1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

フリーランスから正社員へ。「迷わなかったのは、技術者思いの会社への揺るがぬ信頼があったから」。

<インタビュー社員プロフィール>

青島充伸。静岡県出身

派遣型SEからフリーランスSEに。その後、フリーランス時代に契約関係のあったセブンシーズに入社。
現在は同社のマネージャー(課長職)として、活躍中。


IT業界では珍しい経歴の持ち主

IT業界に飛び込む以前は、今では想像できないようなまったく違う業界で働いていたんです。

高校卒業後は北海道にある競争馬の牧場に就職しました。

しばらくして家庭の事情で地元の静岡に戻ることになり、とりあえずの形で工場勤務や、あとは新聞配達の仕事をしていましたね。

IT業界のなかでこういった経歴の方は珍しいのではないかと思います。


SEとしてのスタート

その後、これではまずいと思い、働くために上京してきました。

実は大学に行くか会計の勉強をしようか迷っていた時期もありましたね。
しかしそこでは人間関係で違和感をおぼえ、頓挫。

そこで本腰入れて仕事を探そうとなったときに、たまたま中学生の頃にパソコンを触っていたのを思い出してIT業界で働くことに興味を持ち、前職に応募しました。それが私にとってのSEとしての職歴のスタートです。

IT業界は未経験でしたが、その会社で用意されていた入社前IT研修を受けてから、入社するという運びでしたね。

その後、フリーランスとしてセブンシーズの仕事をするようになり、現在はセブンシーズで正社員としてマネージャー職を務めています。

Q.セブンシーズへ転職しようと決めたのはなぜですか?

前職の会社で働く中でこのままでは人生設計を立てられないと感じたのが、一番大きな理由です。

SEの仕事自体は楽しかったのですが、将来を考えた時の待遇の面での不安がありました。

それに加えて、自分の技術に対しての評価をして欲しかったというのもあります。会社とのつながりが希薄であり、帰属意識などもまったく生まれなかったのです。その会社では上司との状況確認とか相談とかの機会がほとんどなかったので……。


「フリーランスとして仕事をする」という働き方を選んだ

そんなときに前職での元同僚から、セブンシーズを紹介されたんです。待遇面は満足できるものだったため面接を受けてみたところ、ここは雰囲気も良く、人も優しそうであったので心を決めました。

当時はSE職での正社員募集はあまりなく、SEならフリーランスという感じであったので、フリーランスという形で契約したんです。

社員と違ってフリーランスなら何か問題があっても契約を更新しなければよいだけですから、その当時は「応募してみるか!」という軽い気持ちで、とりあえず1歩踏み出してみたっていうのはありますね。

Q.セブンシーズへの入社の経緯を教えてください。

ある時、「コアメンバーを自社で抱えるようにする」という会社の方針で、正社員技術者を増やすことになったんです。

新規で採用する以外にフリーランスを正社員化する動きもあり、会社のほうから「正社員になりませんか?」と声をかけてもらいました。

最初は「フリーランスなんだから、いざとなれば他で仕事を見つければいい」という気持ちでスタートしたセブンシーズの仕事でしたが、気がつけばその時点で8年間も続けていたんですよね。

私自身がセブンシーズは信頼するに足る会社だと確信していたので、この会社の正社員になることに、迷いはありませんでしたね。

例えば、社長の福添に関しては「フリーランスで契約を結んではいるが、派遣先で正社員になれる場合はなったほうがいいよ」と僕らエンジニアに言ってくれます。この発言は会社のためではなく、1人のエンジニアとしてのキャリアを真剣に考えてくれていないと出てこない言葉です。エンジニアを想って、こう発言してくれる、私たちに働きかけてくれて、本当に信頼しています。

Q.前の会社と比較して、何か変わりましたか?

客先常駐というスタイルは変わりませんでしたが、技術者に対して親身になって考えてくれるところが1番の差であるかなと思います。会社への帰属意識が高まり、働く上での満足度が上がりました。一言で言うと、セブンシーズは技術者思いの会社なんです。

たとえば、任される案件についても一方的にアサインされるのではなく、希望のキャリアパスを考慮した上で、最適な案件を探してきてくれます。
私たちは常日頃、「どういうものをやりたい」っていうのを積極的に発言しています。それをもとに案件を探してきていただいている状況です。



また、普段からコミュニケーションが密で、悩みをひとりで抱えるようなこともありません。常に誰か相談できる人がいるような体制をつくっています。

Q.現在は、セブンシーズでどんな仕事をしていますか?

マネージャーとして、技術者の管理をしています。

未経験者がいれば、研修内容の理解度の確認や課題の準備など新人の教育もします。
私自身も派遣先で勤務しつつなので、だいたいSE業務が8割、管理業務が2割くらいの比率です。


技術者を管理する側となって大切にしていること

現場に出ていても帰属意識も持ってもらえるように、こまめに話を聞くことを心がけています。自分も仲間にはそうしてもらってきたので。

また、メンバー全員のために常に誰かに相談できる体制を整えています。

セブンシーズは、一人ひとりの要望や悩みに真摯に向き合ってくれる、エンジニアに優しい会社です。
これは、フリーランス時代からずっと変わりませんね。

Q.マネージャーとしての今後の展望について教えてください。

よりきめ細やかなメンバー管理をしたいので、SE業務と管理業務の比率を7:3くらいまで持っていけたらと考えています。また、今後は採用活動や教育にも力を入れていきたいです。

あとは自社製品開発も視野に入れています。


技術者思いの会社なのはよいのですが、あまりに優しすぎてぬるいのではないかと感じることもあります。本当に技術者のためを思うなら、時には厳しくすべき場面もあると思うんです。

だからこそ優しくもあり、でも必要であれば嫌なこともきちんと言えるマネージャーにならなくてはと思っています。

求職者へのメッセージ




セブンシーズの社員の多くが業界経験2〜3年目です。
そのため中堅層として、若い人たちを一緒に引っ張っていってくれる方を求めています。

いろいろな提案を柔軟に受け容れる社風なので、主体的に動くタイプの方なら大きな充実感を感じられるはずです。

また、自社製品開発に興味のある方にも、セブンシーズを候補に加えていただけたら嬉しいです。

エンジニア想いの会社で、ぜひ一緒に働きませんか?


エンジニア
技術者想いの会社で、スキルアップしたいエンジニア募集!
▼事業内容 私たちはクライアントに高品質なITソリューションを提供するための WEBソリューション事業をメインに展開しています。 ◆WEBソリューション事業 私たちはこの事業のなかで、様々な WEB テクノロジーを活用したソリューションをクライアントに提示しています。業務範囲としては金融系・生産物流系・販売系からECサイトの構築までと幅広く、また様々なご提案にも対応するため、UX設計・UIデザインからフロントエンド開発までワンストップでサポートしています。 それぞれのIT分野に特化したエンジニアの方々のスキルをうまく掛け合わせることで、 クライアント毎のIT課題に寄り添ったソリューションを提供します。
セブンシーズ株式会社
セブンシーズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング