1
/
5

メンバー紹介・日本企業に天井を感じてしまっている才能に集まってほしい!中国テクノロジーの普及に尽力できる舞台を提供します!

日本企業に天井を感じてしまっている才能に集まってほしい!中国テクノロジーの普及に尽力できる舞台を提供します!

我々は売上規模には似つかわしくない、たった11名です。ファウンダーや役員は中国歴25年の日本人齋藤や中国歴15年の田中に始まり、それ以外は上海人のファウンダー・ショーンと日本歴10年以上の中国チームで構成されています。当社には、国境を越えたトリリンガルかロボとの会話が得意か、どちらかのタイプしかいません。(なお、当社、顧問弁護士、顧問会計士は元ソフトバンクや東京証券取引所出身のプロフェッショナルで中国経験はありません。)

上海チーム(上)と東京チーム(下)

クロスボーダー・チーム紹介


李 司力 Li Sili

Senior Robotics Engineer / Crossborder Project Director(XPD)

日本と中国との間のプロジェクト経験多数。華東師範大学 ソフトウェア工学科卒業。株式会社富士通システムズ・イーストにて、倉庫管理システムエンジニアとして、東京・タイ・インドネシア・中国等の導入案件、また日系ERPシステム開発会社(畢恩吉商務信息系統工程(上海)有限公司)にて生産管理・販売管理・原価管理システムのパッケージ製品導入に従事し、要件定義からシステムオンラインまで担当。
2019年9月、Chino.h.Ai入社。言語:中国語・日本語・英語。

王忠一 Wang ZhongYi Robotics Engineer CrossborderPM(XPM)

瀋陽工業大学風能及び動力工程専攻、オークラ輸送機にてコンベヤシステム、ロボットパレタイジングシステム、ソーター、WMSWESとの連携など、物流システムの機械設計や自動化提案業務に携わる。日中を跨ぐ多くのプロジェクトを通じて、豊富なハードウェア経験を積み、2020年8月、Chinoh.Ai 株式会社に参画。 言語:日本語・中国語


楊建樹 Yang Jianshu Robotics Engineer CrossborderPM(XPM)

大手自動車部品メーカーのマレリ株式会社(旧:カルソニックカンセイ株式会社 グローバル売上1兆5000億、従業員6万人)へ新卒入社。 「価値観や立場の異なる人と協力して成果を出す事」をモットーに、生産技術部門のエンジニアとして量産ライン新規立ち上げ、海外拠点への技術サポートや治工具のグローバル標準化などに取り組む。上智大学の理工学部卒業、2020年12月Chinoh.Ai株式会社入社。言語:日本語・英語・中国語


羅歩高 LuoBuGao Senior Robotics Enginer / Hardware Professional

中国大手ロボティクスメーカ出身、上海在住。多岐にわたる物流ロボ・ハードウェアとプロジェクト・インプリメンテーションの経験を積む業界でもシニアクラスのエンジニア。Chnoh.Ai株式会社の埼玉県加須市におけるRGV・AGV複合ロボティックス倉庫セットアップに参画のため、2021年初めて日本に来日。1つのロボのみではなく、複数のメーカを横断的に携わる当社のプロジェクトに共感し、2021年6月、Chinoh.Ai株式会社に入社。ハードウェアとの会話を最も得意とするすバイリンガル(英語・中国語)

肖文 Xiao Wen CrossborderExecutive(XE)

90年代に来日し、プログラマとしてITエンジニアを10年経験したのち、米国留学しMBAを取得。丸和運輸(3PL)、フューチャーアーキテクト(SIer)などの上場企業において、経営幹部として中国クロスボーダー事業を担当する。物流xシステムx日中の豊富な経験を強みとする。2020年9月よりChinoh.Ai株式会社に参画。北京信息科技大学 アメリカサンダーバード国際経営大学院 MBA 。言語: 日本語・英語・中国語

クロスボーダー・エンジニア/プロジェクトマネージャー紹介

任意飛 Robotics Field Assitant

日本在住13年以上、帝京大学卒業後、高千穂大学院経営学部マーケティング専攻を経て博士号取得。アリババ系のAI技術、顔認証システムを応用したテクノロジーの日本市場開拓に関わり、日本における中国テクノロジー導入をサポート。これらの経験を活かし、AI物流ロボティックスの中国ソリューションを日本に導入する業務に携わる。2021年5月、Chinoh.Ai 株式会社に入社。トリリンガル、英語、日本語、中国語。

汪彦斐 (左) Robotics Field Assitant

ファウンダー役員紹介

齋藤誠一郎 Saito Seiichiro 代表取締役 Chief Executive Officer (左)

東京で20年学び(用賀小→東大)、上海で25年、映画からファンドまで様々なビジネスを経験した、生粋の日本人です。東京大学経済学部在学中、日系企業の中国調査業務・進出支援コンサルティング等を行い、上海に渡る。2005年 株式会社星影通・CINETON取締役・創業株主、2009年 香港金融グループ/台湾日盛証券(日盛金:5820)取締役などを経て、Chinoh.Ai 株式会社を共同設立し、現在に至る。東京・上海在住(中国歴25年)。

郭晟 Sean Guo 共同創設者 取締役 Chief Technology Officer (右)

ロボティクス黎明期から8年間、倉庫や工場の自動化を成し遂げた、業界エキスパートです。復旦大学コンピューター修士号取得 。Quicktron本社の設立時(2014年)から珂建物流设备有限公司CEOを兼任しつつ同社含む多数のロボティクスメーカのAGV導入に携わり、韓国サムスン、TDKLamda、DHL など海外案件含む50以上のプロジェクトのソリューション設計・インストール実績をもつ。Chinoh.Ai 株式会社を共同設立し、現在に至る。

田中宏幸 Tanaka Hiroyuki 取締役 CrossborderExecutive(XE)

人材コンサルティング会社 スピリッツチャイナ総経理。2000年株式会社インテリジェンス入社、2007年英創人材服務(上海)にてシステムの開発、新規事業に携わり、北京初代支社長として、日系人材会社としてシェアNo.1に導く。上海総経理助理 兼 事業統括部総監。2010年株式会社スピリッツの中国事業立ち上げ、2012年総経理就任。 東京理科大学経営学部卒。上海在住。言語:日本語・中国語


目指す社風=Chinaサイコな日系企業。たとえるなら、中国語が日常語!の日本代表卓球チーム。

東京オリンピックに出場した卓球日本代表チームのほとんどが中国語ペラペラなのはご存知でしょうか?

それもそのはず、コーチは中国人、卓球を極めたければ中国に学んでおり、中国語がわからなければうまくなるのが難しいからです。フレンチのシェフになりたければフランス語はもちろん、金融を学ぶためには英語がないといけないのと同じように、世界最先端のロボティクスを学びたければ中国語をマスターしていないといけません。

私たちは、もはや日本企業なのか中国企業なのかわからない、90%がバイリンガル・トリリンガルのハイテク・ボーダレス・チームを目指しています。

Chinoh.Ai株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング