1
/
5

【社員インタビュー】関わってくれている全ての人の成長が嬉しい。地域密着型の総合病院だからこそ味わえる「リハビリ」の楽しさについて。(埼玉医療生活協同組合羽生総合病院・副主任 吉原旦容)

こんにちは!
埼玉医療生活協同組合羽生総合病院の採用窓口です。

今回は当院のリハビリテーション室の理学療法士である吉原さんをお招きし、今のお仕事の魅力などについて迫ってみました。

是非とも最後までご一読くださいませ。

吉原 旦容 Katsumasa Yoshihara
埼玉医療生活協同組合羽生総合病院
役職:副主任
入社:16年目(専門学校卒)



――入職に至るまでのご経歴について教えてください。

もともと高校生のときから漠然と「人と関わる仕事」「人の役立つ仕事」で頑張っていきたいという想いがありました。

医療業界に関心があったわけではないんですが、高校生のときに実際に看護師の職業体験ができることになったので何となく参加してみたんです。でもいざ現場に入ってみると、結構な血を目の当たりしてしまってこれは自分には無理だなと。。

それで路頭に迷って学校の先生に進路相談をしたときに、「医者や看護師以外にも医療で人と関われる道があるよ」というところで理学療法士のことを初めて教えてもらったんです。人の役に立つ仕事…これだ!と直感で思いまして。

高卒で4年制の専門学校に入って理学療法士の資格の勉強をしました。出身は川越なので距離的には近くはなかったのですが、学校の先生のススメでリハビリテーション室のある羽生総合病院に入職を決めました。

――羽生総合病院に入職を決めた理由について。

私、子どもがすごい好きでして。小児をやっている総合病院で、「小児リハビリ」という分野で子どもの成長に明確に関われるという点が魅力的だったので入職を決めました。



――羽生総合病院の魅力やお仕事の魅力はどんなところでしょう?

総合病院ならではというか、色々な人と関われるところですかね。
うちの病院は小児から高齢の方まで受付しているので、幅広い年齢層の方の役に立っている実感を得られるんです。
自分が関わったことで相手の生活が大きく変わっていく。リハビリという患者さんの人生にとって大事なターニングポイントに自分が関われるというのはすごく喜ばしいことなんです。

――業界に進出してからのギャップはありましたか?

入職してからというよりは、専門学校に入ってからのギャップの方が強かったですね。
「患者さんが来てからマッサージすればいい」ぐらいの簡易的なものかと思っていたんですが、めちゃくちゃ知識を取り入れる必要もあって。年齢に合わせてリハビリのゴールを設定していかないといけないところや、症状に合わせた一人ひとりに対する対応の仕方など。「こんなに勉強しないといけないんだ…!」というところで躓いたことはありました。

一人ひとりに属人化して自分が関わらなければならないこと。患者さんの命を預かるお仕事なわけですから当然大きな責任も伴ってきますし、そこは高校時代には考えるにも至らなかったギャップでしたね。





――働いていて良かったことはありますか?

医療現場は、これを覚えたらおしまいではなく常に色々なことが更新されていきます。

常に勉強をして、常に新しい技術を身につけていかないといけないので、何年働いていても新しい刺激がどんどんもらえるんです。その点は自分にとっては楽しいポイントなので入職して良かったなと思います。

――入職してから身についた要素はありますか?

小児リハビリでお子さんを見させてもらうことが多いので、小児患者に対応するための知識は身につきました。もともと昔ながらに長く小児リハビリをやっていた病院ではないので、この病院にいたからこそ入職してからもかなり勉強はしました。



――働く人にとっての魅力を教えてください。

規模としてはそこそこ大きい病院にはなるのですが、職員同士も結構声をかけあっていて仲が良いんです。患者さんも羽生市周辺の地元の方が多いので、幅広い世代の方々に来ていただく地域密着型の病院として常に活気づいてはいますよね。

――リハビリテーション室で活躍している人の特徴はどんなところでしょう?

やる気があって、「患者さんのために頑張ろう!」と思える人が活躍している環境です。

大枠でリハビリと言ってもスポーツや病気の担当など、細かくジャンルがあるんですよ。総合的に様々なリハビリ分野に対して俯瞰して見れる状況ではあるので、いち早く自分の興味のある分野を見つけて従事できれば、目標を持ちながら楽しんでやれる環境なのではないかなとは思っています。



――今後の吉原さんご自身の目標について。

患者さんに頼りにされるのはもちろん、後輩にも頼りにされるような人材でありたいと考えています。

自分が今まで得てきた知識を周りの人にどんどんアウトプットしていって、働いているメンバー全員が患者さんファーストでやっていけるような環境になればいいなと思っています。

――最後に、求職者の方にメッセージを。

当院は総合病院で地域に根づいた病院でもあるので、アットホームな環境で幅広い人たちに囲まれながら成長したいと感じてもらえる方に来ていただけると嬉しいなと思っております。

もちろん人対人のお仕事なのでそれなりの責任は伴いますし一概に楽しいことばかりだけではありませんが、向上心を持って入職してもらえる方とは是非ご一緒したいと思っていますので、少しでも興味がある方は気軽に応募していただけると嬉しいです!

羽生総合病院では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング