1
/
5

アニメ『カードキャプターさくら』シリーズ全てを担当!制作会社マッドハウスとは?

今でも多くのファンから愛されているアニメ『カードキャプターさくら』。
原作を忠実に再現しているだけでなく、アニメならではの効果や魅力が加わった本作は、多くの人に衝撃を与えました。
そんな『カードキャプターさくら』のアニメ制作を全シリーズ手掛けているのが、大御所アニメ制作会社のマッドハウスです。
この記事では、マッドハウスの歴史や魅力を丁寧に解説していきます。

『カードキャプターさくら』はアニメ史に大きな影響を与えた作品

「そもそもカードキャプターさくらってどんな作品だったっけ?」という方のために、簡単に作品を紹介します。
アニメ『カードキャプターさくら』は、同名の漫画をアニメ化した作品です。
1998年から2003年にかけてクロウカード編とさくらカード編が、2018年にはクリアカード編が放送されました。
また、1999年と2000年には劇場版も放映され、どちらも「アニメーション神戸作品賞劇場部門」を受賞しています。

町にばら撒かれた魔法のカード「クロウカード」を回収するため、小学4年生の女の子・木之元桜がカードキャプターとなり活躍するストーリー。
個性豊かなキャラクターと複雑な恋愛要素が交錯する本作は、子供はもちろん多くの大人からも支持を集め、まさにアニメ史に残る「一大ブーム」を巻き起こしました。

アニメ『カードキャプターさくら』を生み出したマッドハウスとは?

一世を風靡した『カードキャプターさくら』のアニメーションを担当したのが、アニメ制作会社マッドハウスです。
マッドハウスは、手塚治虫が設立したアニメ制作会社「虫プロダクション」の従業員だった丸山正雄、出崎統、りんたろう、川尻善昭らによって1972年10月に設立されました。
社名はかつて千葉にあった「松戸ハウス」というお店に似せて付けられており、断じて「丸山AND出崎」の略称ではないと丸山本人が証言しています。
設立当初はOVAや映画をメインに制作していましたが、1990年頃から原作のあるテレビアニメを中心に手掛けるようになり、多くの人に知られる有名アニメ制作会社へと成長しました。

マッドハウスの歴史

ここからは、契機となった作品とともにマッドハウスの歴史をご紹介しましょう。

『YAWARA!』でテレビアニメ本格始動
1989年に制作した柔道アニメ『YAWARA!』は、OVA制作をメインにしていたマッドハウスが、テレビアニメ制作にシフトするきっかけとなった作品です。
『YAWARA!』は、当時人気だった漫画をアニメ化した作品だったこともあり、平均視聴率14.7%を記録する人気アニメとなりました。
この作品をきっかけにマッドハウスの知名度は少しずつ上がり、制作の主軸をOVAからテレビアニメへと移します。

『カードキャプターさくら』で一躍有名制作会社に
1998年に手掛けたアニメ『カードキャプターさくら』が大ヒットしたことにより、マッドハウスの知名度と人気は急上昇します。
原作を忠実にアニメへと昇華させる技術、高い作画力がアニメファン以外の人にも知れ渡ったことが理由でした。
以降は手掛ける作品数が激増し、短期間で高品質な作品を大量に生み出せるスピード感も話題になります。

『時をかける少女』で完全なる地位を確立
テレビアニメ制作に励む傍ら、マッドハウスは映画制作にも力を注いでいました。
それが人々に広く認知されるきっかけとなった作品が、2006年に公開された映画『時をかける少女』です。
本作は日本だけでなく世界5ヵ国でも放映され、国内外から高く評価されました。
細田守監督はもちろん、制作を手掛けたマッドハウスにも世界中から注目が集まり、実力あるアニメ制作会社として不動の地位を築きます。

マッドハウスが制作するアニメの魅力

世界から愛されるマッドハウスのアニメ。その魅力に迫ります。

◎ 制作ジャンルが幅広い
マッドハウスは子供向けから大人向けまで、制作するアニメのジャンルが幅広いことでも知られています。
『カードキャプターさくら』の印象から、明るくポップな作品が得意というイメージがあるかもしれませんが、マッドハウスはもともと大人向けの作品が得意なアニメ制作会社です。
制作できるジャンルの幅が広いため「次は何を制作するのだろう」と、毎回ファンをわくわくさせています。

◎ 高い技術力で海外でも人気
細部まで描き込まれた作画と丁寧な演出も、マッドハウスの魅力です。
マッドハウスの作画は海外からも絶賛されており、国内外問わずファンの心を掴んでいます。
特に「躍動感のある動き」には定評があり、アニメ1話に対し、2話分に相当する数のカットで制作したことも。
2010年以降は、発表作品数を減らしてクオリティを保つことに重点を置いており、さらなる品質向上を追求し続けています。

◎ 芸術性が高く原作に忠実
マッドハウスは、原作の世界観をそのままに、芸術性をプラスした作品に仕上げることを得意としています。
色や動きなど、アニメでしか出せない特性を上手く生かして、原作作品が持つ世界観をさらに際立たせる表現力を持っているのです。
原作が持つ独特なタッチを忠実に再現することでも有名で、作品に対する理解の深さは毎回原作ファンを驚かせています。

マッドハウス制作の人気アニメ3選

数々の代表作を持つマッドハウスですが、ここでは厳選して3作品をご紹介します。

"ブラックラグーン"
マッドハウスが得意とするダークで尖った作風が魅力のガンアクションストーリー。
ビジネストラブルに巻き込まれ、勤めていた会社から見捨てられたサラリーマン・岡島緑郎は、架空の犯罪都市ロアナプラで非合法の運び屋集団「ラグーン商会」の一員になります。
殺し屋やマフィアなど、裏社会の人間しかいない街に戸惑いつつも、緑郎は着実に悪党への道を歩き始めるのでした。

"ちょびッツ"
マッドハウスは『カードキャプターさくら』の原作者・CLAMP作品のアニメ化に多く携わっており、『ちょびッツ』もその一つです。
人型のパソコンが主流となった世界で、可愛らしい女の子の形をしたパソコンを拾った浪人生・本須和秀樹。
秀樹はそのパソコンを「ちぃ」と名づけ、一緒に生活することにします。

"ちはやふる"
「かるたで世界一になる」という夢を持った女子高生・綾瀬千早の成長を描いた物語。
単にかるたで対戦するだけでなく、時に葛藤や恋愛に揺れる描写もあり、思わず千早を応援したくなる作品です。
一般的な対戦ゲームやスポーツと比べて動きが少ないかるたですが、札を奪い合うシーンは臨場感にあふれており、マッドハウスの高い作画技術を見ることができます。

『カードキャプターさくら』2期にも期待!?マッドハウスの今後に注目

高い作画力で、国内外に幅広い層のファンを持つマッドハウス。
アニメ制作会社の中では「老舗」「大御所」と呼ばれており、これまで数多くの作品を手掛けています。
制作アニメのジャンルも幅広いので、気になる作品があればぜひチェックしてみてください。
まだ公式発表はありませんが『カードキャプターさくら クリアカード編』2期への期待も高まっており、今後も楽しみですね!


(引用元・参考資料)
マッドハウスの作品はなぜ海外からも人気? 「よりもい」いしづか監督&中本Pに聞く【インタビュー】
カードキャプターさくら 公式サイト
MAD HOUSE 公式サイト
Wikipedia『マッドハウス』
アニメブラックラグーン オフィシャルサイト
ちょびっツ -TBS Official Site-
TVアニメちはやふる 公式サイト

culcolle(カルコレ)では推し活を頑張るあなたを応援!

推し活応援プロジェクトFablav(ファボラボ)では、オタクもヲタクも推し活を楽しめるアイテムを多数ご用意しております♪

またculcolleでは、新アイテムも随時アップしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね✨

ITEMはこちらをチェック!

culcolleとは?

あなたの「好き」がもっとつながる
アニメ・キャラクターグッズブランド。
好きなアニメや漫画作品がもっと好きになれるよう、
日常づかいができるファッションアイテムを提供します。

株式会社ひかりてらすでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング