1
/
5

新人材育成制度確立に向け、プロジェクト進行中!

こんにちは!ブランディング企画室の石井です。


私たち大和グラビヤは、新しい人材制度作りに着手しています。
「新人材育成制度」と銘打ち、今年の2月頃からプロジェクトを立ち上げ、相当の時間をかけてメンバーとディスカッションを繰り返しています。

会社の風土を一新するような、社員のためのあらゆる制度を作成中です。

例えば人事考課制度、採用制度、人材育成制度…等々、社員がより働きやすく、より成長できるような制度に作り変えようとしています。
ご縁があってこの会社に集った仲間達と、「どんな会社にしよう?」「こんなワクワクするチームにしたい!」と考え、プロジェクトメンバーを中心にかなり本気で取り組んでいます。


同時に、とても私たちにとってラッキーなご縁ができました。

素敵な先生との出会いです。

その先生とは、(株)ロジックアンドエモーション代表取締役、そして(株)AOD取締役CKOを同時に務めていらっしゃる、佐々木繁範先生です!

佐々木先生のプロフィールはコチラ!

佐々木先生は、アドラー心理学をベースにした組織開発に取り組んでいらっしゃる方で、今回ご縁があり、弊社の取り組みにご協力いただけることになりました。


また改めて詳細をお伝えしたいと思いますが、4月より佐々木先生を講師にお招きし、ワークショップを始めています。

今進めているワークショップのテーマは、「職場共同体感覚」について。

職場共同体感覚とは?
働く社員が、職場で自分らしさを発揮でき、自分の居場所を感じられるような感覚のこと。職場共同体感覚が高い職場では、幸福感が上がり、協創的な風土が醸成されやすいと言われています。

まず最初に、3月初旬に行った全社員対象のアンケート結果を分析し、社員の仕事に対するモチベーションや、取り巻く環境など、様々な項目ごとに数値化して現状把握をしました。

そして「社員の幸せの実現=会社の永続的な発展」という考えのもと、まずは社員の幸福の土台となる「職場共同体感覚」を高めるにはどうすればよいか、そもそも「職場共同体感覚」とはどんな感覚なのかを、自ら体験するグループワークを織り交ぜながら学んでいます。

ワークショップで学んだことを受講者がそれぞれの職場に持ち帰り、日々実践している最中です。


ワークショップで学ぶ内容は目から鱗のようなことだらけです。
しっかりと体感し、学んだ内容を社内で広げていきます。

まずは、仲間との関係性を見直し、働くことについて改めて考えることで、今まで見えてなかったところに行ける気がするのです。

人事育成「制度」って聞くとルールみたいに感じられるかもしれませんが、流行や制度じゃない、なんとなく「文化」あるいは「心の芯」のようなものが醸成されていくような、そんなイメージを大切にしています。

プロジェクトやワークショップの取り組みについては、今後またお届けしていきます。

進捗を楽しみに待っていてください!

大和グラビヤ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう