1
/
5

コンサルティング会社出身の私が17LIVEに入社した理由とは

こんにちは!
17LIVE株式会社のElenaです。
今回は、コンサルティング会社出身のRyotaさんにインタビューを実施しました。
ぜひご覧下さい。

◆今までの経歴

慶應義塾大学を卒業後、某大手経営コンサルティング会社に新卒入社し、都市エネルギー企業のデジタルマーケティング戦略立案、基本構想策定からシステム導入後の保守運用支援まで各工程を経験しました。その後、 4大監査法人にデータアナリスト兼コンサルタントとして転職し、SQL、Rを使用したデータ分析プロジェクトや社外関係者数十社・地方自治体等も巻き込んだ省庁案件のプロジェクトマネジメントなどに携わっていました。

◆17LIVEへ入社した理由

私が、17LIVEに入社した理由は2つあります。
まず、ライブ配信という正解の無い新たな市場の中で、あるべき像を議論しながら高速で試行錯誤できそうだと思ったためです。コンサルティング会社では、案件によるものの「助言」「支援」といった入り方になることも多く手触り感が弱かったり、プロジェクト組成時の前提/制約に縛られたりして歯痒さを感じる場面がしばしばありました。そのなかで私は、ユーザーやステークホルダーのために「あるべき像」を議論しつつ試行錯誤できるスピード感やカルチャーのある環境を求めており、ライブ配信という正解のない新たな市場において、手探りで課題分析・施策検討ができる17LIVEは私の求めている会社像に近いと思いました。

また、2つ目にタイミングとご縁を感じたことです。最終面接でCOOのShigetoから「COO Officeを立ち上げて行きたいと思っていた。面白い経験をしていて求めるスキルセットに近いから一緒に働こう」と声をかけてもらい、その時に「タイミング」と「ご縁」を感じました。経験豊富なCOOの下で意思決定のプロセスに携わることができることに加え、COO Officeの立ち上げという2つの大きな経験ができる機会は得ようと思っても得られるものではないため、飛び込んでみようと決意しました。

◆現在の業務内容

現在はCOO Officeで全社横断の経営データ分析等の経営管理業務を担当しています。また、それだけでなく、一歩踏み込んだ立場から、ライバーやライバー事務所と対峙してコンテンツの根幹を支えるBusiness Developmentチームで事業推進、施策効果検証、プロジェクトマネジメントなど幅広い業務に携わっています。

◆魅力に感じること

全員で正解や定石を探りながら進められるということです。プラットフォーム上でのコンテンツ提供者がライバーという「人」であるため、同じような配信でも常に色々な変化があるということに加え、業界・企業としてまだまだ成長段階にあり、よくある「業界の正解」「業界の重鎮」が存在しないため、非常に面白いフェーズであると考えています。自分自身で勝ちパターンを見出せれば、「〇〇の法則」や「〇〇のマジックナンバー」などと後世に語り継がれる可能性も十分にあります。また、17LIVEはプラットフォーマーとしてアプリを運営しているため、データ量が豊富であることに加え、台湾のデータサイエンティスト/データエンジニアがパイプラインやダッシュボード作成・整備なども行ってくれており、前処理などの時間を短縮して意思決定に必要なデータ抽出・分析に専念できる点もデータ分析スキルのある方にとって非常に魅力的であると考えています。

◆ギャップに感じたこと

働き方の面で、業務は定時内で終わらせ、決められた時間の中で成果を出すというカルチャーが良い意味でのギャップでした。業務量は少なくありませんが、時間で量をカバーする、という働き方ではなく、いかに生産性高く業務をこなしていくかが求められていると思います。一方で、組織としてまだまだ未成熟な部分な点や、仕組み化出来ていないことが多い点については、入社前から想像していた通りでもあったので、これから急成長していく中で、私個人としてもCOO Officeとしても、改善に貢献できる領域は多くあると感じています。

◆今後の目標

急成長を続ける上での問題を解決していくことで、事業の成長やユーザー・ライバーの皆様に楽しんでいただけるサービス開発に貢献していきたいと考えています。イチナナは多様なバックグラウンドをもった魅力的なメンバーが集まっており、専門性やクリエイティブな発想などは敵わないなと感じる方ばかりです。他方で、全員が攻め続けて急成長を続けていると、どこかで必ず歪みが生じ、経営・事業課題が生まれることは他社含めて起こりうる事象だと思います。私はコンサルティング会社で「問題を解決すること」の難しさと面白さを経験しているので、今まで培ってきた問題解決力×データ分析力の掛け合わせで事業の成長をドライブしていきたいと思います。

17LIVE株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング