1
/
5

SaaS事業の垂直成長を体感できる、営業の魅力

執行役員 営業本部長 片桐正嗣

CastingONEは「事業を通し、夢を実現し続ける企業になる」というビジョンのもと、派遣業界向けのバーティカルSaaSとマーケティング支援事業を展開しています

―――CastingONE入社までのキャリアについて教えてください

新卒で関東近郊にてブライダル事業を展開している企業へ入社しました。

華やかで、人の幸せを形にしたいと思って志したのですが、やはり規模が大きくなるほどに選考過程が長く厳しくて。今思うと、就職活動を楽しんでいたように思います。

入社後、営業兼ウェディングプランナーというポジションで仕事をする中で、数字に向き合う営業の面白さと、自分に向いているなという感覚が芽生えてきたんです。

―――そこから、営業のプロとしての道を志されたんですね。

営業力を高めるために、営業代行事業を行うセレブリックスに入社しました。

そこで初めてSaaS事業に携わり、責任者として事業成長を体感できたことは、僕の中で非常に大きい出来事でしたね。その後2019年にはRepro㈱にてクライアント企業のDXを実現するマーケティングプラットフォーム事業にチャレンジしました。

【人が主軸のスピリットを支えるマーケットの可能性】

―――今まで在籍していた企業とCastingONEの違いはなんですか?

CastingONEは、従業員の夢を叶えることで成長を続ける会社です。

プロダクトそのものに全力の愛を注ぐこともひとつだと思いますが、それを支える「ひと」を一番に考えています。

ビジョンを真正面から語るトップがいるって、かっこいいじゃないですか。

―――社員が共通のスピリットを持っていることが、一番の強みなのですね。

僕は「仲間×マーケット」こそが重要であると考えています。

ベンチャー企業だからといって、とにかく頑張るといった根性論だけではなく、マーケットにおける確たる可能性を元にしているからこそチャレンジが出来る。

そして何より「誰とやるか」。信頼できる仲間と仕事ができるってシンプルに楽しいんですよね。

営業組織を牽引する立場でありながら、一家の大黒柱でもある自分自身だから伝えられることですが、ベンチャーだからと足踏みをするのは勿体ないですよ。

【素直・前向き・勤勉さという、立場を超えて持つべきもの】

―――片桐さんにとって、営業力とはどういうものなのでしょうか?

影響力と向合う姿勢でしょうか。

まず理想と現実を正確に把握し、そこにあるギャップを共有します。それからそのギャップをどう埋めていくかを一緒に考え、提案します。

夢を見させて契約をして終わりではなく、耳の痛いことが言えてこそ結果良いものになると思っているからです。課題解決にコミットして満足してもらうことで、自分自身も満足できる営業は強いと思います。

―――一緒に働きたいと思う人物はどんなものを持っている人なのでしょうか?

営業の在り方は変化を続け、AIにさえ淘汰される時代となってきています。

目標に対してマイルストーンを置いて確実にやり抜くことはもちろん、知識欲があり、常に物事に正面から向き合っている人は強いと思います。

僕がずっと忘れないようにしているのは「素直・前向き・勤勉であること」です。どんな立場であっても、知らないことは知らないと言える素直さと、できる理由を考え続けられる前向きさを持つひとと一緒に働きたいです。

株式会社CastingONEでは一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社CastingONEからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?