1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

サテライトオフィスで働き方改革

こんにちは。ブランディング企画室の石井です。

10月も、もう最終週…。ということは、もうすぐハロウィンですね!

毎年賑わっていた栄のハロウィンイベントもオンライン開催になるなど、今年は各地のイベントも形を変えつつあります。

そんな中、弊社では最近、サテライトオフィスでハロウィンの飾り付けを行いました。

そもそもサテライトオフィスとは、企業の本社から離れた場所に設置されたオフィスのこと。

(本社の“サテライト=衛星”のように存在する、という意味だそうです。)

コロナ禍で働き方改革が進む中、注目されているオフィス形態の1つでもありますよね。

一箇所に大勢の人が集まる従来のスタイルに比べて、何ヶ所かに人が分散することで「密」を回避する効果もあります。

本社が千種駅近くにある弊社は、9月から久屋大通駅近くサテライトオフィスを設け、運用をスタートしました。

(スタートしたばかりの9月のサテライトオフィスの様子。まだ殺風景でがらんとしています。)


固定メンバーは5~6人程度で、常にソーシャルディスタンスを確保できる少人数で勤務をしています。

これを書いている私も、9月からサテライトオフィスで勤務しています!

さて、冒頭の話に戻りますが、最近サテライトオフィスをハロウィンバージョンに飾り付けしました!

引っ越してきた当初の殺風景な様子とは打って変わって、オフィスが一気に華やかになりました!

ゲストが来ても迎えやすい雰囲気です。

実は、弊社がサテライトオフィスをスタートさせたのにはもう1つ理由が…。

昨今、リモートワークや在宅勤務など、場所に制限されない働き方が広がっています。

弊社のサテライトオフィスは、一応固定メンバーはいるものの、基本的には社員誰でも使ってOKです。

というわけで、弊社がサテライトオフィスをスタートさせたのには、働く場所や働き方の選択肢を広げるという理由もありました。


しかし、最近まで引っ越し後の荷物の整理や、収納棚の組み立て等々に追われ、誰かが来ても落ち着いて仕事が出来る状況が整っておらず、あまり活用できていない状況でした。。

そこで!今回のハロウィンに合わせて、飾り付けはもちろんのこと、ゲスト用のテーブルやネット環境などを整え、誰が来てもストレスなく作業できる環境を用意しました。

(ゲスト&休憩用にテーブルを用意し、仕事できる環境を整えました。)


ハロウィンの飾り付けもして、アットホームで明るい雰囲気となったサテライトオフィス。

今後は、「外出ついでにサテライトに寄って少し作業していこう」とか、「在宅だと集中できないから、サテライトでリモートワークしてみよう」とか、あるいは「ちょっと作業が煮詰まってきた…。本社からサテライトに場所を変えて集中し直そう!」など、色々な使い方が出来るはず!

サテライトオフィスは本社に比べて少人数なので、リラックスして作業出来ますし、集中しやすいメリットもあります。

ティーバッグやお菓子もたくさんありますしね。

これからは全社員のリモートワーク場所の選択肢の1つとしてだけでなく、交流の場だったり、イベント等の場にも使えそうです。

もっともっと有効に活用していきたいと思います!

大和グラビヤ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう