1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

MS、Wantedly稼働します!

はじめまして、MS-Japan人事の塚田です。

MSらしさをもっとダイレクトに伝えたい! という事で、始めてみましたWantedly。

私たちがWantedlyを通じて何を伝えたいか。もちろん弊社の将来ビジョンを皆さんにお伝えするのを大前提に、まずは思われがちなお堅いイメージを払拭しよう。そんな思いでこの初めての記事を書いております。正直探り探りです。

さて。皆さん、弊社の企業説明や募集ページはもうご覧いただきましたか?

弊社サービスを説明するとなるとどうしても並ぶのは「管理部門・士業特化」「経営層とのやりとり」「ビジョンの実現」「課題解決」という一見 堅そう・地味そう と言われちゃうワードばかり。

確かに相対する人は会社の経営を担う方々で、聞いてくる情報は経営絡みで複雑だったりしますし、企業の成長や求職者の人生に大きく影響し得るビジネスとやっているので責任も大きいので、そう思われてしまうことは多いです。

となると社員はお堅い人が多いんでしょ?

思いますよねぇ。でもそんな事ないんです!変化や挑戦を前向きに捉える社風の中、明るく元気な社員が 「自分だからこそできる提案は何か」を真剣に考え、上下関係や部署の違い関係なく闊達に意見交換しています。(どんな社員がいるのかは、これから挙げるストーリー等で少しずつお伝えしていきますね!)

特化領域的にあんまり変化がない分野で、ちょっと地味じゃない?

これめちゃめちゃ言われます。が、そんな事ないんです!経営基盤を支える人たちだからこそ、その人たちの活躍するタイミングって実は企業が何か仕掛ける成長期や転換期、もしくは危機を乗り越えるべく迎えた挑戦期なんです。そのタイミングで、しかも中枢となるハイクラスな方々のご紹介をしている私たちが経営者から伺う話は、むしろ変化に富んだターニングポイントでのビジョンや課題なんです。

加えて最近では、長年人材紹介事業で培ったネットワークを活かし、新たにプラットフォーム事業で企業経営にイノベーションを起こしていこうとしているMS-Japan。

…なんだかワクワクしませんか?MSのこれからを想像して少しでもワクワクしてくれた方は、ぜひ今後も弊社にご注目ください!

株式会社MS-Japanでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう