1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【Red Frascoってどんな会社?】「圧倒的な成長が、スピーディーに叶う」CMOとCTOが考えるRed Frascoの仕事で得られるもの

「テクノロジーの力で、不動産業界をもっとシンプル&スマートに」をコンセプトとする不動産テック企業・株式会社Red Frasco。2020年に創業したばかりの同社では、エンジニア・マーケターの新しいメンバーを募集しています。

そんな未来の仲間たちにぜひ知ってほしいことを、“なかの人たち”が語ります。

第二回目となる今回は、CMOの酒井洋輔さんとCTOの吉田拓真さんに、事業内容やRed Frascoで働くことで得られるものについて教えてもらいました。


■グロース支援とプロダクト開発で、一気通貫してクライアントの売上に寄与

――Red Frascoの事業について教えてください。

酒井:「不動産会社への集客代理、受託開発を通じたグロース支援」と「不動産テックのプロダクトの開発・販売」という2つの事業を展開しています。それぞれについて、私が集客・マーケティング、吉田がプロダクト開発の担当です。

左:酒井(CMO) 右:吉田(CTO)

――まず「不動産会社への集客代理、受託開発を通じたグロース支援」について、詳しく聞かせてもらえますか?

酒井:カスタマーからの反響(CV)を獲ることを目標に、総合的なグロース支援を行っています。その目標を達成するためのベストな手段は、クライアントやそのときの社会、業界の情勢などによってさまざまです。私たちは、そうした条件を考慮して“どんなやり方で結果を出すか”を決める上流の段階からクライアントと協働し、もちろん集客・サイト改善など実際に手を動かす下流の作業も担う。つまり、すべての工程に介在することになります。

吉田:“受託開発”というと、すでに決められた要件に従って作業する、敷かれたレールの上を走るイメージをもつ方が多いと思います。しかし、当社の受託開発は一般的なそれとは違い、どんなレールを敷くかをクライアントと一緒に考えるところから始まる。裁量が非常に大きいんです。

――やることの幅がかなり広いんですね。

酒井:そうですね。でも、決してそれをマイナスに捉えてはいなくて、むしろ理想的な形だと考えています。だって、クライアントから手段について具体的な要望があったとして、いくら報酬が発生したとしても、それが“やっても効果がないこと”なら、やる意味がないじゃないですか。

私たちは、成果を出すことにきちんとこだわりたい。だから、確実に効果を見込める方法を自分たちから提案していきたいんです。

――もう一方の「不動産テックのプロダクトの開発・販売」についても教えてください。

吉田:こちらの事業はまだ計画段階で、2021年中に着手予定です。そのため、お話できることは限られるのですが、概要としては、グロース支援で反響を獲得した後のフェーズ、“追客”をより効果的に行えるようにするようなプロダクトを開発する予定です。

まずはグロース支援事業で、クライアントが自社サイト・メディアから反響を十分に獲得できる状況にしたのちに、これから開発する予定のプロダクトで追客まで支援する形ですね。

これが実現すれば、クライアントの売上・利益の最大化に向けた一気通貫の事業を構築できると考えています。


■裁量が大きく、積める経験値やそのスピード感が桁違い

――酒井さんは、Red Frascoでの仕事のどんなところに魅力を感じていますか?

酒井:最大の魅力はやはり裁量の大きさでしょうか。現状では、年10億円規模の大きな予算をお預かりし、ひとりで計画・企画から設計、運用、フロント対応という一連の業務を推進しています。

この予算規模は、大手広告代理店なら5〜10名程度の細分化されたチームを組み、分業しながら回すのが一般的。しかし当社なら、そのすべての過程に自分が介在し、クライアントの事業成長を牽引できる……これは相当に貴重な経験です。

もちろんその分、大変でもありますが、“個”として積める経験値の大きさやそのスピード感は、ほかの企業に負けない魅力だと感じています。

――今後メンバーが増えても、現在のやり方は変わらないのでしょうか?

酒井:メンバーと同様に支援先クライアントも増やしていく方針なので、今後も基本的には“エージェント体制”のような形で、ひとりが1クライアントを担当する組織構成を考えています。もちろん、チームとしてサポートは行いますが、魅力だと考えている裁量の大きさやスピード感は、きちんと残していきたいですね。

――吉田さんはいかがですか?

吉田:私も酒井と同じく、裁量の大きさ、自由度の高さが魅力だと思っていますね。グロース支援のためには、サイトの構造、画面構成から採用する技術まで、多くのことをスピーディーに決めていかなければならないので、責任も重大ですが、同時にやりがいや面白さも感じます。

――それだけ多くのことを任されるのは、クライアントから大きな信頼を得ているからですよね。

吉田:そうですね。今担当しているクライアントからここまでの信頼を得られているのは、取引開始から間もないタイミングで、このスタイルで売上・利益につながる成果を出せたことが理由です。しっかりと成果を出すことで、今のスタイルを確立することができました。


■成果にこだわる。シンプルな思考がつくるRed Frascoの働きやすさ

――おふたりのお話を聞くと、Red Frascoで働く最大の魅力は“裁量の大きさ”といえそうですね。

吉田:大きな裁量を与えられた状態で仕事をすると、先ほど酒井が話したように、スピーディーに経験値を得られますし、幅広い視野も身につきますからね。スキルアップを目指す方にはとてもいい環境だと思いますよ。

酒井:私はスキルアップの肝って、実際に打席に立ってどれだけバットを振るかだと思っていて。自分の頭で考えて何度もトライアンドエラーを繰り返し、成果に結びつける……そういうサイクルを経験することが、最も成長に必要なことではないでしょうか。

――そのほかに魅力的な点はありますか?

吉田:個人に与えられる裁量が大きい分、求められるスキルも高いので、それに見合う報酬を用意しています。2020年に設立したばかりのスタートアップでありながら、給与水準は大手並みです。

酒井:スタートアップは外部から資金を集め、その資金を使いながら事業を形にしていくケースが多いと思いますが、 当社は創業1期目から利益をしっかり出しているので、十分な給与を支払えるんですよ。

――かなり早い段階から結果を出せているんですね。

吉田:当社が設立直後から利益を出せている背景には、事業展開への考え方があると思っています。

一般的なスタートアップは、「こんな世界をつくりたい」「こういう課題を解決したい」という目標をまず掲げて、そこから逆算して事業を育てていく。でも私たちは、私たちができることを積み上げた先、事業を着実に成立させていった先に“いい世界”があると考えています。

やりたいことや叶えたい夢はありますが、実際に今の自分たちにできることもリアルに見据えている。以前のインタビューで竹内も言っていたと思いますが、みんな現実的なタイプなので(笑)。



酒井:それから、企業カルチャーも魅力だと思っています。これは良し悪しではなくて、相性のお話だと思いますが。

とにかく“成果を求める”というシンプルな思考を全員が大事にしているので、上下関係を気にしてものが言えないとか、非合理的だと思うことを黙ってやらなければならないとか、そういうことは一切ありません。そんなスタイル、企業カルチャーをポジティブに捉えてくれる方なら、きっと楽しんで働けるはずですよ。


<プロフィール>

CMO 酒井 洋輔

大学卒業後、株式会社サイバード入社。占い・サーフィン波情報・釣り情報など月額課金モバイルコンテンツの企画職として集客・プロダクトマネジメント・アライアンスに従事。 2012年、株式会社リクルート(現株式会社リクルートホールディングス)に入社。リクルートグループ全体の新規事業開発部門Media Technology Lab(メディア・テクノロジー・ラボ)で事業開発を担当。ファッション誌やブランドの世界観でコラージュできる写真編集アプリ『cameranコラージュ』を立ち上げ、広告宣伝費なしで世界500万DL突破。 株式会社リクルート住まいカンパニーに移り、事業開発室で住宅領域の複数の新規事業立ち上げ・推進にGMとして携わる。引越し領域・SUUMO横断のプロデューサー兼任。 2020年、株式会社Red Frascoに取締役CMOとして参画。

CTO 吉田 拓真

高専専攻科卒業後、株式会社リクルートホールディングスに入社。入社直後からWebサイトに関わる開発のディレクション/開発インフラ整備/開発プロセスの最適化などを担当。スマートフォンサイトをはじめ様々なプロジェクトにて開発プロセス策定・チーム編成・開発ディレクションなどを担当し、会社の通期MVP獲得。Software Designへの記事寄稿なども行った。2019年12月より株式会社Red Frascoを創業、現在取締役兼エンジニアリングの責任者を担当。

株式会社RED FRASCOでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう