1
/
5

絶対後悔させません!採用見送りでも電話でフィードバックをする人事の熱い想いとは?

こんにちは!Flat Holdings広報担当です。
今回は人事戦略本部 人財開発・採用課で主に中途採用を行っている田中さんに、インタビューしてきました!
キャリアアドバイザーから一企業の採用担当になった田中さん。究極の”寄り添う人事”の仕事に対する熱い想いとは?

ープロフィール

田中 慎之介 / Tanaka Shinnosuke
Flat Holdings株式会社 人事戦略本部 人財開発・採用課 中途チーム


前職の経験を生かして、求職者の方を伴走する。

ー業務内容を簡単に教えてください。

田中:CALL FORCEの中途採用を担当しています。採用媒体の運用や、様々な場所へと出向き実際に多くの方と接触して採用に結びつける”ダイレクトリクルーティング”も行っています。採用媒体へお金を支払い、候補者の方へスカウトメッセージを送るというやり方が主流ですが、私が行っているダイレクトリクルーティングの場合は、SNS等を駆使して直接候補者様へお声がけし採用に繋げるという手法です。費用をかけずに採用ができる人事になるために猪突猛進しています。


ー前職はキャリアアドバイザー、現在は一企業の中途採用をメインとしていますが、違いを感じる点はありますか。

田中:現在は会社の窓口や顔となって採用活動をするので、自分が会社の鑑として魅力の普及をするという点が一番大きな違いかと思います。ですが、人事もキャリアアドバイザーも求職者の方を伴走することが大切だと思うので、考え方の面では違いは無いです。人に寄り添う、人にきっかけを与えるという根本的な部分は変わらず、目の前の人のためになりたいという想いで人事をしています。


ー田中さんは合否に関わらず面接を受けてくれた全ての方に対し、お電話でフィードバックされていますよね?

田中:していますね。せっかくであれば当社に応募したことを一つの経験にして欲しいという想いのもとフィードバックというかたちをとっています。勇気を振り絞って応募してくる方もいらっしゃるので、そういった方たちに対して少しでもメリットを感じてほしいと思っています。候補者の方々もわざわざ時間を割いて面接しに来てくださっているので、ちょっとした恩返しという感覚です。


ー主にどのようなフィードバックをしているのか教えてください。

田中:「ビジョンが明確ではない」や「内向的で前のめりでは無い」という不合格要因も包み隠さずお伝えしています。ですがそれだけではなく、候補者の今までの経験と今回のフィードバックを踏まえて次に向けた改善策まで一緒に考えるようにしています。例え当社とご縁が無かったとしても繋がりは大切にしたいなと思います。いい意味でみんな友達だと思っていますね(笑)一緒に働かなくても伴走していきたいという感覚です。


ー田中さんは候補者の方に対して面接前にアドバイスなどをしているイメージがありますが、どんなお話をされているんですか?

田中:面接前に2~3回は候補者と連絡を取ります。珍しいのかもしれませんが、私の中では当たり前で、そういった部分でキャリアアドバイザーの経験が生きているのだと思います。せっかく応募してくださったので後悔してほしくないという想いがあります。部長や社長との面接の前にもアイスブレイクといった形で面接のポイントをお伝えすることがあります。候補者の方に合わせてアドバイスすることはもちろんのこと、面接後に今回の面接で気になったポイントを次回の面接でどう活かせるかということもお話しすることが多いですね。



採用は恋愛と一緒?応募ボタンを押した瞬間から始まるストーリー

ー田中さんがやりがいを感じる瞬間はいつですか?

田中:「田中さんに出会えて良かった」と言われることももちろんですが、この会社に絶対入社して頑張りたいですという気持ちを伝えてくれると嬉しいです。それを言葉にして伝えられる関係であることもやりがいに繋がりますし、相手の本音を聞き出せた時が一番嬉しいです。

個人的に採用は恋愛と一緒だと思っています。
『応募』=『出会い』
『面接』=『デート』
『入社』=『結婚』

「うちの会社はイケてるから、入社するなら今だよ!」とは言わず、「表面上は良く見えていても、実際は大変ですよ」と最初から正直に伝えます。自分のことも「人事としてはまだまだ未熟なので、力を貸していただきたい。」と言います。ありのままの現実を伝えて、それでも相思相愛になれたら“結婚”、つまり入社をしてほしいと思っています。
誰かに依存するのではなく会社に魅力を感じて欲しいので、私の魅力と会社の魅力がうまくかけ合わさるといいのかなと思います。


ー面接の時にこういうところが意外と見られているよというポイントはありますか?

田中:オンライン面接が主流になってきているので、Zoomなどの背景を選択しているとしっかり準備しているんだなと感じます。背景も身だしなみの一つとして考えていただけるといいのではないでしょうか。また、質問をたくさんしてくれる方は会社に興味を持ってくれているんだなという印象があるのでそこも一つのポイントです。そして何よりも自分の考えなどを言語化しアウトプットできると良いと思います。


ー今後の目標を教えてください。

田中:業務上の目標はもちろん、私の面接スタンスが当たり前になって”寄り添う人事”がもっと増えて欲しいです。そこが増えると仕事を面白そうと思ってくれる人も多くなるのではないかと思います。あとは何かあったら相談できる窓口になりたいですね。実際に当社とご縁がなかった方からも後々連絡がくることが多く、応募ボタンを押した時からストーリーは始まっているんだなと思います(笑)
根本は「人を幸せにしたい、きっかけを作りたい」という想いがあって、それで自分も幸せになれます。今後も誰に対しても親切にすることを心掛け、「この会社の人事は良かった!」と会社の鑑として会社の魅力の一つになっていきたいです。

田中さんインタビューのご協力いただきありがとうございました!
日常の中で候補者の方の相談に乗っている田中さんの姿をよく見ます。応募を悩まれている方もお気軽にご連絡ください!

以上、社員インタビューでした!また来週会いましょう!

Flat Holdings株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング