1
/
5

【代表インタビュー】マジナビにかける想いと会社のビジョン【吉田代表取締役】

−まず自己紹介をお願いします!

32歳2児のパパです。 趣味は釣り/旅行/食べログ高得点巡り、日課は朝のゴミ出し子どもを幼稚園に送る事です。 家庭と仕事の両立のため、家族や仕事仲間と2,3ヶ月に一度のペースで旅行を企画してますが、喜んでもらえるのがすごく嬉しいので、暇があれば旅行プランを考えてます。(笑)

-いままでのキャリアを教えてください。

学歴が高卒で、18歳から5年間法人営業を経験しました。
会社の歴史の中でも高卒で法人営業の部署に配属するのは、100年の歴史で2人目という異例の人事であったため、当初は沢山お叱りを頂きながら、50,60代の社長たちを前にプレゼンをする事や、会合でのマナーなど多くの事を学ばせて頂きました。
そして、エネルギーインフラの会社だったので、まちづくりコンセプトやイベント企画など大企業ならではの大掛かりなプロジェクトにたくさん触れれたのも非常に良い経験になりました。 そして、20代前半の若気の至りもあり、大企業のバックボーンに頼るのではなく、自分自身の力がどこまで通用するのか?という思いが強くなり、独立を考えるようになり、どうせやるなら若いうちにと、思い切って脱サラをして営業代行の仕事などを始めました。
その中で、創業者である原との運命的な出会いもあり、WEBマーケティング/セールスに触れ、現在は会社の代表取締役と、WEBセミナー/セールスの専門家としてプロジェクトの運営を行っています。



ー会社としての強みは何だと感じますか?

とにかくお客様へのサポートを同業他社と比べ物にならないぐらい良いと思っております。
これはWEBスクール発足当初から、優先順位を一番に掲げ取り組んできた事で、これからは顧客満足度が全ての時代になってくると思っています。
SNSで情報のやり取りは一瞬で出来てしまう訳ですから、本物以外は淘汰される時代がどんどん進んでいます。 収益が上がれば良いというレベルのビジネスをされている中小企業は一掃される時代だと思っていますので、本気でみんなが満足するもの作り上げてきたつもりです。
弊社サポートは、同業の中では日本一と思っています。

合同会社HARAプロデュースでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう