1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

大企業からベンチャーに転職すると変わる3つのこと。

こんにちは、ゲツラク代表取締役CEO 篠宮佑樹です。
今回は、ベンチャー企業への転職支援をさせてもらっている中で、よく聞かれるテーマ「大手からベンチャーに転職すると何が変わるのか?」について具体的な話を交えながら書いていきたいと思います。

※なお、ベンチャーと一口に言っても、商材も規模も文化も会社によって全く異なるので、あくまでこういうことが多いという傾向の話だとご理解いただけますと幸いです。

① 業務範囲がすごく広い

まずよく聞くこちらの話からです。例えば営業ポジション。 大手だと契約担当、日程調整担当、管理ツール入力担当、提案資料作成担当などかなり細かく分業されていることが多いと思いますが、ベンチャーだとそこまでの分業はまずありません。

基本的に分業は、分業しても人を雇うだけの仕事があること(例えば日程調整だけの分業であれば、日程調整だけで一人分の業務量があること)が前提になります。
ビジネス規模の小さいベンチャーでは、そこまでの分業する意義も余裕もないことが多く、同じ営業という名前の職種であっても想像以上に幅広い仕事、場合によってはマーケティングや法務、KPIの設定など他の職種の仕事だと思っていたことが自分の仕事になる可能性があります。

メリット:ビジネスの全体感が見える
デメリット:一つの業務だけにフォーカスするのが難しい(要マルチタスク)


② 扱う金額の桁感が違う

こちらは特に人によって好き嫌い分かれるポイントかなと思います。
どれくらい金額規模が違うのかというと、例えば三菱商事が、オランダの電力会社を約4000億での買収を計画し話題になるなど、特に企画職の方からすると、数億、数十億の金額を動かすことが普通の感覚かと思います。

ベンチャー市場だと、10億の資金調達で、超大型の資金調達として話題になります。
これを例えば1年間の総運転資金と仮定すると、(売り上げを考えないとすると)「毎月全社で1億使える」というような金額規模の話になるため、これは非常に大きな違いかと思います。

メリット:手触り感がある(相対的に)自分の全社への貢献が見えやすい
デメリット:金額的に規模感があることしている感を感じにくい


③ 活躍できる/できないの差が付きやすい

これにはいろいろな理由があります。
まず大原則として大企業は仕組みで動いているが、ベンチャーには仕組みがほとんどありません。

仕組みというのは「ゴールが明確になっていること」であり、(例えば毎月YYの方法で、XXアポすればZZ億の利益などが確実に見込める など)、その過去の成功体験に基づく仕組みに従っていれば、最低限の結果を出せることが多いです。

一方、ベンチャーは全く新しい事業しているから手探りです。自分で試して、その仕組みから作る必要があり、うまくいっていれば急成長、例えば年200%,300%という大企業ではあり得ない速さでの成長をするので、そういった仕組みを作るニーズがどんどんできます。

そうするとどこに募集するポジションが空き、優秀な人はどんどん重要な仕事を任されることになるので、できる人/できない人の差というのはさらに大きくついてくることになります。

逆にいえばそういった人の1人での全社の貢献度は計り知れません。例えばキーエンスの最強の営業マン一人いなくなっても、たぶん会社としては痛くもかゆくもないが、ベンチャーだと下手したら倒産します。

メリット:活躍できると無限のチャンスある
デメリット:自分で仕組みを作りにいかないと結果出せない


結局は、会社によって千差万別

大企業でも会社ごとの「色」というのは非常に大きくありますが、ベンチャーの方が圧倒的に大きいです。なぜなら人数が少ない分、社長の思想が色濃く事業や組織に反映されており、かつ大体のベンチャー社長はよくも悪くも一癖あるから(ベンチャー社長の皆さん、すみません!)例えば、エンジニア文化だったり、セールス文化だったり、どういう人が評価されるかも、間違いなく社長の影響を受けます。

これはフィットすればありえないくらい楽しいし、フィットしないときついということ。なので、面接だけじゃなくて、まず1日働いて確かめてみませんか?

ゲツラクに来てみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました!

今回は大企業からベンチャー企業に転職すると変わる3つのことについて書きました。
皆さんの中に意外だったものや、新しい発見があれば嬉しいです。

弊社ゲツラクもベンチャー企業なのですが、只今絶賛創業メンバー募集中です!
本記事を読んでベンチャー企業に興味が湧いた方は、一度お話しませんか?

DIVERK(ダイバーク)についてはこちらの記事からどうぞ!

ゲツラクは「月曜日を楽しく。」のビジョンのもと、主にITベンチャー・スタートアップを対象に「1Day社会人インターン」を経由した20代向けハイキャリア転職サービス『DIVERK(ダイバーク)』を運営しています。

現在導入企業は100社、サービス登録者は4000名を超え、更に成長を目指しています。
事業としてまだまだ伸びしろのあるサービスを、プレイヤーとして動かしつつ開発できる方を探しています!

※現在ゲツラクでは20-30代を中心に若い世代が活躍しています!
※平均年齢26.4歳の若い組織で活躍できます!

▼募集はこちら▼

キャリアアドバイザー/事業開発
創業メンバー!経営陣直下でHRサービスの営業/事業開発メンバー募集!
ゲツラクは2018年10月創業した、「月曜日を楽しく。」をビジョンとしたスタートアップ企業です。 2019年1月に、1Day社会人インターンを経由した、体験入社付きの20代向けハイキャリア転職サービス「DIVERK(ダイバーク)」(https://diverk.jp)を運営しています。 学生には就活の前にインターンがあるのに、社会人はなぜ面接のみなのか。 面接にプラスして、実務能力やカルチャーフィットを測るために、体験入社をしながら転職先を探せるサービスがあれば。そういうユーザー目線での着想からDIVERKは始まりました。 2020年10月現在で、サービス登録者数4000名を越えて、更なる拡大を目指しています。
株式会社ゲツラク
右に座っているのが僕です。
まずはカジュアル面談からでも大丈夫ですので、一度お話しましょう!
株式会社ゲツラクでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング