1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

「なにをやっているのか」 そうそう、そうなんです。 「なにをやっているんですか?」とよく聞かれます。 「だって教習所でしょ?」とよく言われます。 おとなしく教習所やってればいいよ、とも。 周りから見たら、わたしたちのチャレンジしていることはわかりにくいか もしれません。ただ、わかりにくさは、チャレンジしていることの大きさ と比例します。 私たちミナミホールディングスでは、「感性あふれるひとをつくる」という 理念のもと、日本の全ての教育を「つまらない」から「楽しい」に変える、 大きなチャレンジをしています。 今は運転の教習、簿記、ドローンといった領域に特化していってますが、 これからどんどん拡大していって、全ての教育の「つまらないから、勉強 したくない・・・」を、「楽しかった!楽しんでたら、勝手に身について いた!」に塗り替えていきます。 例えば、Twitterで「学科教習 つまらない」と検索してみてください。 「本当、つまらない」「地獄のような時間だ」「なんでこんな時間があるの だろう」・・散々な言われ方をしています。 この時点で教習所に行きたくないですよね?笑 そこを変えるべく、「ドンドンドライブ」という学科のVTR教材を作りました。 エンタメ性を抜群に高めたVTR教材や、テクノロジーの域を結集した学習アプリ によって、生徒さんの学習効果は格段に高まり、「本当に楽しかった」「めちゃ めちゃ印象に残った」「最高だった」という声が殺到しています。 https://www.youtube.com/watch?v=EPZMYz74A1E 現段階で、85校の教習所に導入してもらっており、ムーブメントを巻き起こしています。 #ちなみに、この「ドンドンドライブ」の簿記バージョンも開発中! 技能教習においては、スポーツを思い出してください。 野球だと、バットを振る回数と技術は比例します。 サッカーだと、ボールを蹴る回数と技術は比例します。 練習回数こそが明暗を分けます。 そして練習を何回もこなすには、あなたの運転に何十時間でも付き合ってくれるAI が必要です。そんなAI型教習システムを開発、プロトタイプを4月にリリースします。 上記はほんの一例。 教育を一つ一つ紐解き、楽しく効果的にするツールをたくさん開発しています。

なぜやるのか

「なぜやるのか」 小学校のときを思い出してください。 いつも授業中も冗談ばっかり言う先生。 生徒からもあだ名でよばれてしまい、ときにはからかわれてしまう先生。 凹んだときにはすごく気遣ってくれる先生。 そして、ときにはアツいことを言って導いてくれる先生。 そんな先生だからこそ、一番影響を受け、一番大事なものを学んだのではないでしょうか。 楽しさや面白さ、おもてなしは教育効果を高めます。 教習生が先生の言うことを聞き入れる「受容性」を高めるんです。 最初は学校なんて行きたくなかった。 でも通ってみたらとっても楽しかった。 楽しんでいたら、いつのまにか大切なものが学べていた。 安全運転。感性。努力することの大切さ・・・ 学校のことが、先生のことが、スタッフのことが大好きになってしまった・・ 最高だと思いませんか?

どうやっているのか

『私達はあなたのチャレンジを大切にします』 これやりたい!あれやりたい! ミナミでは誰かの「WANT」と「長所」にあわせて事業や役割を創っています。 そのために他部署やグループ会社内の他企業を体験出来る社内インターン制度。 年に1回の部署異動アンケート。半期に一度の面談を行っています。 例えば、イチ指導員からグループ会社の代表に就任したケース 趣味でYoutubeをやっていたらそれが動画制作室という部署となり、 社内Youtuberとして活躍したケース 誰も踏み出していない環境で事業をやってみたい!と海外でグループ会社を立ち上げたケース ミナミには様々なチャレンジから部署や役割事業が生まれたケースがたくさんあります。自動車学校だからこれしかできない?入社一年目だからこれしか任されない? そんな固定概念はゴミ箱に捨てて、ミナミで一緒にチャレンジしませんか。 チャレンジ推奨型・長所は引っこ抜いてでも伸ばす、がモットーの ミナミのクレドはコチラ!!! 1.私たちは働きません。楽しみます。 2.私たちはひとを喜ばせることを、自分の喜びとします。 3.私たちは満足を目指しません。感動を追求します。 4.私たちは何でもないことに「ありがとう」をいいます。 5.私たちは「できるとしたら」「どうしたらできるか」を口癖にします。 6.私たちは「あなた」を主語に。考え、行動します。 7.私たちは楽しいときに笑い、嬉しいときに笑い、辛く苦しいときに笑います。 8.私たちは相談しましょう。そうしましょう。 9.私たちはにんじんを切るんじゃなく、カレーを創ります。 10.私たちは、ふれあう全ての人に「感性あふれる私たちの背中」を見せます。