1
/
5

なにをやっているのか

estraの由来は[Education×Strategy]という意味が込められています。
2020年2月にリリースし1年間で250名の方に受講していただきました。
株式会社estraは、IT×教育のEdTechの領域でサービスを展開しているベンチャー企業です。 現在はプログラミングスクール「COACHTECH」事業を展開しています。また、学習塾を対象としたSaaSのサービス開発も並行して進め、今後も教育業界を変革するべく新たな事業創造を行っていきます。 ■ フリーランス特化型「COACHTECH」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ https://coachtech.site/ [COACHTECH Mission] 即戦力のエンジニアを育成する [COACHTECH特徴] ①オーダーメイドカリキュラムによるひとりひとりに適した学習コンテンツの提供 ②平均5~10分で返信をする質問対応チャットサポート ③ハイレベル現役エンジニアによる学習効率やモチベーションの向上を目的とした週次面談

なぜやるのか

日々教育課題を解決するための会議をしています*estraパーカーは大好評です。
平均年齢22歳の若いメンバーがBe Professionalに業務を遂行しています。
■ estraの教育への想い  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 日本の教育は他国より大きく遅れています。少子高齢化、都市と地方の二極化、終身雇用の終焉など、様々な社会課題も存在しています。 日本の国力を向上させるには教育の力が必要です。国家が手が回らない、変革には時間がかかる教育という領域だからこそ、私たちスタートアップが取り組むことです。変化に弱い領域だからこそ、私たちが頑張った分だけこれからの未来を作っていくことにつながります。 株式会社estraはITの力を駆使することで教育業界の本質的な課題を本気で解決するための会社です。 ■ COACHTECHへのこだわり  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ...では、なぜプログラミングスクール事業COACHTECHを展開しているのか? 業界を変革するためです。 現在では、プログラミングスクール卒業生は現場では活躍できないというレッテルが貼られてしまっています。弊社の共同創業者3名は前職でもプログラミングスクールを運営した経験があり、業界に課題を感じていました。 そこで、COACHTECHは短期的な売り上げではなく、質の高い教育を提供し日本のエンジニア不足という課題を解決します。 そして、COACHTECHが日本全国の教育機関のロールモデルになるよう日々生徒様の成長にコミットしています。 ■ Stageeeへのこだわり  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 日本の教育課題は、民間企業が解決しなければならないものがたくさんあります。 Stageeeは、株式会社estra創業前からずっと同じサービス名で開発を進め、何度もピボットを繰り返しています。 現在はCOACHTECHの学習支援ツールとして開発を進めております。

どうやっているのか

estraは教育業界を変革するべく、成長をキーワードに・ミッション・ビジョン・バリューを大切にしています。信念を持ち働く仲間と、想いのこもった事業を今後も展開します。 ◆ Mission:全ての人の成長にコミットする 株式会社estra創業前から掲げているミッションです。ステークホルダー全ての人の成長にコミットすることで弊社は成長をすることができます。成長へのこだわりは日本一です。 ◆ Vision:教育業界を変革する 教育課題を解決するための事業を創造し続けます。現在は日本の教育課題を解決することを、意識していますが将来的には世界的な教育のインフラとなるプロダクトを創造できるよう、成長を続けます。 ◆ Value [Play hard 思いっきり楽しめ] 全力で働き成果を出し全力で遊び楽しもう。 [No limits 限界を決めるな] 個人も事業も会社も常にもっと成長することを考えよう。 [Be professional プロフェッショナルであれ] 年齢もキャリアも関係ない。プロとして振る舞おう。