1
/
5

「物流の戦略パートナー」としてロジスティクスの全体最適をサポート!~ある営業担当の1日~

鈴与株式会社は物流の戦略パートナーとしてお客様に「物流サービス」を提供しています。

「お客様」といっても、その業界や取り扱う製品は様々であるため、お客様各社の課題やニーズにあわせたオーダーメード型の物流サービスを強みに、お客様の物流をサポートしています。

その中で、鈴与の営業担当者は、コンサルティングからサービスの構築まで、つまり、ロジスティクスの上流工程から下流工程までを一貫して担当しています。

また、担当する物流領域はお客様の「物流全て」であり、貿易等の国際物流から倉庫・運送等の国内物流まで、調達、構内物流から消費・静脈物流までと幅広くカバーしています。

今回はある営業担当者の1日に注目し、具体的にどのような業務を行っているのかご紹介したいと思います。

~密着相手である営業担当(A社員)のプロフィール~
 ▼支店に所属する30代の中堅社員 
 ▼新卒で入社後、倉庫での現場研修、輸出フォワーディングCSを経験し、営業担当に。

では、1日の始まりです。

9:00  始業
    出社後ラジオ体操で体をほぐした後、所属課にて朝礼を実施
    自らの対応事項を整理し、課内での情報共有を行います
9:30  メールチェック  
    この日はお客様とアポイントがあり、社有車で近隣市内へ出発
10:00  運送系グループ会社の営業担当者とともに、お客様(大手メーカーの物流担当者)を訪問
    先日、お客様の貨物輸送のルートならびにモードの変更を提案し、一度トライアルで輸送を行
    うこととなったため、実際の運送を担うグループ会社の営業担当も交えての打合せを実施
    トライアル当日の動きやスケジュールの共有、コストやリスク等を確認し、輸送の動きをシミ
    ュレーション
    トライアル輸送の成功に向け、入念に準備を行います! 
12:00  昼休憩(近隣市内でも有名なカレー屋でランチ。午後の商談に向け、とんかつもトッピング!)
13:00  近隣市内のお客様(中堅ベンダーの生産管理担当者)を訪問
    新規案件を含めた近況確認を行い、今後の出荷計画等をヒアリング
    この日は来年の出荷計画をメインにヒアリングを行い、今後の提案を行う上での課題抽出と情報
収集を行いました
    ★ 遠方のお客様は訪問だけでなく、オンラインシステムも活用した商談や打合せも行います
15:00 2件のアポイントを終え帰社、その後はお客様に新規提案
   
この日は既存のお客様より輸入から保管、国内配送までの新規案件の打診を受けたため、 社内
    外の関係先に確認・調整のうえ、輸送プラン並びに見積りを作成し、お客様へ提案
    お客様の反応は良く、後日正式に依頼を頂けることになりました!!!
17:00 各種業務対応
    イレギュラー案件、トラブル処理、現場からの問い合わせ、日報の作成等次々と対応してい
    きます
    担当領域の広い営業には、社内外問わず多くの問い合わせがあり、指示・調整・折衝等が腕の
    見せどころです!
19:00 終業
    この日は珍しく倉庫現場での貨物破損トラブルがあり、多くの対応事項が発生し残業に
状況をきちんと確認したうえで、現場とお客様の間に入り調整を行い、トラブルも無事に収束
    多少のトラブルはありつつも、何とかうまく対応し、本日の業務は終了! お疲れさまでした!!

上記はあくまで1日スケジュール例となっています

物流コンサルティング・ソリューション営業職としての担当業務は、、、

▼物流の全体最適提案、コンサルティング営業
 ・国内外の顧客(メーカー、商社)に対し、物流の効率化・シンプル化を目指し、
  ロジスティクス戦略策定や改革案の起案など物流全般のコンサルティングを実施
 ・国際物流サービス、物流センターサービス等を中心とした新規顧客営業、既存顧客へのフォロー、
  見積作成・追加提案、コンサルティング

▼物流新サービスの開発
 ・顧客の物流ニーズを把握・分析し、新たなサービスの開発の推進  

▼物流センターの管理・運営業務全般
 ・採算管理・人材管理・作業管理・分析・物流センター立上げ
 ・顧客の在庫商品の搬出頻度や保存状態を考慮し、5S活動や安全、品質の順守に向けたセンターの環
  境改善
 ・物流センター内作業員の人材の管理や育成

▼物流系スタッフ部門での各種業務
 ・大型入札案件の営業サポートとして、データ分析、オペーレーション設計(センター設計、レイアウ
  ト設計、マテハン設定、作業設計、配送設計 他)提案資料作成
 ・国内外の物流センター立上げ企画や、センター改善(品質・収支)のコントロール  

など、非常に多岐にわたります。
また、同じ営業職でも、所属部門により、担当頂くお客様や取り扱う商材・業務内容が大きく異なるため、ジョブローテーションを通して、さまざまな物流経験を積み、知見を広げ、スキルを磨く環境がございます!!!

是非、事業革新・自己改革を続ける老舗物流会社で、自身も物流のプロフェッショナルとして成長していきませんか?
ご連絡をお待ちしております。

鈴与株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング