This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

LIFE!

始めまして、A&A中村です。
何を最初に書こうかなと考えましたが、あんまりいいアイディアが出なかったので
自己紹介も兼ねて趣味の映画について書きたいと思います。

私はアプリケーションアシスト株式会社でシステム開発しています。中村と申します。

毎月、HuluやAmazonプライムの新着映画一覧を見たり、王様のブランチの映画紹介を見たり、TSUTAYAに行ったりして、映画を見ています。

そんな中、最近見た映画が良かったので紹介したいと思います。

2014年3月19日に公開された、「LIFE!」って映画になります。

~あらすじ~
物語の主人公のウォルター・ミティは雑誌LIFE編集部に16年勤める空想壁があるベテラン社員である。
そんな彼が普段通りに会社に出社すると会社の事業再編と雑誌LIFEの廃刊される事が突如、知らされる。

事業再編の関係で容赦ないリストラチャリングが始まり、社内は混乱に陥っている中、
ウォルターには別の任務が与えられる、内容は"LIFE誌最終号の表紙を飾る25番目のフィルムを早急に提出する事"、しかしそこには問題があり。
なんと、LIFE誌を代表するフォト・ジャーナリストである冒険家のショーン・オコンネルが送ってくれた30枚の撮影フィルムから25番目は欠けていた。

ウォルターは25番目のフィルムの存在はショーン自身しか知らないと考える。
ショーンはいつも世界中を飛び回っており、その存在は常にわからず、携帯電話を所持しておらず、容易に連絡も取れない中、29枚のフィルムに写っている物を手掛かりにしショーンを探す旅に出ます。

はたして、ショーンと会うことが出来、25番目のフィルムを提出できるのか?
そして25番目のフィルムに写っている物とは?

~感想~
主人公ウォルターは行く先々で幾度となくトラブルに見舞われますが、
持前の空想を活かしたり、地元の人、会社の同僚や後輩、家族に助けられながら
諦めず25番目のフィルムに近づいていく姿に感動しました。

原作はジェームス・サーバーの「ウォルター・ミティの秘密の生活」
主人公ウォルター・ミティを演じるのは「ナイト ミュージアム」シリーズのベン・スティラー
吹き替えはナイティナインの岡村隆史が担当しています。
吹き替えは関西弁で始めは違和感こそありますが、慣れれば映画の良さを引き立てます。

この映画は仕事のモチベーションを上げてくれます。
何か壁に突き当たっている方には気分転換につながると思います。
就活生には自己啓発にもつながるので、是非見て頂きたいです。

また、おすすめしたい映画がありましたら紹介したいと思います。

アプリケーションアシスト株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる