1
/
5

【インタビュー】約1万人のHR業界大手企業から、たった3人の地方ベンチャーに来た彼が語る株式会社TomoniSolutionsという会社。

ご覧いただき、ありがとうございます!
今回は「株式会社Tomonislutions」の社長を支える存在である執行役員の樫野さんにお話を伺い、
Tomonislutionsにジョインした経緯や会社の方向性、今後どのようなキャリアを歩んでいきたいかなどを
伺ってみました。

これからベンチャー企業で働いてみたい方、興味のある方、ぜひ読み進めてみてくださいね。

それでは、どうぞ!

まずは経歴を教えてください。

新卒で初めて入った企業は道内約1,100店舗ある小売事業の会社で、1年目から11店舗を任されるスーパーバイザーをしておりました。

その後、友人の紹介で2013年からはHR業界の大手企業で働き始め、異業種からの転職で何もわからないまま営業からのスタートでしたが、2年後には札幌や東京の事業所で課長から所長、部長の業務を任せていただきました。

ー2年後には昇進⁈すごい速さですね!

札幌事業所に入社した当初、10人もいない組織で事業拡大の真っ只中でしたので、自分の成長が事業の成長に直結する環境でした。
自分が課長の仕事を任せてもらえたのは、組織人数もすごい速さで増えていったこともありますが、当時の上司がしっかり自分と向き合って育ててくれたおかげだと思っています。

その後、所長や部長職を経験したのですが、組織が大きくなるごとに社外への関わりだけではなく、社内の関わりも増え、マネジメントや組織運営についても勉強になりました。


いつから株式会社Tomonislutionsに?

2019年10月からです。
実は前職を紹介してくれた友人というのが、現取締役である深川さんなのですが、彼とは大学時代からの友人でこの会社を立ち上げたときから声を掛けて貰っていました。

ーそれでは、何故このタイミングで入社を決意されたのですか?

もともと30歳には会社を辞めて、違う環境で働くつもりでした。
僕は学生時代から、いずれ起業したり独立して何かをやってみたい、という気持ちを持っていたのですが、自分に自信が持てず行動に移すことができませんでした。

なので30歳までに年収1000万を達成したり、部長職を任せてもらえるような人材に自分が成長できたら、起業や独立に挑戦してみたいと思っていました。

そして去年、30歳になり自分の目標だったことも達成できたので、独立かどこかのベンチャーで働こうと思ったときに最初に声を掛けて貰った彼と一緒に仕事をすることにしました。

今のお仕事について教えてください。

以前僕がやっていたのは、採用課題を持つ企業様に対してひとつの媒体の中で解決する方法を一緒に探すお仕事でした。
ですが、それはお客様にとっての最適な課題解決方法ではありませんでしたし、わかっていながらも売らなければならない環境でした。

そもそも、これほど採用メディアやツールが増えている中ひとつの媒体に固執して採用する時代ではなくなってきています。

だからこそ、様々な媒体を扱える今、根本的な採用課題の解決をベースに建設的な話ができるというのはとても魅力的でやりがいのある仕事だと思っています。
また、北海道と東京で見てきた現状や業界知識を活かして、今後人材がどのように動いていくかという未来を見据えたお話しを企業様にできるのも僕たちにしかできないことだと思っています。


この会社の目指す方向は?

株式会社Tomonislutionsは「クライアントと共に課題と向き合い、継続的な企業価値の向上に努めます。」というのを理念にしています。

今は採用課題という、会社を営む上で重要な”ヒト”の部分に特化した課題に対して解決する方法を提案するのが当社の役割ですが、
将来的には、採用だけではなく企業が直面する様々な課題解決にも向き合い、共に歩んでいける存在になりたいと考えています。

ーそれは、樫野さんにも共感できる部分があったのですか?

そうですね。当社が目指す姿は、僕自身が目指す「スラッシュキャリア」にも似ています。
今は企業の採用課題を解決することが自分にできることですが、今後はもっとできることを増やしていきたいと考えています。
ですが、自分が何が得意なのかもまだわからないので、この会社が進んでいく方向、ご縁がある先で未体験なことを経験させてもらって一つのキャリアにできればいいかなと思っています。

規模が大きな企業ではできなかったこと。

ー先程、前職とは異なるこの会社でできることを教えていただきましたが、他に樫野さんが考えているTomonislutionsだからできること、やりたいことはありますか?

前職では役職が上がる度に、大きな企業を任されることは多くなりますが、それよりも社内の課題に向き合う場面が増えたり、現場業務以外の仕事を行う機会が増えていきました。

そもそも僕は現場が好きで、お客様との関係構築をしながら知見を広げることが好きだったので、自分のやりたい仕事から離れていくことが嫌でした。

また転勤や移動の多い環境だったので、一緒のチームで働いていたメンバーや自分が一から育てた部下が数か月単位で移動してしまったり、移動した先で良い上司に恵まれずにつぶれてしまい、優秀な人間が辞めてしまう姿を見ているのもとても残念に感じていました。


だからこそ僕は現場に居続けながらも、自分が育てたい人材を採用して、一緒にいいチームを作っていけるこの環境で仕事をしていきたいです。

この会社の目指す方向に共感してくれる方、一緒に働きたいと思ってくださった方、
是非一度僕たちの会社に遊びに来てみませんか?

株式会社TomoniSolutionsでは一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社TomoniSolutionsからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?