Wantedlyは、240万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

資格Timesのページ
エンジニアチームが独自開発したライティング画面
▼メディア事業で課題を解決▼ 「資格」に関する様々な情報を届けるwebサイト「資格Times」を運営しています。ユーザーの資格に関する多様なニーズに答えられるように、正確でわかりやすい情報をたくさん掲載しています。「資格」の業界で最も信頼されるメディアとして情報を提供し続けることが資格Timesのミッションです。 ▼現役東大生の社長が資本金1500万円調達▼ 資格Timesの社長は現役東大生であり、その素質を認められ立ち上げ初期から資本金1500万円の調達に成功しました。潤沢な資金を事業に投下し続け、学生ベンチャーとしてはトップレベルの成長率を誇る会社として名乗りを上げました。 ▼優秀なチーム▼ 資格Timesには現役東大生を多く含む圧倒的に優秀な人材が集まっています。もちろん東京大学以外の他大生も複数所属しており、学歴などによる派閥なども一切ないため和気藹々とした環境が整っています。インターン生全員がその頭脳と集中力を生かしてメディアチームのディレクションなどに大きく貢献しています。 ▼様々な通信講座会社での掲載実績 フォーサイトやスタディング(旧通勤講座)、資格スクエアなどの大手の企業様に直撃インタビューを敢行し、HPにて資格Timesを取り上げていただいております。資格業界で現在注目を集めている学生ベンチャーです!

なぜやるのか

CEO近藤 / CTO矢野
事業計画を語る
▼▼資格Timesにかける想い▼▼ 近年ではAI(人工知能)技術の進歩により、今後数十年の間に現在の仕事の8割は失われるとも言われています。8割という数字の信憑性に賛否はあるものの、AIによって人の仕事が多く失われることは、紛れもない事実だと言えます。 各地で論じられているように、移りゆく時代において尚社会に必要とされ続ける仕事とは、人の創造性を生かした仕事です。 そしてその創造性とは、単なる「思い付き」とは全く質の異なるものであるはずです。価値ある創造性の根源とは、人が学びによって獲得する深い知識・知見であると、私は信じています。 情報網の目覚ましい発展により、私たちは場所・時間・年齢を問わず、学び続けられる環境を手にしました。 それにも関わらず、義務教育を超えて学びを続ける人間はむしろ減少しているように思います。 日本中の全ての方々に、資格の取得方法や難易度といった情報を正確にわかりやすく提供しつつ、その奥にある学びの楽しさ・尊さといった無形の価値を届けることが資格Timesの使命です。 ▼▼大学生でも挑戦ができる環境▼▼ 資格Timesでは大学生のインターン生にも様々なプロジェクトに積極的に挑戦できる環境を提供しています。 インターン生に大きく裁量権を与え、仕事への緊張感を保ちながら経営陣と一緒に事業に向き合うことが、インターン生にとっても我々経営陣にとっても唯一無二の経験・スキルになると信じています。 資格Timesではインターン生が平等に真剣に挑戦できる環境が整っています。 資格Timesでのインターンは自分がやりたいことや将来の進路を考える良い機会となります。

どうやっているのか

ミーティングの様子
会社のメンバー
▼平均年齢21歳 現役東大生の代表が設立した弊社は、学生インターンが中心となり、社員や幹部も20代や現役大学生が中心となっています。 メンバー同士世代が近いこともあり、ポジションや年齢に関係なく意見を交換し合えるフラットな職場となっています。 ▼学びを全力でサポート 資格Timesでは営業・開発・人事・マーケティングなど様々な部門でインターン生が中心となって活躍しているため、普通のインターンでは味わえない実践的な経験を積むことができます。 また、経営陣や事業部長との距離が近くいつでもビジネスについての考えを聞くことができます。 ▼最後までやりきる▼ 資格Timesでは、とにかく仕事を最後までやりきることを大切にしています。これまでも「やると決めたこと」を最後まで挑戦し続けることによって複数の事業を軌道に乗せてきました。挑戦し続けた結果として失敗した場合も、「それは成功の下積み期間だ」と捉えるポジティブな社風があります。