1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社員第1号 広告代理店営業から転職し独自のマーケティングコンサルティング事業を確立するまで|社員インタビュー

こんにちは!株式会社AmaductioN広報・採用担当の佐々木です。
社員インタビューでは実際に働くメンバーに、「なぜAmaductioNで働くのか」「なにを実現できたか」などを聞いていきます。

今回は企画・マーケティングチームの利根川さんへインタビューをさせていただきました。

【プロフィール】
利根川 貴史 (とねがわ たかし) | プロデューサー / マーケティングプランナー
1991年6月4日生まれ。東京都出身。慶應義塾高校から慶應義塾大学法学部へ進学。大学時代は学生団体に所属し、300名の団員と共に年間動員1万人のイベントを主催。大学4年時に広告会社でフルタイム勤務のインターンとして働く。2014年に新卒で株式会社 読売広告社に入社。初任で関西営業局に配属され、大手デベロッパー等を担当。2016年11月より株式会社AmaductioNに入社。

── AmaductioNに入社したきっかけを教えてください。

代表の稲留とは学生時代から知り合いで、大学4年生のときにフルタイム勤務でインターンとして働いていたんですが、そのときの会社で直属の上司だったんです。就職活動が終わり広告業界への就職を予定していたので、修行のような気持ちで企画のつくり方や資料作成など様々なことを学ばせてもらっていました。そのときに「UNIDOL」(現在もAmaductioNが後援企業として関わっているイベントコンテンツ)の運営にインターン先の会社も後援企業として携わりはじめていて、僕も手伝っていました。

(インターン当時の写真、二人とも痩せています笑)

もともとコピーライターの谷山雅計さんの本を高校時代に読んで広告業界に興味を持ったということや、上記のインターン生時代に企画の仕事を手伝わせてもらった経験などもあり、新卒で入社した広告代理店でもクリエイティブ/プランナー志望だったんですが、約2ヵ月の研修期間後の配属発表では”関西営業局”でした。
2年程度しか勤務していませんが、営業職経験や当時の先輩方に教わったこと、新築分譲マンションの広告等を担当したことは、現在の仕事にもとても活きていると思います。

転職を考え始めたのは新卒3年目(2016年)の初夏頃でした。関西での生活も楽しかったですし、もうすこし待てば4年目のジョブローテーションがあったので、特に転職活動をしていたというわけではないんですが、ちょうどその年の2月に稲留が元いた会社からエンタメ事業部門を買い取り独立しAmaductioNを創業していて、声をかけてもらったんです。

(フジロックであらためてエンタメに関わりたいと思い、転職を決意)

最初はめちゃくちゃ悩みました。いつかは一緒にとは思ってたんですが、すぐ行こうとは考えなかったですね。不安ももちろんありましたし、当時いた会社でまだ学べることもたくさんあるだろうなと思ってましたし。でも結局は、より"何でもあり"な可能性がある方に天秤が傾いた感じですね。毎年フジロックに行ってるんですけど、ステージからステージに移動する森の中を歩きながらふと「もっとエンタメに関わりたいな」と思ったのが転職に傾いた瞬間でした。あとは乃木坂46の『きっかけ』という曲に「決心のきっかけは理屈ではなくて いつだってこの胸の衝動から始まる」っていう歌詞があるんですけど、その曲を聴きながら、この衝動を大切にしようと思って転職を決めましたね。『きっかけ』は超名曲なのでみなさんにぜひ聴いてほしいです(笑)


── 社員第1号として入社された利根川さんですが、当時のことを教えてください。

うーん、、あんまり思い出せないというか、思い出したくなくて記憶から消しているというか・・・。というのも、最初の1〜2年くらいはダメダメでしたね。少人数ベンチャーでは、色々と自分で考えて周りを巻き込みながら物事を推し進めないといけないと思うんですが、サラリーマンとは全然ちがう働き方のように感じられて、当然誰も教えてくれないし、戸惑いが大きかったです。

でもあるとき、いよいよ誰にも頼れないぞというタイミングがあって、表現が難しいんですけど”なりふり構わないスイッチ”みたいなのが入ったことがあるんですよね。結果的にはなんとか着地もできて「なんだ自分も意外とできるじゃん」とか思って。「覚悟とは暗闇の荒野に進むべき道を切り開く事」だと気付いたんですね。

それ以降は、逆に少人数ベンチャーだからこそ何だってできるんだと、チャンスしかないんだと、ポジティブに考えるようになりました。

(変わりはじめた2018年秋、酉の市での一コマ)


── 現在のお仕事について教えてください。

プランナー志望だったという話もしたと思うんですが、そういった仕事ができていると思います。家電メーカーの案件では、「SNSドラマ」の企画からネーミング、クリエイティブ、キャスティング、そして営業としての向き合いまで幅広くやらせてもらったりと、やってみたいことにチャレンジできる環境と、実現させるために巻き込むことができる社外コミュニティがAmaductioNにはあると感じています。

AmaductioNの事業では「コンテンツ×コミュニティ」がコアバリューとなるのですが、この社外コミュニティこそ、大手企業にない機動力ベンチャーらしからぬ実現力を両立できるポイントだと思います。

また、この家電メーカークライアントの例でいうと、もともと当社が後援企業として携わる「UNIDOL」に協賛いただいていたのですが、そこから派生してコミュニケーション・プランニングの仕事も任せてもらえるようになりました。そのようなチャンスをいただけたきっかけも、AmaductioN独自の「エンタメコンテンツ×若年層コミュニティ」にあり、トレンド目線やコンテンツファン目線を持ってミドルファネル攻略を提案できる点もアマダクション独自の武器となります。

また単なる広告代理業ではなく事業視点を持っている点も、AmaductioNで働くおもしろさだと思います。前職時代はいわゆる「代理業」「クライアントワーク」に対し、どうしても"自分のものではない"歯痒さを感じることもありました。多事業展開する事業会社としての視点を持ってマーケティングコンサルティングに関わることで、クライアントの成功はもちろん、エンタメ業界への貢献・自社事業への還元という広い視野を持って取り組むことができます。


── 最後に一言お願いします。

AmaductioNで働く魅力は、独自の強みを活かしながら事業にチャレンジしやすいこと、実現のために巻き込むことができるコミュニティがあることだと思います。

自分次第で色んなことに挑戦できる環境だと思いますので、ぜひ「こういうことがしたい!」という強い想いをぶつけていただける方と一緒に働きたいです!

株式会社AmaductioNでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう