1
/
5

福利厚生で、推し活!〜福利厚生制度を使って同じ舞台を20日で9回観に行った話〜


こんにちは

株式会社ダイバージェンス 戦略企画室 室長 たけうちです。

私は多趣味です。
コロナ禍前までは海外旅行を年に3回。コロナ禍で海外に行けなくなった今では、毎週声楽のレッスンに行き、月に2回は馬に乗り、月に一回宝塚を見に行く。映画館にも結構いきますし、英語と中国語も忘れないようにたまに話しにいきます。

その傍ら、他企業でコンサルの仕事をしたり、ブライダルのモデルの仕事をしたり‥おかげさまで忙しい毎日を送っております。

しかし、そんな沢山の事を日々させていただいていても、"生きてる!!"と実感できる時間は意外にも少ないものです。

10年程やっている毎月の宝塚歌劇観劇、ルーティンになってしまいつつありましたが、4月の頭 衝撃的な舞台に出会いました。

花組公演『アウグストゥス-尊厳ある者-』/『Cool Beast!!』

""衝撃""でした。

これぞ""生きてる!!!""という実感。

推しを初めて見た時のような感動、「カリスタの海に抱かれて」/「宝塚幻想曲」で柚香光さん推しになったので、6年ぶりにこの感動を味わったという事になります。(それは2015年の公演)


宝塚は各公演ごとに約一か月間兵庫にある宝塚大劇場で公演を行い、その後東京宝塚大劇場で約一か月間公演を行うので、大阪に住んでる私は現実的に見に行ける公演は四月一杯という事になります。(コロナ禍でなければ遠征もしたのですが遠征は自粛)


初見が4/4 夕方公演

終わった瞬間私は思いました

「見れるだけ、見たい!!!!!」


とはいえ、残り3週間、幾らチケットが手に入っても社会人には限界があります。社会人をしながらコンサルやらモデルやらをしてる私の限界は更に厳しく、「チケットがまだ手に入るのに、全然休みが足りない!!」という状況に陥りました。


しかし!!!


株式会社ダイバージェンスではそんな心配、必要ありません。




わたし「代表!!!!お願いがあります!!今回の宝塚の公演が本当に本当に最高で‥チケット、取れるだけ取って観に行ってもいいでしょうか!?」
代表「それは行った方がいいよ!休んでください!」


〜成立〜

その後わたしはチケトレ(宝塚公式チケットリセールシステム)で予定があけれる限りのチケットを取り


「同じ舞台を20日で9回観に行く」

という事に成功しました。


ちなみにこれは弊社株式会社ダイバージェンスにある"無限有給"という制度を利用したものです。(弊社では無限に有給が取得できるという福利厚生制度があります)


あぁ、株式会社ダイバージェンス

何という推し活に優しい会社。


あぁ、株式会社ダイバージェンス

何という社員想いの会社。


社会人をしていて20日で9回舞台に行ける(しかもいきなり)会社なんていくつ存在するのでしょうか。

というわけで本当は100回行きたい舞台ではあったのですが9回行ったらそれなりに悔いを残す事なく公演期間を終えることが出来ました。

ちなみに…本当は13公演分チケットを取っていたのですが、緊急事態宣言発令により、GW前から宝塚は休演になってしまったので、4回分は見れずとっても残念だったのですが、9回見れたのでギリギリ悔いが残りませんでした。不幸中のワイワイ。



短期間で沢山来過ぎてエンドレスエイトと化していた宝塚花のみち。



親の顔より見た宝塚大劇場


あまりに良すぎて見るたびに記憶を失ったショー、「Cool Beast!」 







推しがいる皆さん、舞台やライブに狂ってる皆さん。


株式会社ダイバージェンスに参加して休みに囚われる事なく"推し活"しませんか?


推しがいる人、面接では休みの相談も歓迎です。ぜひ貴方が人生で大切にしてる事を教えて下さい。



ちなみにCool Beastは観れるならあと100回は観たいです。



 おわり 

株式会社ダイバージェンスでは一緒に働く仲間を募集しています
18 いいね!
18 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう