1
/
5

強く自立した女性でいたいと思い、Flat Holdingsへ…。経理課をまとめるリーダー2人の対談インタビュー

こんにちは!Flat Holdings広報担当です。
今回は第一経理課のロジャースさんと第二経理課の中神さんに、女性リーダーのとしての働き方を伺ってきました!

ープロフィール

ロジャース 伶美 / Rogers Reimi
Flat Holdings株式会社 経営戦略本部 第一経理課 GL(グループリーダー)
中神 奈月 / Nakagami Natsuki
Flat Holdings株式会社 経営戦略本部 第二経理課 GL(グループリーダー)

大切なのはエビデンスを残すこと!責任のある仕事だからこそ、ミスは未然に防ぐ。


ーそれぞれの業務内容を教えてください

ロジャース:入出金の管理や請求書、支払明細書の作成などを行っています。また、Flat Holdings、エバーバンク、CALLFORCEの三社間でのお金のやりとりの管理もしています。
中神:エバーバンクのプロダクトを利用いただいているクライアント様への請求書発行が主な業務です。その他にも資金繰り表の管理、入出金の管理、PLの作成、さらに営業事務もやっています。現在はFlat Holdingsの総務業務も担っているので業務内容は幅広いです。


ー他部署との連携が多い仕事ですが、その中で心がけていることがあれば教えてください。

ロジャース:一番意識していることは連携と確認ですね。当たり前のことではありますが、少しでも疑問に思ったら必ず確認するようにしています。うろ覚えな情報や些細なことが大きなミスへと繋がりかねないので、全てチャットワークなどで確認しています。
中神:私も同じです!口頭で伝えられたことを後でチャットに送ってもらうように依頼したり、文字(チャット)で確認することでエビデンスを残し、お互いが後々遡れるようにしたりしています。
ロジャース:それぞれの業務で手一杯の時もあるので、相違がないように文字で残すことは大切にしています。


ーお2人ともグループリーダーという立場ですが、チームメンバーとコミュニケーションを取るうえで心がけていることはありますか?

ロジャース:私は一日一回人を笑わせることをモットーにしているので、常に明るくフランクに接することが多いです。もちろんビシッと締めるところは締めてメリハリを大切にしています。
中神:第二経理は、在宅勤務のメンバーも多いからか自然と個々でコミュニケーションを取っているなと思います。Discordなどを活用して他愛のない会話をしたり、バラバラな場所で働いていてもコミュニケーションを大切にするメンバーが揃っています。


ーグループリーダーになり、何か変わった点はありますか?

ロジャース:グループリーダーになる前と比較すると、課全体の期日やタスク管理を意識するようになりました。以前は自分のタスク管理をするだけでしたが、メンバーの業務の進捗やメンタル面はもちろん、会社全体を意識するようになりました。
中神:私も同じですね。全員分のタスクを意識するだけではなく、モチベーションの維持についても考えるようになりました。在宅のメンバーが多く、物理的に見えない部分も多々あるので、いかにチームみんなでモチベーションを維持していけるかを考えています。今はまだ手探りな部分もあるので、他のグループリーダーと集まって情報交換したいですね。


ー経理をするうえでこのスキルがないと辛いなというものはありますか。

ロジャース:私たちは二人とも未経験だったので現在も手探りでやっている状態です。なので知識面で大変だと思うことがほとんどです。
中神:わかる!(笑)外部の方に教えていただく中で専門用語が沢山出てくるので経理の基礎知識が特に必要ですね。
ロジャース:会計士の先生が決算処理の内容をお話ししてくださるのですが、知らない専門用語を頭に詰め込みすぎて疲れることもあります(笑)基本的な実務に関しては簿記3級の知識さえあればある程度できると思います。


ーどのような人が経理に向いていると思いますか。

中神:細かい作業や、字などをずっと見ていられる正確性のある人には向いているのではないでしょうか。
ロジャース:基本数字に疑問を持てる人は向いていると思います。複雑そうに感じるかもしれませんが、ぷよぷよやテトリスなどのパズルゲーム感覚でやると楽しみながら仕事ができると思うのでおすすめです!(笑)


「女性」として「リーダー」として…。2人の目指す働き方とは?

ーお二人とも中途入社ですが、入社の決め手はなんですか?

ロジャース:私は紹介で入社しましたが、この先自分がずっと安心して働ける会社を探していました。面接時からすごく風通しのいい会社だと感じたので入社を決めましたね。
中神:私は一人でも生きていけるような会社を探していて…(笑)性別や経歴に関係なく、がんばり次第で昇給/昇格できるという点が魅力的に感じました。女性は結婚や産休など何があるか分からないので、そういったことに柔軟に対応できる会社だったのも決め手ですね。
ロジャース:私も誰かに頼ってばかりではなく、一人で生きていく術を身に付けなくてはいけないなとは思って転職活動していました!(笑)


ー入社後のギャップはありましたか?

中神:スピード感のある企業でありつつ、まだ整っていない部分もあるので、これから自分の力でも変えていけるのではないかという印象はありました。
ロジャース:良いギャップですが、風通しの良さは想像以上でした!社歴に関係なく意見が言いやすいことは本当にこの会社のいいところだと思います。
中神:年齢が近いというのもあって話しやすいのかもしれないですね。社長直々に分からないことを聞きにくることもありますよ!(笑)


ー今後の目標を教えてください。

中神:課長になるための知識などを外部の先生方から吸収し、「経理課長をやってます!」と胸張って言えるレベルになりたいです。今は目の前のことに全力で取り組んで、知識を習得できればいいなと思います!
ロジャース:私は基本的な土台作りができたら、経理側からコスト削減など組織課題に対する提案をどんどんできる経理になりたいです!それができたら課長を目指せるのかなと思います。



ーご協力ありがとうございました!

インタビューを通して経理課の魅力や、それぞれの課の雰囲気が伝わってきました。
未経験の職種で切磋琢磨しながらキャリアを積んでいるお二人の話に共感できる部分も多かったのではないでしょうか。

今後も対談インタビューを更新していく予定ですのでぜひご期待ください!
以上メンバーインタビューでした!

Flat Holdings株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう