1
/
5

なにをやっているのか

シミュレーション
経営ダッシュボードサンプル
私たちは「徹底したユーザー中心のデータ分析/可視化でビジネスの本質的な課題を解決する」をミッションとしたコンサルティングファームです。 データ分析/データマイニング/機械学習の専門的知見を活かし、国内外企業のデジタルトランスフォーメーション推進を牽引しています。 ▼データビズラボ株式会社  https://data-viz-lab.com/ ▼参考記事  データビズラボとコンセント、データ分析とUX/データ可視化とデザイン思考の融合へ向けた業務提携  https://data-viz-lab.com/news/concent  Financial Adviser(近代セールス社)/精緻な顧客像を作り上げ受け手ごとに最適な情報を〝設計〟する  https://data-viz-lab.com/news/financialadviser20aut  【海外講演】「Data Discussion: Data + Women」に代表の永田ゆかりがパネリストとして登壇しました  https://data-viz-lab.com/news/datadiscussion-datawomen  書籍発売のお知らせ『データ視覚化のデザイン』  https://data-viz-lab.com/news/release-design-of-datavisualization

なぜやるのか

会社内での会議風景
業務風景
・最もユーザー中心、徹底した顧客主義のデータ分析と可視化を目指します。 ・質の高い課題を素早く発見し、本当に解決すべき課題を解決します。

どうやっているのか

お台場にあるコンセプトドリブンなオフィス
ローレンツアトラクタ
■仕事環境 ・お台場にあるオフィスは様々なところにモニターや電源が併設されて自由に場所を変えて仕事が出来ます。 ・書籍、キーボード、マウスなど生産性をあげるものは会社が支給します。 ・ハイスペックPCを支給します。 ■行動指針 ・「問いの決定から始める」 分析の起点は常に問いからスタートすることを大切にします。 何故なら、問いの精度がアウトプットの質を決定づける為です。問いは変わりうるものであり、むしろ変わっていかなくてはならないので、「目的はなんだろうか?」と分析フローの最中にも常に立ち戻ることで、最終的に精度の高い問いにたどり着けると信じています。 ・「人・エクスペリエンス起点型」 データで従来の「専門性」の壁を壊すことを大切にします。 データを最大限に活用することで、ビジネス領域の縦の壁やテクノロジーの垣根を超えて新たなフィールドを恐れずデータでつないでいきます。 ・「100の会議よりも1つの具体的なビジュアライゼーション」 具体的に議論することを大切にします。 概念や抽象的な議論に終始するのではなく、具体的なプロトタイプで会話することで問いの精度を高めていきます。 ・「茶目っ気と遊び心」 仕事的感覚から遊び心溢れる感覚を大切にします。 人間が本来持っている知的好奇心や創造性をフルに刺激させるため、まず自分が楽しんでいなければなりません。 ■文化 ・国内外から優秀な人材が集まり、解決すべき課題の質を上げることに徹底しています。 ・創業間もないですが獲得案件が多く、クライアントと当社が密に結びついています。 ・外国籍のメンバーも多く、ダイバーシティ&インターナショナルな雰囲気です。