1
/
5

社員インタビュー#3Whole Personsの自称広報(?)担当の中村さんに広報を手伝ってくれる理由を聞いてみました!

こんにちは!

Whole Personsに入って涙腺がどんどん弱くなっている中村です!

今日は、前回のストーリーの冒頭でお伝えしたインサイドセールス部門で働きながら自ら広報用のSNSアカウントを作成・運用して下さっている中村さん(以下中村亮さん)のインタビュー回です。

なぜ広報活動をお手伝いしてくれているのか、なぜWhole Personsに入社を決めたのか聞いてみました!



中村さん 8月1日入社。前職はサービス業界出身。(自称)Whole Persons広報、一児のパパ。

中村さんは、入社されてから出社される機会が殆どないので今回はオンラインで撮影した写真をメインにお届けします♪


中村)なぜTwitterのアカウントを自ら作り、広報活動のお手伝いをしてくれているのですか?

中村亮)今の時代、SNSがかかせないツールになっています。SNSを通してWhole Personsを知ってもらえるきっかけを作れますし、他の企業さんのやり方も勉強したかったので、自分でも始めてみよう!と思ったのがきっかけです。


中村)素晴らしいですね!インサイドセールスで忙しく働いている中でそもそもWhole Personsを広めたいと思った理由は何ですか?

中村亮)最終面接の時に社長に直接お会いして、社長とメンバーの距離の近さに驚きました!オフィスで働いた経験がないのもあり、正直なところもっとピリピリした雰囲気で働いているというイメージがありました。笑 ですが、実際はオンとオフがきっちりしていてこの環境で働く楽しさを自分のようにこれからビジネスマンとしてスキルを着けたいと思っている人にも共有したいと思いました!





中村)「雰囲気の良さ」以外にも入社を決めた理由はありますか?

中村亮)あります!!営業未経験を受け入れてくれる会社は正直他にもあるなかでWhole PersonsのHPにあった「Whole Persons=抱える全ての問題に対して相談ができ、問題を解決する担当」であると定義しています。という文章を拝見しました。

それを見て、自分の人間的な未熟さを感じ「自分を変えたい」と思い面接に挑みました。

面接後にインサイドセールス部門のメンバーと話す機会があったのですが自分よりも年下の方が未来のビジョンを明確に持ち、熱く語っている姿を目の当たりにしてWhole Personsでスキルアップをしながら人間的に成長したいと思い入社を決意しました。


中村)実際に2ケ月働いてみてどうですか?

中村亮)とにかく様々な事を学び、当たり前の事を当たり前に行う事がいかに難しく大切かを再確認できました。例えば勤怠管理の1つを取っても、相手に迷惑をかけないために必ず毎日やる、PDCAを回して効果検証をする、報連相は相手目線で行うなど。仕事のスキルも人間的にもどんどん成長していると感じます。


いかがでしたでしょうか?どんどん成長中のインサイドセールス部門ではついに12月に3人目のリーダーを募集することが決まりました!今後もWhole Personsの行方をお見逃しなく!!

株式会社Whole Persons では一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング