1
/
5

【新メンバーインタビュー】新卒メンバーにキューボへの入社動機や今後の目標についてインタビューを実施しました!

こんにちは。キューボ採用担当です。

今回は、今年の4月に入社したばかりの、フレッシュな新卒メンバーの2人にインタビューを実施しました。

入社の決め手、入社前後に感じたこと、今後の目標などについて詳しく話を聞いてきたので、是非最後までお読みください。

今回インタビューを実施したメンバー
写真(左から): 井上、石井

■まず初めに、自己紹介をお願いします。

石井: はじめまして。2020年4月新卒入社の石井と申します。現在は、コーディネーターとして介護・看護領域の人材紹介および人材派遣の担当をしています。

井上: はじめまして。同じく2020年4月新卒入社の井上と申します。以前は石井と同じくコーディネーターを担当していましたが、7月からは新規事業に参画しています。

■キューボとの出会いについて教えてください。

井上: 合同説明会に参加した際に、現在子会社で社長を務める高田に声をかけていただいたのがきっかけです。

石井: 私も同じ日の合同説明会に参加していて、その際に高田と森島の話を聞いたのがきっかけです。

■入社を決意したポイントについて教えてください。

井上: 私の場合、企業選びの軸として社員の方の人柄を重視していました。合同説明会や面接を通して、キューボのメンバーが親身になって話してくれていたのが非常に印象的でした。また、会社の平均年齢が若く親しみやすい環境があるところや、物ではなく人を相手に仕事ができることに魅力を感じ、入社を決意しました。

石井: 選考プロセスを通して、良いところも悪いところも取繕うことなく話をしてもらったことが非常に印象的でした。また、設立間もない成長段階に自分が携われることに魅力を感じました。加えて、マーケット目線でみても、介護・看護業界における人材紹介および派遣は長期的なニーズがあると感じ、入社を決意しました。

■入社後について教えてください。

井上: 2日間の研修後、すぐに実務に入りました。OJT形式で先輩から、実務を通して学んでいくスタイルです。

石井: 最初は何が正解かも分からず辛かったのですが、その分非常に早いスピードで自己成長ができたと感じています。

■現在、入社から2ヶ月が経ち仕事にも慣れ始めた頃だと思いますが、最初の辛い時期をどのように乗り越えたのですか?

井上: とにかく数をこなしていました。一緒にチームを組んでいた同期メンバーが職場見学やアポイントメントを次々と決定させる姿を見て刺激を受けることもできました。

石井: 実務に投入されるといっても、完全に手放しだったわけではありません。不明点があれば先輩に随時聞き、教えてもらいつつ慣れていきました。キューボには年齢やポジション関係なく成果を評価してもらえる環境がある為、「努力が実を結ぶ」という思いで日々取り組んでいました。

■井上さんは入社間も無くして新規事業に参画されていますが、経緯について教えてください。

井上: 突然でした。私の先輩が新規事業に参画する事が決定していて、その流れで私も参画することになりました。現在は、高田を含めて3人体制となっています。

まだ新規事業にアサインされてから数日しか経過していないので不明な事も多く、これから頑張っていくという思いです。新卒でも新規事業に挑戦できる環境があるので、今後も積極的に様々なプロジェクトに参加し、経験を積みたいと考えています。

■入社前後に感じたギャップなどについて教えてください。

井上: 実は、ポジティブなギャップしか感じていません。想像していたよりも会社の雰囲気が非常に良く、メンバー同士の仲が良いので非常に楽しく仕事ができています。

石井: 私も良い印象しかありません。社会貢献度の高い事業内容に魅力を感じて入社しましたが、想定していたよりも遥かに日々やりがいを感じられています。

井上: 特に、入社時期はコロナウイルスが流行し始めた頃だった為、職場を探している看護スタッフの方たちも多く、意義を感じながら働くことができました。新卒でこの会社に入社を決意して、本当に良かったと感じています。

■今後の目標について教えてください。

石井: 1人1人に寄り添うことで、厚い信頼関係を築けるようなコーディネーターになりたいと思っています。また、若い頃から組織のトップとして活躍している高田の姿に憧れて入社した側面もあるので、長期的には自分自身も組織を引っ張っていける存在になりたいと考えています。

井上: 私の場合、恐らく今後は内勤ではなく外回りになる為、まずは新規事業や新しい業務内容に慣れることを目標としています。その上で、周りの同年代の社会人よりも早く上職に就きたいと考えています。

■どのような方がキューボに向いていると思いますか?

井上: やはり、物ではなく人を相手にする業界なので、コミュニケーション能力が高い方が向いていると思います。

石井: 人柄に関しては、明るく前向きな方が向いていると思います。キューボでは年齢やポジション関係なく成果を評価してもらえる環境がある為、内に秘める野心や向上心がある方にとっては自由に挑戦できる会社だと思います。

■ありがとうございます。最後に、読者の方々に一言ずつメッセージをお願いします。

石井: 繰り返しになりますが、キューボでは自分次第で若い頃から挑戦できる環境があります。ビジネスマンとして圧倒的に成長したい思いがある方は、是非一度話を聞きにきてください。

井上: 私たちは日々、介護・看護業界において最大の課題である「人手不足」解消の為に取り組んでいます。インタビューを通して興味を少しでも興味を抱いていただいた方や、共に課題解決に向けて取り組み、やりがいや達成感を得たい方とは是非一度お話ししたいです。

株式会社キューボでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング