1
/
5

Interview / ゼロキャリアからWEBマーケ、法人営業のキャリア構築(小笠原 仁美)

こんにちは!LJC編集部です!

今回はAWAKE GATE内、人材育成事業部LIFE JUNCTION(以下LJC)を卒業して、

法人営業とWEBマーケティングのパラレルワークをされている小笠原 仁美(おがさわら ひとみ)さんをインタビューしました!

- 本日はお時間をいただきありがとうございます!まずはじめにLJCに入る前の経歴を教えてください!

外国語大学を卒業後、大手パチンコホールを運営する会社に入社しました。特にパチンコに興味はなかったのですが、大学主催の企業説明会の中で人事の方の印象がとても良かったこと、社会人1年目にしては待遇が良かったこと、接客マナー等の社員教育に対して力を入れていると聞いたことなどから、ここで働いてみようと思いました。

ただ、実際に先輩方の働き方を見て、かなり大変そうで憧れを持つことができませんでした。実際体力的にもとてもハードで、休みの日も家で過ごすことが多く、それでもなんとか頑張って1年働いて転職しました。

当時接客業をしていたのもあり漠然とOLに憧れていて(笑)、事務の仕事に転職しました。


-今の小笠原さんとはかけ離れた生活ですね!そんな小笠原さんは、どのようにLJCに出会い、入ることを決めたんですか?

事務の仕事はハードでもなく、転職前に抱いていた理想のOLライフを過ごしていました。ですが、社歴10年の先輩が自分と同じ仕事をして、待遇に愚痴をこぼしていて、"誰でもできる仕事を続けていくこと"に不安を感じ始めました。

そこで初めて将来のことを本気で考え流ようになり、自分のことを相談できる人が周りにいないことに気付きました。職場や大学時代の友人だけと関わっていても何もわからないと思い、いろんな人との出会うようになりました。そんな中でLJCの内田さんを紹介して頂きました。

内田さんから「どんな状態になれたら満足なの?」と聞かれて当時の自分は「普通に幸せな人生だったら満足です。」と答えました。でも内田さんに「普通ってどんな状態?」と聞き返されて何も答えられなかったんですよね(笑)

  • 普通の定義は生きてる環境によって様々で、人によって違うこと
  • 理想の自分を描けないのは、思い描くために必要な知識が無いから

ということを内田さんから教えて頂き、ハッとしたことを今でも鮮明に覚えてます!やりたいことがまだ見つかっていない自分でもいろんな選択肢に触れることや自分を成長させるチャレンジができる環境としてLJCを紹介して頂き、入ることを決めました。


LJCで学び始めの小笠原さん


-そんなこともありましたね!LJCではどんな学びがありましたか?

LJCでは本当に多くのことを学ばせていただいたのですが、特に印象深い学びが3つあって、

1:相手が求めていることに応えられる人になる。

今までの自分は"自分がどうしたいか"ばかり考えていたのですが、LJCでは"相手が何を求めているか"をまず考えて、それに対して"自分が何をできるか"から行動する文化が根付いていて、シンプルに素敵だなと思いました!!

2:やってみることの大切さ

LJCに入って最初に意識したことは、パートナーからアドバイスしていただいたことや目の前にきたチャンスを"まずやってみる”ことです。

今までは「自分は人前に立つことが苦手だから」とか「やったことないから」とか理由をつけて新しいことに挑戦してこなかったのですが、

それだと今の自分のできる範囲・得意な範囲でしか行動しなくなるので、失敗はないけど成長もない、つまらない人生になっていたなぁと今ならわかります。

自分のフィルターを通すとどうしても「絶対無理!」となるのがわかっていたので、できるできない、やるやらないを考える前にまずやってみることを意識して行動してました!

LJCには世の中に必要とされる人材になるための様々なカリキュラムが用意されているのですが、ずっと苦手だと思っていたプレゼンテーションもやってみるととても楽しくて、今では人前で話すことに抵抗がなくなりました。

”とりあえずやってみる”ことができるようになると、どんどん新しいことを体験していけるので、この先に進んだらどんな未来が待っているかな?とワクワクしています!

3:見た目の大切さ

メラビアンの法則ってあるじゃないですか。視覚情報が55%・聴覚情報が38%・言語情報が8%の割合で第一印象が決まるという。LJCではこの第一印象作り(雰囲気作り)も大切にしているのですが、その中でも”相手のためにするおしゃれ”という考え方が自分にとっては衝撃的でした。

自分が着たい服を着るのではなく、自分が接する人にどんな印象を与えられたらOKか。という視点でメイクやコーディネートを組んでみるということです。

LJCに入る前の自分は地味な印象のどこにでもいそうなタイプの人間だったので、人の印象に全く残っていませんでした。

しかしLJCに通いながら、相手はどんな人と話したいと思ってる?相手はどんな雰囲気の場所だったら話しやすいか?だったらその場に相応しい自分ってどんな雰囲気だろう?と相手視点で考えてコーデなど変えてみると、相手から返ってくる反応が変わったんです!!

職場で所作や話し方まで含めて”仕事できそう”感を出すと、実際にワンランク上の仕事を振ってもらえるようになったりします。

今の会社に入社して3ヶ月目の時に代表からお声がけいただき、”デザインに興味ありそうだから”という理由で新オフィスのデザインに関わらせていただくことになりました。見た目の印象によって、思わぬチャンスが運ばれてくるんだなぁと実感した出来事です。

見た目が変わったことで自信もつき、挑戦するサイクルがさらに早くなったと思います!見た目に関しては、姉妹事業のCOLORS LOUNGEにかなりお世話になっています。



-自分の変化を楽しんでましたもんね!LJCを卒業して現在はどのようなお仕事をされていますか?

現在は通信建設事業を行なっている会社で、BtoBの法人営業を行なっています。また、平日の仕事終わりや土日の時間を活用して、WEBマーケティングやライター活動なども行なっています。

新型コロナウイルスが蔓延する前から、「これからの時代は個の時代になる」とLJCでは教わっていたので、本当にその通りになったなという感じでした。営業力はどの業界・職種にも通ずる必須のスキルだと思っていたので、法人営業ができる環境を探し今の会社を紹介していただきました。

「営業職だけは絶対ならない!」とLJCに入る前までは思っていたのですが、気づいたら「法人営業をやりたい!」と自ら言っていたのは、自分でも驚きの変化です(笑)

LJC在籍中は実店舗を持つ企業のWEB集客を行うMEO対策を行なっていて、その頃からSEOライティングとWEBマーケティングに興味を持ち始めました。

LJCでは通常カリキュラムの他に専門スキルを学べる講座も開講していたので、WEBマーケティング講座を受講しました。

講座受講後は、実際に個人でSEOライティングの案件を受注したり、SNSマーケティングを行なっていたりと実績を積んでいる段階になります。

-更に成長を続けているということですね!今後の目標やビジョンを教えてください。

営業もWEBマーケティングもまだまだ実力が追いついていないですが、これからも挑戦を続け、できることを増やしていきたいと思っています。

小笠原さんだからこそ頼みたい!と指名されることが目標です。

何も考えずなんとなく毎日を過ごしていた自分だからこそ、変わりたいと思う人の背中の後押しをできるように、行動で示していける人物になりたいですね!



-カッコいいビジョンですね!!最後に、この記事を読んでる方にメッセージをお願いします。

自分の殻に引きこもって現状を嘆いていても、現実は変わりません。

いいなぁ…と思ったら、自分を変えるチャンスです!

私自身、何か新しいことに挑戦するときは失敗したらどうしようとか恥ずかしいとか、色々な感情に飲み込まれそうになることもありました。でも今では、LJCに入るまではなかった"自分の人生を自分で歩んでいく感覚"が確かにあります。

自分一人でできることなんて限られています。

わからないことや何から始めたらいいのかわからないときは、「えいっ!」と少しの勇気を持って新しい環境に飛び込んでみると道が開けるかもせん!


-小笠原さん、本日はインタビューありがとうございました!

小笠原さんと話してみたい、もっと詳しく話を聞きたい!と思った方は、ぜひ、「話を聞きに行きたい」ボタンをクリックしてください。面談の日程を調整いたします!

LJC編集部では、今後週1回のペースでストーリーを更新予定です!

メンバーのインタビュー、イベントやカリキュラムの様子など、LJCのことがよーーくわかる記事を掲載していきます。またぜひご覧ください!最後まで読んでいただきありがとうございました!

株式会社AWAKE GATEでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社AWAKE GATEでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう