1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

オンライン就活も乗り切る!採用面接突破のコツ①【新卒編】

本日は採用面接のポイントを(未経験)人事担当者より投稿させて頂きたいと思います。
コロナ渦という厳しい状況ではありますが、就活生の皆さんにとって少しでもお役に立てる情報発信が出来たらと思います。

採用面接において応募者の方が聞かれていることは、以下の2つです。
※これだけと言っても過言ではないです。
①自己PR・・・あなたはどういう人(どういう考えを持っていて、どういう行動ができる人)なのか
②志望動機・・・なぜこの業界、企業に入りたいのか

これらの事を明確にすることで、
『入社したら会社のためにどんな貢献をしてくれる人なのかどうか』を企業側は判断しています。

直接的に「自己PRをしてください。」「志望動機は?」と聞かれることもあれば、
過去のアルバイト・部活動の経験や、「一番つらかった事はなんですか?」など視点を変えて聞くこともあります。
聞き方に違いはあっても「どういう人か」「なぜこの会社に入りたいのか」を明確に知るため、同じ内容の質問だと考えても概ね間違いはないです。

例えば、「つらかった事はなにか?」という質問では
⇒逆境をどう乗り越えたのか、忍耐力はあるのか?状況打開力はあるのか等
つまり「どういう人か」ということを聞いています。

また、志望動機を聞くと、「○○○をしたいので御社に入りたいです!」
と仰ってくださる方もいますが、それだけだと志望動機としては不十分と捉えられてしまいます。
どういった部分で会社に『貢献』できるのか、そこまで考え抜いてはじめて企業側にも伝わる志望動機になるのではないかと思います。
厳しいですが、会社は個人の夢を叶えるだけの場所ではないからです。

採用面接をしていて、きっと質問の意図が理解できておらず、
やる気・熱意は伝わったけど会社にどう貢献してくれるのかな?
で終わってしまう学生さんたちが多くいるなと思い今回こちらの内容を投稿させて頂きました。

みなさんにとって楽しく働けて、活躍のできる会社と出会えますよう少しでもお役立ちできれば幸いです🌷

株式会社ひかりてらすでは一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング