1
/
5

【新入社員】バングラディッシュ出身

アハメド ムスタヒド

東北大学大学院理学研究科(Graduate School of Science, Tohoku University)

バングラデシュ出身(Bangladesh)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q1: 入社の決め手になったポイントや出来事がありますか?

役員たちの技術に対する情熱と会社のビジネスビジョンに魅力があり、入社することを決めました。

Q2: 学生時代頑張っていたことは何ですか?

日本に来て日本語を初めて学びました。大学時代は日本語を勉強しながら自分の専門である、 物理の勉強に励みました。大学院生のとき、研究成果を出せるように努力しました。その結果、アメリカのテキサス大学で行う学会で自分の成果を発表することが出来ました。 勉強や研究以外にも、課外活動にも力を入れていました。東北大学にディベートサークルを立ち上げ、 毎週みんなで色々なテーマについて議論していました。

Q3: 学生時代やっておいてよかったことありますか?

プログラミングに興味があり、自分で勉強していましたが、学部のときACM ICPC国内コンテストにも参加すれば良かったという思いがあります。

Q4: 趣味を教えてください。

休みのとき、読書や料理をするのが好きです。哲学、人類学や経済学の本が好きです。好きな著者は Yuval Noah Harrari です。基本的に、バングラデシュやインド料理ですが、メキシコ料理もよく作ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q1: Are there any points or events that make you decide to join the company?

I was attracted by the enthusiasm of the executives for technology and the business vision of the company, so I decided to join the company.

Q2: What did you try your best when you were a student?

I learned Japanese for the first time when I came to Japan, but when I was an undergraduate student, I worked hard to study physics, my specialty, while studying Japanese. When I was a graduate student, I made effort to produce research results. As a result, I presented my results at a conference at the University of Texas in the United States. Aside from studying and researching, I was also very active in extracurricular activities. We set up a debate circle at Tohoku University, where we discussed various topics every week.

Q3: Is there anything you'd like to do when you were a student?

I was interested in programming and was studying for myself, but I think it would have been nice if I could have participated in the ACM ICPC domestic contest when I was an undergraduate.

Q4: What are your hobbies?

I like reading and cooking when I'm off. I like books on philosophy, anthropology and economics. My favorite author is Yuval Noah Harrari. Basically, Bangladeshi and Indian food, but I also often cook Mexican food.

株式会社HYPER CUBEでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう