1
/
5

連続エッセイ『FICに入って一ヶ月の新入社員が見たもの』最終回

著:8月1日入社の社員

<第一回>
<第二回>


コーヒーの芳香で頭をしゃきっとさせると、午後の勉強だ。
私は購入してもらったITパスポートの教本を開く。
FICは新入社員の研修に潤沢な投資をしてくれる。
eラーニングにせよ資格にせよ、業務時間を勉強に充てさせてくれ、
会社の業務で重視しているポイントを個別に解説してくれるなど、フォローも手厚い。
社員の成長を助けることに非常に熱心なのだ。

二時間、三時間と勉強すると、流石に燃料切れを感じたので、私はラムネを投入することにした。
シンプルな、懐かしい甘みで頭が冴え、血の巡りが良くなっていく。
グループウェアに「今後のタスクについて説明したい」と連絡が入ったのはその時だ。
承知の返事を送ると、参加しているプロジェクトのタスクについて、
先輩がPowerPointの画面を開いて今後の業務を説明してくれた。

FICの先輩方が作る資料は、どれも非常に完成度が高く、
私は読むたびに身が引き締まるのを感じる。
と同時に、私もこういうふうになりたい、と闘志が燃え上がる。
身につけなければならないスキルは無数にあるが、
それでもいつか先輩方の半分でも仕事をさばけるようになれば、
きっと自分が大きくなったのを感じられるだろう、と思う。

高い能力を持つ仲間の姿を見て、切磋琢磨していける環境。
そして、それを惜しみなく褒め、積極的に背中を押し、仕事を任せてくれる上司たち。
ここには、良い環境が揃っている。
今、レクチャーしてもらった仕事も、ゆくゆくは私の手にも任せられていく仕事である。
会社の業務の非常に重要な位置を占めることになるこの仕事が、少しずつ、
入りたてほやほやの新入社員の手の中に預けられていく。
きっと、誰もが会社に入りたての頃に感じるドキドキ感。
風通しの良い、モラルの高い職場で、それをもう一度味わうことができるのだ。

そんなわけで、長い午後もあっという間に過ぎた。
終業の18時。先輩社員には育児休業明けのお母さんたちもいて、
そういった社員は時短勤務のため二時間ほど前に退社している。
社員の働きやすさが第一優先。
「お先に失礼します」と挨拶して、私はオフィスを出た。
8月も後半になると日の傾きは早まり、ビルの隙間にもほのかに夕闇の気配が漂い出す。
私はたまには目黒駅に歩いて出てみようと決めた。

まだまだ暑い18時すぎ、暮れなずむ木立の陰には親子連れが立ち止まって涼み、
橋の下を流れる大きな川が、近くを走り抜ける電車の音に水面を揺らす。
目黒までの10分あまり。心地よい疲れと、帰ってからの余暇への楽しみが、
坂道を上る背中を押す。
「終業後は仕事のことは考えないでね。自分の時間を大事に!」
社員の皆が言ってくれる。
スマホに導入しているグループウェアも、18時を境にぴたっと沈黙する。
帰り道を歩きながら、私はそれでも、つい来週のことを考えてしまう。
それも、嬉しい気持ちで。

来週はどんな仕事を任せてもらえるんだろう。どんな朝から始まるかな。
どんなふうに資料を作っていこう。今日レビューしてもらったイメージを大事に。
来月、再来月にもなれば、そのうち残業もするようになるだろうし、
自分もここまで溌溂とはしていないかもしれない。
だが、この抑えきれないわくわく感は、長く保つ私の燃料になり、
私をずっと照らしていってくれるだろう。

そう感じさせてくれる何かが、この会社にはある。

そんなFICで、私と一緒に、働いてみませんか?

~Fin~

株式会社FICでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう