柏崎:
そうですね。そのビズメイツで募集をしていたのが、外国人ITエンジニアと日本企業をマッチングする仕事。今までは日本人を海外へ送り出していましたが、それとは違うベクトルで「海外の方を日本企業へ、ビジネスパーソンに広い視野をもたらす」という業務が魅力的に思えました。
また、面談をしていただいた高比良ディレクターの人柄に惹かれたのも大きかったです。

ーー現在の仕事内容と職場環境を教えてください


柏崎:

企業へ訪問し、人事の方と採用したい人材についてのヒアリングを行っています。また、それをもとにキャリアアドバイザーの方と相談して、マッチしそうな人材を探して紹介する。というのが主な業務です。それ以外ですと新しく企業を開拓するためにネットワークを広げる活動も行っています。

入社して良かったと思ったことは、訪問先の人事の方からBizmates(オンライン英語)の事について聞かれることもあるんです。その時に社内同士で連携を取れ合うのも良いなと思います。また、私は新しい人と話すことが好きなので、事業・業種を問わず企業の方とお話できるのは楽しいです。

職場環境はベンチャーだけど落ち着いているので、大人ベンチャーでしょうか。
一人一人の仕事をするスペースも広く、椅子もハーマンミラー社の物で座り心地が良いです。
また綺麗で良い匂いがするオフィスなのでとても働きやすい環境だと思います。

出社時間や退社時間、昼休憩もある程度自由ですし、基本的に残業せずに帰れます。もちろん作業に集中したいときは残ってやりますし、予定がある場合は全然帰宅できるので、非常にバランスは取れている思います。海外の方たちもいる会社なので何事もフラットですね。

ーー今後の自身のビジョンを教えてください


柏崎:

「語学ができるエンジニアならG-talentだよね。」といったブランディングを各企業の採用担当の方に思ってもらうのが目標です。少なくとも、国際色豊かな企業の人事担当者の方にはパッと浮かんでもらえるようなサービスにしていきます。また私たちは、企業の人材課題を解決するコンサルタントとしての側面もあるので、ただ人材を紹介するだけではなく、抱えている課題を真に理解した上で「本当はこういう条件や人材も必要なのでは?」と解決策を提案できるように成長したいと思っています。

いかがでしたか?
もし少しでも気になったら、ぜひ気軽に当社に来てみてくださいね。

ビズメイツ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
【若手社員インタビュー】人材ビジネス未経験からビズメイツへ入社した理由
岩崎 政典
ビズメイツ株式会社 / 人事マネージャー
3 いいね!
3 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう