1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

明日のはたらくを創るコンサルタントたちVol.6 金融の営業マンが人材業界に転職!入社1年でタイトルを獲得、1年半でマネジメント経験。彼の活躍の裏側に迫る!! ~笹野 裕之~

Mission:中途入社2年目。建設、プラント、不動産業界の人材紹介を行う事業部にて、企業の採用支援と求職者の転職サポートに携わる。中途入社1年で事業の部長賞を獲得、1年半で後輩のマネジメントに携わる等大活躍。前職の営業経験と自身の転職経験を武器に、自分にしかできない仕事は何かを追い求める姿は、メンバーへの刺激となっている。


――クイックに入社する前の経歴を教えて下さい。

大手クレジット会社にて、BtoB向け営業をしていました。新規開拓と既存取引先の深耕営業をどちらもおこなっていました。


――転職しようと思ったきっかけは?

採用という仕事にもっと携わりたかったからです。

前職で二年目の時、営業の仕事をする傍らで採用業務にも一部携わるようになり、自分の会社の魅力を伝えることや、会社の未来を担う仲間を自分達で見つけることが面白いと思うようになりました。

ただ、当時人事部への異動が叶う状況ではなかったため、それなら思い切って転職をしようと決意し、採用マーケットで営業経験を活かせる人材業界に絞り転職活動をスタートしました。


――クイックへの決め手はずばり?

まずは、東証一部上場という安定性と成長を続けている企業であるということです。

元々金融業界だったこともあり、正直、安定性や成長性は気にしてました。特に、人材は生き残りが激しい業界なので、今後の見通しやそれに見合う資本力があるかどうかは判断軸でしたね。クイックは独自の一気通貫制や業界専任戦略を取っており、右肩上がりで成長している点も魅力でした。

そして、「一気通貫」が本当の意味で世の中の役に立つと感じたというのも大きかったです。それぞれの気持ちを知っているからこそ、かゆいところに手が届く仕事ができると思いました。

また、ノウハウやスキルだけではなく、人の気持ちに寄り添うことで自分自身の人間力をつけることができる。自分のキャリアだと転職してもBtoBの経験しかできないと思っていましたが、BtoCに関われるキャリアが積めるのは貴重だったので、決断しました。



――仕事のやりがいや難しさは?

やりがいは、シンプルなのですが、担当企業での採用成功と担当求職者の転職成功です。

これが、やはり一番嬉しいです。

僕たちがやっている仕事って、とても地味なことも多いし、企業や求職者に実際どんなことをやっているか見えていない側面もたくさんあると思うんです。

でもその先に、自分の提案が相手にはまったり、自分の声がけが背中を押すことに繋がったりして、そこから自分だからこその介在価値を発揮できるのがたまらなく面白いです。

前職は深耕営業で自分を売りこみ、気に入られるための営業をしていたので、自分のアイデアを形にし、相手に届ける今の仕事はまったく違いますね。

難しさは、企業も求職者も双方、人の気持ちを扱っている仕事であると痛感するときです。

企業でいくと、やはり求めるものと市況感のギャップがあり、企業側の認知と理想がずれるんです。その気持ちを理解した上で、採用成功に繋げていくのが難しいです。

課題をただ突きつけるのではなく、企業側の気持ちを汲み取る中で採用成功に向けて提案をするところまで行わないと、我々が介在する価値がないですからね。

求職者でいくともっと顕著で、何事も理屈じゃないんですよね。どれだけ条件が良かったとしても、転職を躊躇する事がある。僕自身も転職しているからこそ、よくわかるんです。

だからこそ、しっかりその人の気持ちに寄り添いとことん向き合うのが、難しいですね。



――なるほど。そんな中、入社1年で事業部の部長賞を獲得!すごいですね・・・。

本当に、チームの皆さんの支えがあったからこそでした。特に、色々なことを任せてもらえるスピードが速かったのが大きかったです。

自分自身がチャレンジするのが好きな性格なので、大型クライアントの引継ぎやチームで発生する業務、後輩指導等を上司がどんどん割り振ってくれたんです。走りながら学べる機会が多く、大きく成長できましたね。

大変だったことは、前職がもともと一人営業だったため、チームメンバーを巻き込んだ営業をしていかなければならない事には戸惑いました。

クライアントのことを自分自身が理解していればそれでいいわけではないため、メンバー視点で情報発信することや巻き込むことは苦労というか、常に緊張しました(笑)



――今後の目標や実現したいことはありますか?

まずは目の前の仕事の精度をもっと上げ、数多くのご支援へ繋げていきたいです。

今はとにかく覚えることが多く、どうしても知識だけに頼った視野の狭いコンサルティングをしがちなので、もっと企業や求職に寄り添い、可能性の幅を広げていってあげるような営業をしていきたいです。

また、ゆくゆくはチームを運営する側になりたいです。

昔から、人を育てるのが好きなんです。

だからこそ、メンバーの個性を伸ばし、それぞれが違う方法で勝てるチーム、得意を伸ばせるチームを作りたいという野望があります。

そのために、今チャレンジできることをとにかく行い、人一倍吸収し、成長していきたいと思っています!

株式会社クイックでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング