1
/
5

やりがいを求めて

こんにちは!

株式会社コラボスタイル営業統括マネージャーの加瀬です。

今回は、新卒第一号採用の松浦伶奈さんに、大学生活や就職活動、コラボスタイルに入社を決めた理由などをインタビューしました。就職活動中の皆様や、コラボスタイルに興味がある方に読んでいただければと思います。

自己紹介をお願いします。

21年卒、新卒入社の松浦伶奈です。休日は愛犬とお出かけしたり、映画を見たり、とにかくどこかに出かけることが好きなアクティブなタイプです。

大学では、臨床教育学ゼミに所属し、中学校の生徒指導とSNSとの関係ついて研究していました。

アルバイトでは、塾講師からバー店員まで様々な職種を経験しました。様々なアルバイトを行った理由として、期待を寄せられたり、頼られたりすることが好きという私の性格があると思います。というのも、最初のアルバイト以外は紹介で始めたものでした。初めてのアルバイトは、私の通っていた大学は東海エリアでは一応名が通っていたため、それを生かせる塾講師を選びました。そして並行して親友の紹介でその子が働いていた居酒屋でもアルバイトを行いました。イベントの派遣スタッフは先輩の紹介ではじめ、バーは、古くからの友人が店長になるということで声をかけていただきお手伝い感覚ではじめました。バイトは最低でも1年半は継続しました。なので基本はダブルワーク状態でした。このように私は紹介でアルバイトを始めることが多かったです。そのため、頼られていたり、期待されているという感覚が強く、一番長く働いたバーでは、集客面でも自分の頑張りが目に見えてわかるものだったので、振り返ると、期待に応えるべく頑張っていた自分がいたと思います。私は期待に答えられるとうことに達成感ややりがいを感じてました。

↑愛犬とドッグカフェに行った時の写真

どういった業種や企業に就活をしていましたか?

私は第一に、大企業か、ベンチャー企業に入りたいという思いがありました。理由は、大企業やベンチャー企業のほうが成長できると思ったからです。大企業は、研修制度がしっかりとしており、様々な人脈を形成できるため、その後の自分のキャリア形成にも役に立つと考えていました。そしてベンチャー企業は、裁量が大きく、入ってすぐに仕事を任せてもらえるという印象をもっていたため、自分自身の能力を成長させることができると思ったからです。

そして第二に、職種を考えました。就職活動を始めたころは、自分に営業職が向いていると思っていたので営業職につき、インセンティブでお金を稼げる仕事をしようと思っていました。しかし就職活動を始めていくうちに、マーケティングがやりたいと思うようになりました。そう思ったきっかけは、長期有給インターンで営業を経験したことでした。インターンで電話営業やサービスに関わっているうちに、アプローチするべき相手を的確に拾って下さるマーケティングチームのすごさを実感しました。そして私は、マーケティングにも興味を持ち、営業職とマーケティング職に焦点を当て就職活動を行いました。

就活で大事にしていたことはなんですか?

やりがいと働きやすさです。

誰にでもできる仕事、私ではなくてもできる仕事はしたくないなと思っていました。というよりも、実際誰にでもできる仕事なのかもしれないけれど、与えられた仕事に対して自分が自分でないとできない仕事に変えていけるかどうか、ということかもしれません。与えられた仕事を、自分なりに手を加え、自分が行うことによって自分にしかできない結果を出せるように、工夫することができる仕事がしたいな、と思っていました。なので、このようなやりがいを感じられそうだと思うかどうかという部分、あとはやはり、働きやすさです。結局ここが大きいかなと思います。自分が自分でいられる職場、素を出せる居場所になる可能性がどれだけ高いかだと思います。今は転職するのが当たり前の時代ですが、一つの場所で居心地よく、成長し続けることができれば私はそのほうがいいかなって思ってます。なのでずっと成長させてくれる会社、という長い目で見たときの働きやすさは、私にとって就職先を選ぶにあたって大きなポイントでした。

コラボスタイルに入社を決めた理由はなんですか?

私が就職で大事にしていたことがすべて当てはまっていると感じたからです。1度目の面接の時に、やりたいことや興味のあることを聞かれ、私はマーケティングに興味があることを話しました。その後の面接で、社長から広報が向いているのではないか、というお話をいただきました。マーケティングと大きな接点のある広報という職の提案に、とてもテンションが上がりました。ベンチャー企業での就職活動では、営業とマーケティング職で探しましたが、マーケティング職の募集は中途採用ばかりで、新卒でマーケティングに携われる会社は名古屋にはほとんどありませんでした。なので私は、自己のキャリア形成を自分自身ででき、できる限り会社も挑戦させてくれる、そんなコラボスタイルの環境で働きたいと思いました。

松浦さんは内定が決まってから約半年、インターンとしてコラボで働いてくれていましたが、インターンをしてみてコラボスタイルの印象はどうでしたか?

働きやすさを想像以上に感じました。そして自由度もとても高いと思いました。

しかし、放置!というわけではなく、右も左も分からないインターンをはじめたてだった頃は本当に丁寧に色々なことを先輩たちが教えてくださり、今でもわからないことなどを質問しやすく、親しみやすい、そんな環境です。そして周りの社員の方が働いている様子を見て、信頼関係を築いてこそ成り立つ自由だな、と感じました。


↑先輩と同期とミーティング(松浦は右から二番目)

今後、コラボでどう活躍していきたいと思いますか?

私は、内定が決まってからインターンとして半年くらいインサイドセールスに関わらせていただきました。入社し、いずれは広報というお仕事を私だけで行えるように、広報のプロフェッショナルとして、コラボスタイルを大きくするお手伝いをしていきたいと思っています。大きくするために何をするか、自分なりの答えを時代に合わせて考えていきたいと思います。

株式会社コラボスタイルでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう