1
/
5

【教えて!】21卒の新人研修【後編】


まずは前編をご覧ください!それでは続きへ。。。

③ Webアプリケーションのチーム開発

担当個所を教えて?

木村:ユーザーが見える部分、フロントエンドを担当しました。
   バックエンドとの通信や、取ってきた情報の表示、表示するときのレイアウトを担当。
   Reactを使用したのですが、初めてだったので、
   最初はProgateを見ながら基礎的な書き方を学んで、そのあとは実践で。

雲丹亀:バックエンドを担当しました。Node.jsを使ってAPIに沿っていくつかの機能を実装させました。
    主に書評の作成や書評の表示の処理を担当。フロントから「これを表示したい」という
    命令が来たら、必用なデータを処理して返す作業を行いました!

土田:私はインフラの担当でした。ユーザーとサーバーがやり取りできる環境を作っていました。
   ソースコードの管理や、APIを編集してBookclubのログイン・ログアウトの部分の認証を行ったり。


難しかったところは?

藤岡:みんな担当した部分が違うので、難しかったことなどもそれぞれ教えて下さい~!

雲丹亀:全く知らないAPIの作成は手探りでやりましたね。
    モデルを見ながらやったが、難しく、自分なりに調べてやっていました。
    それでも分からなければ研修担当の方に教えてもらって理解していきました。

木村:僕は非同期処理の同期を取るのが難しかったですね。 
   CSSを使って、レイアウトの微妙な位置調整や、レスポンシブに対応させるのが難しかったです。
   でも、フロントエンドは書いたものがすぐに見た目として分かるから、その点は楽しかったです!

土田:私は一回やらかしました、、、!バックアップから復元しようとして、
   環境を初期化しちゃいました。そのあと、何とかなったものの、かなり焦りました(笑)

藤岡:土田さんのミスは本当の仕事だったらやばかったね!笑
   じゃあ、最後に研修を受けた感想を教えて!


研修の感想

土田:最初に研修担当の方から、雑談推奨と言われたんです。
   だから、プライベートな話も何でもしたし、かなり仲良くなりました!
   そのおかげで、研修中も分からないことがあれば、同期に聞いたりとか、
   教えたりがしやすい環境でした!

木村:機能1つに対して、エラーが出たときに皆で考えたのが楽しかったです。
   「このエラーはこうしたら解決するのでは?」って皆で考えたら結構解決しました!

雲丹亀:チーム開発をしながら、研修担当の方の講義が1日1時間くらいあったんですが、
    それが楽しかった!プロジェクトの中で実際に起きた失敗談から学んだり、
    プログラミング言語の歴史を学んだり。
    とにかく研修担当の方の知識が豊富で凄かった!尊敬できる!

藤岡:みんな話を聞かせてくれて、ありがとう~!
   今はそれぞれのプロジェクトに配属されて、一緒に働いている訳ではないけど、
   集まったら本当楽しそうだね(笑)
   研修も内容自体は簡単ではないし、大変だったと思うけど、
   皆で力を合わせて頑張ってきたって感じだね!

研修最終日はみんなでHTTPステータスコード百人一首というものをやっていました。
かなりの白熱具合で、超盛り上がってましたね(笑)
優勝者はインタビューにも協力してくれた木村くん!!おめでとう

株式会社システムアイでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう