1
/
5

キャリア・ビジネス教育ベンチャーで創りたい未来

こんにちは、Avalon Consulting株式会社が運営する、就活塾「ホワイトアカデミー」の運営責任者を務めております、落合と申します。

今回は、私が当社に入社した理由をお話させていただきます。

順調に思えたファーストキャリア

私は、新卒で製薬会社に入り医薬情報責任者(MR)として、ファーストキャリアを歩みだしました。大学時代は薬科大学に通っていたため、既定路線的に製薬会社を選びました。入社したのは中堅製薬メーカーで、ニッチな領域で強みを持っており「ここでしかできないこと」ができる自分の価値観に合う会社でした。

製薬会社では関西で4年間仕事をさせていただきました。今振り返っても、大変恵まれた環境で新社会人をスタートできたことは幸運だったと思います。優秀な上司や同僚のおかげで、ビジネスパーソンとしての基礎を身に付け、全社表彰を頂くこともできました。

しかし、4年間MRとして働く中で、自分の描いていたビジョンと現実のギャップが日に日に浮き彫りになりました。

「自分の活動は売上のためだけになってないか」

「本当に患者さんに貢献できているか」

「医療従事者の助けになれているか」

「不要な医薬品のせいで、無駄に税金が使われていないか」

「現状に甘んじて、手を抜いていないか」

「今後も自己成長していけるのか」

小さな歪みが幾重にも重なり、私はビジョンを失って燃え尽き症候群になってしました。

燃え尽き症候群の中でも、なんとか仕事と向き合って社内でのキャリアチェンジを目指していたある日、社内で大きな組織編制が決まりました。それを機に、初めて自分の中で「転職」という選択肢が浮かびました。そして、転職でのキャリアチェンジや、現状のスキルを活用して選べる転職先を調べる中で、「次のキャリアを自分の意思で決めたい」という想いが強くなりました。

期待と成長を求めたセカンドキャリア

様々な視点から検討した結果、私は次の転職先として、医療IT企業を選びました。転職先として最も相応しいと考えた理由は、製薬業界の変わっていく未来を読み、革新的なビジネスを行っていることでした。転職が決まった際には、正に夢見心地でした。

転職が決まって地元の東京に引っ越しの準備で戻っていたある日、現職であるAvalon Consulting株式会社の代表の竹内と会食をすることになりました。竹内とは学生時代からの旧知の仲であり、キャリア教育関係の会社を経営していると耳にしていたので、お互いの近況報告会という形で語り合いました。その中で、事業として「就活塾 ホワイトアカデミー」を運営していることを知り、そのビジョンに大きく共感しました。

キャリアに悩んでいる就活生の相談に乗ってサポートすることは大変意義があると感じると同時に、それを担任制の完全個別指導で親身に向き合うというのは、学生達に大きな価値を提供できると思いました。特に、ファーストキャリアで燃え尽きてしまった私は、「学生達に同じ様な思いはして欲しくない」という気持ちが強く、直ぐに副業という形で手伝いを申し出ました。

そこから、平日は医療IT企業でマーケティング支援を行い、休日はホワイアカデミーで講師として生徒指導を行うダブルワーク生活が始まりました。仕事への意欲が溢れ、休みなく毎日刺激的な日々を送ることができました。

人生通じて何がしたいのかを考える

ダブルワークを続けて半年、自身の考えに大きな変化があることに気が付きました。その変化とは「自分は、何を成すために生きていきたいのか」を強く考えるようになったことです。私は盲目的に「大手の成長企業で安定した生活を送り、華々しいキャリアを築くこと」を第一優先事項においていました。しかし、ホワイアカデミーの講師として生徒と関わる中で、自分が本当に求めているものは別にあったと自覚したのです。

私が何かに熱意を向ける際、全ての根底にある想いは「できるだけ多くの人々が、毎日充実した日々を送れる社会を作りたい」ということでした。そして、思い描く社会の実現には「キャリア教育」が大きく貢献すると確信したため、Avalon Consulting株式会社への入社を決めました。

日本のキャリア教育の課題

入社後、自分の時間全てをキャリア教育に注いだことで見えてきたのは、日本のキャリア教育の抱える課題についてでした。というのも、日本の大学は海外に比べ「キャリア教育」としての機能に乏しいことがわかってきたからなのです。

日本の新卒採用がメンバーシップ型雇用からジョブ型雇用に移行しつつあるにも関わらず、多くの大学はそのことに対応した教育プログラムを提供できていません。それゆえに、企業からは「大学は何を教えているんだ!」という声が聞こえ、社会人(特に文系学部卒)からは「大学で学んだものは社会で全然役に立たなかった」という声が聞こえているのです。

ですが、学ぶべき内容をアカデミックなものからビジネスに少し変えてみるとどうでしょうか?劇的に状況は変わります。

例えば、高校の授業で経理やプログラミングなどを学べば、高卒でも即戦力として活躍できるのは、誰でも想像できることです。(昔は、商業高校や工業高校は多くありましたが…)また、私の様に専門性の大学で学ぶ人にとっても、アカデミックなことを学ぶ以外に営業などのビジネス経験を積むことができれば、入社後ギャップを最小に留めるだけでなく、大きく活躍することができます。

このように、キャリア教育を充実していくことで、就活はもちろん、入社後の仕事においても良い結果を生み出すことができると私は考えています。

キャリア・ビジネス教育で日本を変える

この様に、自身の歩んできたキャリアと、ホワイアカデミーの講師を通じて、キャリア教育そのものを変えることが、「できるだけ多くの人々が、毎日充実した日々を送れる社会を作る」ために必要だと痛感しました。

現在は、ホワイアカデミーの運営責任者として就職活動と向き合っていますが、長期的には高校生の様なもっと若い層からキャリア教育を行っていきたいと考えています。日本の教育を変えるには莫大な時間と、多くの人々の協力が必要です。それでも「キャリア・ビジネス教育で日本を変える」ことは、絶対に成し遂げたいと強く想っています。なぜならば、これこそ未来の社会にとって、なによりも必要なことでもあると信じているからです。

しかし、『遠きに行くは必ず近きよりす』と言う様に、まずは今できることに精一杯取り組むことが重要です。

幸いにも、就職活動という社会に出る転換期は、キャリア・ビジネス教育としてできるサポートが膨大にあります。まずは、目の前にいる就活生一人一人と向き合い、多くの学生が最高ファーストキャリアを実現できるように事業を支えていきたいと思っています。

ホワイアカデミー 運営責任者

落合恵太

Avalon Consulting株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう