1
/
5

PRUM社員インタビュー☆長山勝仁 ストーリー

この度!株式会社PRUMも、社員インタビューをはじめました!

その輝かしい第1回目トップバッターは…
PRUMに入社して半年が経過しました【長山 勝仁さん】です。

さっそく長山さんに10個の質問で、インタビューしていきたいと思います。
長山さんよろしくお願いします!


なぜ PRUMに入社したのですか?また知ったきっかけは何ですか?

知ったきっかけは、《社長の…岩本さんのTwitterを見つけました!》

プログラミングを学んでいて、岩本さんのツイートを見て共感できる部分が多かったので
"ちょっと連絡してみようかなぁ"と思っていました。

僕もウォンテッドリーを使っていて、ちょうどPRUMを見つけたので
それでコンタクトを取ってご応募させて頂きました。

立ち上げて間もない会社というところで一緒に会社を創っていきたい!
という想いが岩本さんと前島さん(取締役)のお話にありましたので
僕も是非そこに関わって 一緒にPRUMを成長させていきたいなぁと思い、入社を決めました。

入社の決め手となったポイントや出来事はありますか?

決めては、やっぱりお二人が魅力的でしたね。

岩本さん、前島さんがすごく人間的にも、スキル的にも、経歴的にも魅力的だったんで
そこにいけば成長できる!と思いました。

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

あまり変わっていません!

本当に、僕が想像していたままの会社の雰囲気でしたし
実際に岩本さんと前島さんもそのままの人でした。

会社の好きなところはどこですか?

会社の好きなところ、そうですね…。
すごく個性的なメンバーが多いと思ってます!


縛られるような環境じゃなくて、自分たちの主体性を引き出してくれるような環境だからかなと。

僕は本当に経験がなかったんですけど、それでも仕事を任していただけて
それもあってモチベーション上がりますし、やってやろうって気持ちになる。
そんなところがこの会社の好きなところです。

学生時代打ち込んだ事、もしくは将来の夢はありましたか?

学生の頃はずっとサッカーをやっていたので、将来はプロサッカー選手になりたい!って思ってました。

この仕事(職種)を選んだ理由は何ですか?

今お話したサッカー選手になりたいという夢を幼い頃からずっと持っていたので
その時地道に1人の時間に、結構自主練してたんですね。

プログランミングも業務以外のところで勉強して、それが直接自分のスキルや
成果に繋がることが、他の職種に比べてすごく明確に見える…
明確に反映する仕事だなぁと思ったのが、この職種を選んだ理由です。



仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

面白い部分は先程もあったんですけど
やっぱり色んなバックグラウンド、個性を持った
いろんな考え方を持った仲間と一緒に働けるっていうのが、すごく面白いなと思っています。

難しい部分
開発実装のことはもちろんなんですけど
プロジェクト管理に関しても、《常に正解がない》ものだと思っているので
それをどこかで見極めなり区切りを付けて、改善をするなり
誰かに頼るなりということをしなければいけない。

そういうところがすごく難しいかなぁと思っています。

今はどんなことに力を入れていますか?

入社をして半年以上経つので、仕事の流れはわかってきましたが
逆に分からないことも明確になりました。

その反面、何をどう勉強すればいいかっていうのも分かってきて
自分がこれが得意だとか、これが好きだなぁっていうのもすごく明確になってきました。

そこの自分の好きな部分と、自分の苦手な部分の技術とか
マネジメントのスキルとかっていうのを、こっそりと磨いてます。


これから挑戦してみたい仕事は何ですか?

より大きなプロジェクトに携わって色んな方々と関わりたいです。
今だと10人くらい開発チームのプロジェクトマネジメントをしてるのですが
もっと大きなプロジェクトマネジメントをしてみたいです。

この会社を今後どうしていきたいですか?

受託開発…システム開発であればPRUMだよね!
って言われる様な会社にしていきたいです。
あとはみんなが主体的に動ける様な環境になればいいのかなぁと思ってます。



以上で質問10個、終了です!
長山さんありがとうございました!

株式会社PRUMでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう