1
/
5

LULLメンバーおすすめの書籍8選

どうも、LULL広報部の見澤です!

梅雨も明け、いよいよ夏本番。夏といえば海やBBQや花火が浮かびますが、あえてここはやっぱり夏休みの宿題でしょう。
筆者は専ら夏休みの宿題を8月31日の夜から本気出していたわけですが、最も苦労したのが「読書感想文」。数枚の原稿用紙に本の感想を書かなくてはいけないので、限られた夜の時間に終わらせることは不可能ですし、第三者のコピペなんてしてもすぐバレます(笑)

本は習慣的に読むもの!ということで、今回はLULLメンバーにおすすめの一冊を聞いてまとめさせていただきました!8選に絞りましたのでこの中から一冊でもみなさんの参考になれば嬉しいです!

人事部 宗村ラーメンを気持ちよく食べていたらトップセールスになれた

【ちょこっとレビュー】
永続的にものを売ることができる人は、自分のファンをつくれる人。
すなわち「応援される人」である。
この本は、プルデンシャル生命保険でトップ営業マン、トップマネジャーとして結果を出し、現在は外部向けに個人・法人問わず研修やセミナーを行なっている方の著書です。
現在も優秀な営業マンを指導し続ける "営業のプロ" が、実際にあったエピソードを交えながら「自分のファン」をつくり、売れ続ける方法を紹介してくれていて、そのノウハウが詰め込まれている本です!
きっと仕事も捗りますが、これを読めばモテモテになれるはず、、、!!

プロダクション事業部 植松|死ぬ瞬間の5つの後悔

【ちょこっとレビュー】
オーストラリア出身の著者ブロニーが、数々の患者を看取る仕事の中で患者たちから聞き、学び、悟り、共感した「5つの後悔」が「死」という悲しくも美しい瞬間と共に綴られている一冊。
「死」を前にした患者が口にする本当の後悔とは?後悔のない人生を送るには?
患者が天国へと旅立つ度に、あなたにとっての「大切な人」が思い浮かぶ、涙なしでは読めない素敵な作品です。

人事部 梅本必ず食える1%の人になる方法

【ちょこっとレビュー】
この本は多くの著名者が成功の法則を発信してる中でも特に腑に落ちた方法が書かれていました。
多様性が求められている現代で、一つの事を突き詰める事はリスクが高く、二つ三つと軸を持ち、その三つを掛け合わせることによって、上位1%の市場価値の高い人になれるよと書かれている本です。
じゃあどうすれば?というところまで詳しく書かれています!

営業部 入江|カギのないトビラ:あなたのままで幸せになる12の物語

【ちょこっとレビュー】
私がこの本と出会ったのはちょうど転職前でした。
転職時って自己分析しますよね?そんな時に直感で選んだのがこの本でした!
自分自身に問いかけてくる質問に答えていくのがこの本の大きな特徴。
例えば『好きを知る質問』というページでは自分の『好き』について30問ほど回答を書き込みます。
最終的に自分の「好き」の共通点が浮き出てきて、「これに毎日囲まれてたら幸せだな」「好きがなるべく入ってる仕事しよう」という意思決定の後押しにもなり、自身の選択に勇気をもてるようになりました!挿絵がかわいいのもポイントですが、自分の取り扱い説明書になるくらいの濃い質問を投げかけてくれる何度見返しても楽しい素敵な本です!

人事部 小林|『なぜ僕らは働くのか:君が幸せになるために考えてほしい大切なこと

【ちょこっとレビュー】
将来への漠然とした不安を胸に抱えた男子中学生がこの物語の主人公。
はっきりとした将来の夢がなく自分に自信をもてずにいる少年に、仕事とは何なのか・働くとはなんのかなど、仕事に対しての向き合い方を教えてくれる本です!
中学生から大人までが対象で、分かりやすくかつ仕事へのモチベーションを高めてくれます。
人事として改めて勉強になった本です!

人事部 矢野|知識ゼロでも今すぐ使える!行動経済学見るだけノート

【ちょこっとレビュー】
この本は接客業時代にすごく役になった本です!
行動経済学とは「人がどのような心理状態の際にどんな行動を取るのか」という学問で、コミュニケーション力や提案力などの武器になります。
この本はシリーズ化もされていて全て分かりやすく読みやすいです!
本を読むことがとても苦手な方でもぜひお手にとって読んでいただきたいです!

営業部 塩野伝え方が9割

【ちょこっとレビュー】
「なかなかYESが貰えない。それ伝え方が間違っているかもしれません。」
これは私が社会人になる前に一番最初に読んだビジネス本です!
営業の仕事に活かせないかな〜と思い興味をもったのですが、ビジネスという枠を超えて色々な場面で使えることがたくさん書いてあります!

例えば、納期が過ぎてしまいそうな仕事があった時アナタはどうしますか?
「納期に間に合いそうにないので、延長してください。」
「クオリティを上げたいのでもうちょっと粘ることできませんか?」
どちらがYESを取れそうだと思いますか?

筆者 広報部 見澤|『夢を叶えるゾウ

【ちょこっとレビュー】
こちらはあまりにも有名過ぎて「あ~それか!」と思う方も多いかもしれません。
逆にまだ読んでいない方は羨ましいです!初めてこの本を読むチャンスがまだあるのですから!
それくらい素晴らしい一冊なのがこの本。
自己啓発本の殿堂というか、結局この本に帰ってきてしまうんですよね。
何度も読みたくなるこの作品、ぜひ読んでみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか?世の中って本当に素晴らしい本に溢れていますよね!
この記事をきっかけにもっと色々な本を知りたい!読みたい!と思いました。
今年の夏は積読しなくて済みそうです(笑)

株式会社LULLでは一緒に働く仲間を募集しています
31 いいね!
31 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう